« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

トリノ五輪閉幕

 長かったような短かったようなオリンピックが存在感の薄いまま閉幕した。荒川選手の金メダルは本当に見事だったけれど、全体的に国としてみると日本は惨敗だった。
 まずは世界の大舞台に慣れていないというのが印象。それぞれワールドカップや世界選手権で勝ってきた人ばかりなはずなのにオリンピックでだめだったのは、注目されることに慣れていないことが大きい。国民やメディアからのプレッシャーに慣れてない。そりゃそうだ。今回の大会ではじめて知る人はおろか、種目自体も初耳のものも多い。にわか応援団にびっくりしたことだろう。

 今回の結果をふまえ、人員と資金を削減するなんて話も出ている。それは逆だ。
 国体の応援に行ったとき夕食で大手スキーメーカーの隣の席になった。大声で話すのが聞こえてきたところによると、とにかく選手育成のための資金を調達するのが大変という内容だった。やりたいことをするには本当はどれだけ必要か、でも現状はどれだけ厳しく貧しくスポンサーの認識度が低いか。
 冬のスポーツはお金がかかる。道具代にメンテナンス費、コーチ代、場所も特殊だから交通費や遠征費はべらぼうにかかる。万年雪を頂き各町にスケートリンクがあるヨーロッパの国々とは違うのだ。そして怪我も多い。小さい頃から育成するとなるとどれだけ金銭的身体的負担があるかわからない。もの好きか金持ちかの世界となると、身近に感じられない、したがって注目度も低い。まずはプレイする人が増えなければならない。人が増えれば注目度も上がり、資金も投入される。今回のオリンピックで、特にフィギュアとカーリングは、子どもとその親にも夢と希望を与えてくれたと思う。底辺が広がりそうな期待が持てる。これは大きな収穫だ。他にも世代交代が必要な種目がたくさんあった。若者よ頑張ってくれ!

 というわけで、ちょっと熱くなっちゃったけれど、選手のみなさん、結果はどうあれ、どれもこれも素晴らしかった。感動をありがとう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

山梨県人への道

 某テレビ局の方から取材の依頼があり、お会いしてきた。山梨に住んで絵を描いている私の活動に興味を持たれたとのこと。以前よりスケッチ日和も見てくださっているそう。
 さすがプロの聞き上手、調子に乗って5時間もぶっ通しでぺらっぺら喋ってしまった。自分自身についてあんなに質問されたり掘り下げて考えたことなど今までなかったかも。総棚卸をし、そこで気づいたのは「今のままではイカン」ということ。

 今にいたる経緯はそれなりの紆余曲折があったので、いくらでも語れるのだけど、じゃあ今、何を考えていて、これからどうしたいのか、と聞かれるとウグッと言葉に詰まる。流れに身をまかせて土地を転々とし、その場その場でできることを楽しんでいるというのが現状で、そこには積極性というものがあまりない。比べてしまうと、岩手のときはまだあった。進んで知ろう、なじもう、仲間に入れて欲しい、と思ってた。
 けれども、山梨は東京に近すぎて楽しようと思えばそっちに逃げられてしまう。でもそれじゃあだめだ。住む土地を愛し、もっとここでの楽しみを見出さなくては。じゃなきゃもったいない。去年アルバイトを始めて友達もいっぱいできた。今年は山梨スケッチ会をたくさん企画して、山梨の良さを住人の立場から発信したいと思う。

 話を聞いてくださった方から「山梨100keiもこれから折り返しですものね」と言われ、そうか、ここからだなと気づかされた。今までの観光客目線のスケッチから、これからは少しずつもっと踏み込んだ山梨を描いていきたいと思う。

 そして肝心の出演の話は、もっと山梨で根を張って活動を広げてからまた改めて、ということでお互い納得したのだった。なんとも貴重な機会をいただけて、Kさんには心から感謝!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

荒川静香選手☆ありがとう!

