« 荒川静香選手☆ありがとう! | トップページ | トリノ五輪閉幕 »

2006年2月25日 (土)

山梨県人への道

 某テレビ局の方から取材の依頼があり、お会いしてきた。山梨に住んで絵を描いている私の活動に興味を持たれたとのこと。以前よりスケッチ日和も見てくださっているそう。
 さすがプロの聞き上手、調子に乗って5時間もぶっ通しでぺらっぺら喋ってしまった。自分自身についてあんなに質問されたり掘り下げて考えたことなど今までなかったかも。総棚卸をし、そこで気づいたのは「今のままではイカン」ということ。

 今にいたる経緯はそれなりの紆余曲折があったので、いくらでも語れるのだけど、じゃあ今、何を考えていて、これからどうしたいのか、と聞かれるとウグッと言葉に詰まる。流れに身をまかせて土地を転々とし、その場その場でできることを楽しんでいるというのが現状で、そこには積極性というものがあまりない。比べてしまうと、岩手のときはまだあった。進んで知ろう、なじもう、仲間に入れて欲しい、と思ってた。
 けれども、山梨は東京に近すぎて楽しようと思えばそっちに逃げられてしまう。でもそれじゃあだめだ。住む土地を愛し、もっとここでの楽しみを見出さなくては。じゃなきゃもったいない。去年アルバイトを始めて友達もいっぱいできた。今年は山梨スケッチ会をたくさん企画して、山梨の良さを住人の立場から発信したいと思う。

 話を聞いてくださった方から「山梨100keiもこれから折り返しですものね」と言われ、そうか、ここからだなと気づかされた。今までの観光客目線のスケッチから、これからは少しずつもっと踏み込んだ山梨を描いていきたいと思う。

 そして肝心の出演の話は、もっと山梨で根を張って活動を広げてからまた改めて、ということでお互い納得したのだった。なんとも貴重な機会をいただけて、Kさんには心から感謝!

|

« 荒川静香選手☆ありがとう! | トップページ | トリノ五輪閉幕 »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

コメント

インタビューは自分という物を探り直すいい機会だったと思います。岩手の熱い情熱を山梨でも咲かせてください。

投稿: hideki | 2006年2月25日 (土) 18時06分

そっか、そういう取材だったんだね☆
自分の気持ちとかやってる事の棚卸し作業って、大切だよね。見落としてた事とか、埋没しちゃってた事とか、あらためて気づけたりさー

人との出会いって本当に大切だねー最近痛感。これからもますますのご活躍を!

投稿: waca | 2006年2月25日 (土) 22時46分

to.hidekiさん
 ほんとそうでした。
今年はパッション全開でいきます!
hidekiさんもぜひ描きにいらしてください。

to.wacaさん
 見落としてたこと、埋没しちゃってたこと、ほんといっぱい発見させられました。私が支離滅裂に乱れ話していることを、「それはこうこうこういうことですね」とひとつひとつまとめてくれて、「そう!もうそのとおり!」とか「なるほど、そういうことだったのね!」ばっかり言ってた気がする・・・情けなや。ほんとうに感謝。
そういえば、今までもwacaちゃんの質問上手に気づかされたこともいっぱいあったな。ほんと皆さんに支えられて生きてます。
 

投稿: keiko | 2006年2月26日 (日) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/8822552

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県人への道:

« 荒川静香選手☆ありがとう! | トップページ | トリノ五輪閉幕 »