 いや~~~、涙が止まりませんね。
眠気もふっとぶ完璧な演技。ほんとうに素晴らしかった。
あのプレッシャー、観衆の目、異国での緊張感、考えるだけでも身がすくんでしまいそうなのに、ほんとにほんとうに素晴らしい!全員すごい!村主選手もステキだったぁぁぁ。もっと点数くれてもいいのでは・・う~ん。ミキティも果敢でした。目の前で先輩方の快挙を見届けて、きっと次の時代にでっかいことをやってくれるはず。

 アメリカ、ロシアの国旗にはさまれて日本の国旗が頂点に上がったとき、震えたね~。気持ちだけ一緒に表彰台に立ってみたのだけど、ここから始まるひっぱりダコの生活を想像するとワクワクしてくるっ。まず成田でフィーバーでしょ。国民栄誉賞とか内閣総理大臣賞?とかもらっちゃって、雑誌やテレビ、ああ、きっとCMのオファーもすごい。いいな~

 何か勇気のような、大きな力をもらいました。ありがとう!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月23日 (木)

スウェーデンスケッチツアー

 スウェーデンスケッチツアーのお知らせをスケッチ日和にて宣伝しています。また、フィンツアーのサイトでも公募がはじまりました
  2年前に参加したフィンツアーさんの北欧ツアーがすごくすごく良くて、いつか海外スケッチツアーを企画するときには北欧にしよう、と心に決めていました。

 そのときの添乗員さんと話を詰めて詰めて、ようやく『これならもう自信を持ってオススメできまっせ!』というものを作ることができました。旅行中はほとんどフリーですが、夜には絵を見せ合い情報交換する時間を作ったり、それぞれがテーマを持って楽しめるようお手伝いをしたいと思っています。旅でのスケッチ、海外でのスケッチがはじめての方も安心してご参加下さい。めくるめく旅スケッチの世界へいざ!

 定員まであと8名。興味を持ってくださった方はぜひお早めにご連絡下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

群馬国体へ

 行ってきました、第61回冬季国体in尾瀬岩鞍。

 何とか予選を通過し、山梨県代表で出場した夫の応援に。去年守りに入って後悔したらしく、今回は「突っ込む!」と豪語して出かけていった。のですが、勢いあまって・・・途中棄権。怪我はありません。応援メッセージを送ってくれた方々、ありがとうございました。詳細はこちら・・・

 それにしても、大きな舞台でいつもの力を出すということは本当に難しい。普段以上の出来を望むなどもってのほか。トリノオリンピックに出ているような一流の選手ですら「4年に1度」や「日の丸」を前に、いつも100%確実に出来ることだって出来なくなってしまうのだから。

 私も相当なアガリ症で、学生時代は大会でまともに滑れたことが一度もなかった。必要以上に緊張するのは、自分に実力以上の期待をするからだと思う。まずは場数を踏んで、いろいろなパターン(環境・条件)で自分の力を把握し、その範囲でベストを尽くそうと思えば、それならできるはず。その範囲なら自分を信じることができる。社会人になって、そのことに気づいてから緊張はしなくなって、本番でもやりたいことができるようになった。やりたいことがちゃんとできると嬉しい、そして楽しい。結果もそれなりについてくる。
 でも、私の場合、緊張をしないで済むようになった代わりに、自分に期待するとかプレッシャーを与えるなど向上心につながるものが少なくなり、辛く苦しい思いをすることから逃げるようになった。そして、逃げずに向上し続けている人を見て、それができない自分が情けなくなって闘争心が消滅してしまった。そうしてレース止めた。
 だから、全然レベルが違うけれど、トリノのインタビューでも「楽しかったから良かった、満足」という答えはあまり好きじゃない。悔しがってほしい、挑戦し続けてほしい、たとえメダルをとっても満足しないでほしい、と思ってしまうんだな、勝手ながら。

 それにしても、国体に出ている人たちの目は本当にギラギラ輝いて、まぶしかったな~。ちょっぴり羨ましく、キュンと胸が痛んだのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

カードをつくる、つくらない

 クレジットカードを1枚作ることにした。
日ごろほとんどカードは使わない。1枚だけあるカードは主に海外旅行用。だけど、10年ぶりにクレジットカードを作ることにした。その名も「JALカードsuica」。とにかく移動が多くて、山梨-東京間は特急回数券を利用しているのだけれど、それも3往復でなくなってしまうので、下手すると毎週買っている。
 黙ってJRにお金を落とすのが悔しくなり、調べたところ、suica機能のついたクレジットカードで切符の購入やsuicaのチャージなどをすればポイント積算されるとのこと。さらにJALカードとのドッキングでマイルもうまく利用できるらしい(斜め読みのためあやふや)。

 それと、いつも迷いつつ入会しないでいるのがルミネカードと西武のクラブオンカード。西武は池袋教室の時さんざんイルムスで買い物をしたので、貯めてたらもうずいぶんなことになっていたと思う。でもいまさらもう悔しい・・・

 カードといえば、描いた絵は必ずカードにしている。スキャンしてプリントして、絵が小さくなって出てくる瞬間がたまらなく好き!原画より洗練されて見えるのよね。

スケッチ日和Gallery

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

音楽・スポーツ・グルメ3本立て!

 週末は友達が泊まりで遊びに来てくれました。

 金曜夜はスターバックスでのバレンタインライブへ。キュートな女性二人組チャイルドフッドによる愛をテーマにした歌の数々、配られるコーヒーやデザートと共に心地よい歌声を堪能しました。

 土曜はスキー。ベストシーズンだけあって、ゲレンデは見たことないくらいの混みよう。10時到着というのが甘かった。あまりの行列のすごさに午後からにしようと決め、レストハウスでおしゃべりとランチ、私はスケッチ。午後も人は減らず、暴走派の私は滑りをあきらめ、頂上展望台でスケッチ。持って行った紙の小ささが悔やまれるくらいの絶景。夕方、10本は滑ったと喜ぶ友人と合流し、お互い満足の一日でした。

 日曜はいちご狩り。こちらはいちごが棚になっていて(腰くらいの高さと目の高さの二段)、楽な姿勢でいちご狩りを楽しめるようになっています。ということは、描くのも楽。お店では見たことのないようなでっかいいちごや小さくて青々と若いいちご、可憐な花もたくさん咲いてて、しかもハウスの中はぽっかぽかで全身の筋肉もゆるゆる。快適スケッチで、一日中描いていたかった。といっても閉園間際だったので1時間で断念。ご主人と奥様にもとてもとてもよくしていただきました。絵にも興味津々のご様子で、描いているときも描き終わってからも穴があくほどじっくり見てくださいました。こういう反応はすごく嬉しい。もちろんまたスケッチさせていただく約束をしてきました!

 というわけで、山梨フルーツスケッチ第二弾を近日中に執り行います。ご希望の方はご連絡下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ト・リ・ノ!!!

 いよいよはじまりました、トリノオリンピック!
日本にとっては夏五輪ほど盛り上がりはないものの、さすがに最近はテレビでもトリノ情報目白押し。私個人の最注目はアルペンスキー!永沢まことさんの本の中で私が元スキー選手と紹介されているため教室でもよく聞かれますが(回転と書いてあるので空中でくるくる回る想像をされる方が多いです)、やっていたのはこのアルペンスキーです。今回出場の佐々木明選手なんかヨーロッパではとても有名で大人気なんですよ~。先日のワールドカップでも堂々2位でしたし。注目、期待してください!25日です。
 あと特に注目してるのは、モーグル里谷多英選手、上村愛子選手、ジャンプの岡部信孝選手、フィギュアの荒川静香選手、スピードスケート岡崎朋美選手。4年に1度というプレッシャーは想像するだけで押しつぶされそうになるけれど、そんなことは気にせず、持っている力を思い切り発揮してもらいたいです

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年2月 9日 (木)

歌舞伎に行ったよ!

 ここ数年、年に1度母と歌舞伎に行ってます。といっても、そう熱心なフアンでもありません。演目もほとんど知らず、行ってからパンフレットを見てあらすじを確認。ことばもわかりません、たま~に単語が聞き取れる程度。でもなんだか楽しいのです。音楽を聴く感覚かな。あとは、企画展人物スケッチブックに毎月応募して下さっている内山さんの作品のおかげで、聞き覚えのある演目や役名などがたくさんあり、「これのことだったのか~」と発見するのも喜びです。

 今日私にとって、一番輝いていたのは中村吉右衛門さん。TVの鬼平犯科帳で長谷川平蔵を演じる吉右衛門さんがとても好きなので、本物を見られて感激!難解な歌舞伎の口上もコミカルに抑揚をつけたり、お芝居も体いっぱいで、わからないものもわかる気がしてくる。寝てた人たち(含む私)も急に覚醒していました。

 そういえば、草思社の村上さんが以前「よく吉右衛門に似てるって言われるんですよ、フフ」とおっしゃってましたっけ。キュートな笑顔が確かに鬼平~!

スケッチ日和Gallery

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

雪が降った

 日本中大変な騒ぎになっている今冬の積雪ですが、甲府盆地にもようやく雪が降りました。やっぱり私は雪が好き。昨夜は10時にバイトを終え、駐車場で雪にうまっている車を見て喜び、ゆっくり走らせる車にむかってくる雪たちを頼もしく思いました。 060207_082225_M

今朝は早起きして昇仙峡に雪見に行きました。あまり通る車もなく、途中危うい場面もありましたが、それどころじゃない雪景色!水墨画だ~!060207_084426_M 

帰り道は気温上昇による濃霧にドキドキでしたが、さあっと晴れたときに見えた甲府盆地もパチリ。
モノクロの世界に心も静まります。

 街中の雪は明け方の雨ですでにシャーベット状。描くなら降った次の日の午前中、というのは鉄則。ですが、今日は雑用にてスケッチは断念・・・。けがれのない白銀の世界を描くには、日ごろからスタンバイしてなくちゃですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

いちご狩り予約

 週末、友達が遊びにくるのでいろいろプランを立てていて、「いちご狩り」を思いつきました。山梨県内を道を走っているとよく“狩り”モノ看板は見かけますが、いちごは割と年中あるだけに、いつが旬なのかわからず、未体験のままでいました。

 インターネットで検索しているうちに、とても熱心にいちごを栽培されている農家を見つけました。いちご狩りもできるとのことで、申し込むことに。申込書の下にメッセージ欄があったので「スケッチしてもいいですか」と書いてみたところ、「イチゴの実もイチゴの花も描いて下さい。絵を描かれる場所や椅子も準備しておきます」という内容のとても丁寧なお返事をいただきました。なんて親切な方!!今から楽しみです。描くのも食べるのも。  

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年2月 3日 (金)

映画監督渡辺喜子さんにお会いした

 渡辺喜子さんは映画『貝殻』の監督をなさった方。劇中に使うスケッチ作品を探してスケッチ日和にいらっしゃり・・・というつながりで知り合いになり(実際映画の中でフィギュアドローイングコーナーの石束佳奈子さんの作品が使われました)、はじめてじっくりお話することができました。ほぼ初対面なのに、会った瞬間から3時間ノンストップでしゃべりっぱなし。まずはお互いのここまでのこと、今のこと、これからのこと。順不同で。話したいことも聞きたいことも後から後からあふれてくる。なんなんだろう、この異様な興奮状態は。同じ48年生まれということもあるのかな。

 聞くと、渡辺さんは女優も脚本もおやりになる。それに美大卒だ。「表現したい!」ということを常にいろいろなかたちで追求し、実行する。そして人もそれについていく。なんだかわかる気がしました。ちゃんと話を聞いてくれて、自分の意見もしっかり言う。媚びたり安易に同意することがなくて、正直で、思いやりがあって、話してて安心する。

 そんな渡辺さんが表現したいものとは、人によっては些細に見えるような、けれどもリアルなふとした瞬間のこと、自分だけしか感じてないかもと思うようなことに共感してもらえたり、演技や映画を見て「よーし!」と思ってもらえたら最高だって。・・・いうことだと思う。私の説明じゃ伝わりきらないわ!!

 これからも渡辺さんの活躍を追って、ここでも紹介していきます。次は、団塊の世代と呼ばれる方々のリアルな真情を描いた映画をつくりたいそうです。戦後の日本を必死で立て直してここまで築き上げた世代の方々が一線から身を引くとき、いったいどんな複雑な心境がそこにはあるんだろう、その後も趣味や旅行で満足できるのかな・・・と、団塊ジュニアである私たちも親と想うとひとごとではないのです。その世代の方々からたくさんお話を伺いたいそうなので、ご協力いただける方はぜひぜひ岡部までご連絡下さい。

スケッチ日和Gallery

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »