« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

かもめ続報とバナナ

 「かもめ食堂」原作を読みました。群ようこさんが映画のために書き下ろしたもので、劇中ではあまり触れられなかった、3人の日本での生活や葛藤、フィンランド行きの経緯などがさらさらと書かれてて面白い。あんな風に「えいっ」って行っちゃえばなんとかなるかも、って思った部分は戒められつつ、でも思いは通ずるのね~と夢も見せてくれる。そしてラストシーンは本と映画で微妙に描写が違うけど、どちらもすごく好きな終わり方。映画ってもうすぐエンドロール出てくるのかなと思ったときに『もっと観たいよー!』というのと『クドイな~』というのがあるけど、これはちょうどよくスコンと終わる。いや~よかった。映画っていいですね。

Fuji5  さて、今日からゴールデンウィーク!周囲に聞くと、7日まで9連休の人と、月・火は出勤という人と半々。私はコーヒー屋さんのアルバイトがぎっちり。祝日(すごく混む)に入るなんて久しぶりなので、浮ついてドジらぬよう、心を落ち着けて冷静に励みます。先週新登場したバナナシリーズ美味しいの☆
天気がいいとお店から富士山も見えます。幸せです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

かもめ食堂と八ヶ岳桜ナイト

 八ヶ岳スケッチツアーの発表/講評会in渋谷 に行ってきました。

 ツアーから10日しか経っていないので皆さん仕上げるのに四苦八苦されたご様子。記憶が生々しいだけに質問も活発。褒めたり励ましたりするだけでなく鋭い指摘やアイデアもたくさん。何を描いてもアップになってしまう、という人には無理に紙の中に収めようとせず紙を継ぎ足してのびのび描いて欲しいという声があちこちからかかったり、雑になってしまったから自分では気に入らないという絵をおまけで出してみたらそのふっきれた感じが大好評だったり。他の人の絵をみて自分の絵を改めて見るとまた発見も。私の絵はちょっとマジメ過ぎたかな~とか。新色や新配合情報もget!とにかく楽しかったです。普段あまりお会いできない麻衣子さんクラスのみなさんともたくさん知り合えていいことずくめでした。みなさんの作品は近日中にHPへ掲載します!

060426_121137_m  発表/講評会の前に、かねてから観たいと思ってた映画に麻衣子さんを誘って行ってきました。フィンランドが舞台の「かもめ食堂」、主演は小林聡美さん、お仲間で片桐はいりさん、もたいまさこさんと超個性派ぞろい。女優さんたちの魅力が存分に生かされてて笑いも絶えないし、スクリーンにイカした北欧雑貨が出てくるたびに麻衣子さんとチラリ目配せをしながら興奮状態。清涼感漂う景色やどこか懐かしいような音楽、じわりと心に沁みてきます。“自分が今やるべきことをまじめにやっていれば、それでヨシ!”という根底に流れるメッセージ(あくまで私の解釈)に勇気をもらました。北欧で感じた言いようもなく惹かれる何か、日本人である自分と共通点、まだ謎だけれど少しヒントをもらった気がします。パンフレットもこれまたタマラン可愛さ!!原作は群ようこさん。脚本・監督は萩上直子さん、同年代の女性(やるな~)。オススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月24日 (月)

スウェーデンツアーまであと1ヶ月

 ギャラリーが決まってから、もう昼も夜もなく妄想の日々。雑誌を見てても、写真の中の絵がどういう風に飾られてるか、額は何製なのか気になるし、お店のディスプレイを見ては何か盗める技はないかと目を皿にしてしまう。ああ楽しい・・・

 テーマは旅、できれば北欧、可能ならスウェーデンまで絞っていきたい。スウェーデンスケッチツアーも1ヵ月後にせまり、待ちに待った催行決定が出ました!!2年前に参加したフィンツアーさんの「北欧デザインを巡る旅」に行って以来(行く前から)、憧れに憧れていた北欧へ、いつか理想のスケッチツアーを企画したいって思ってました。そのときの添乗員さんとは何か連絡を取り合うたびに「スケッチツアーしましょーねー」とは話していたのですが、そこから一歩進むことが難しい。ヨシっ!と決めたのは昨年末。具体的にプランを出してみて、フィンツアーさんからは値段を出してもらい、調整(値切り)したり、案をいただいたり、会社にも伺って大量の資料を見ながら検討を重ねました。

 「旅でスケッチをしたい」という方は教室でもとても多く、でもなかなかできない・・・というお話もよく聞きます。スケッチをしない人と行くと時間がとれない、気を使わせたり別行動するのも悪い、かといって、一人で旅して描くというのも勇気が要る、ましてや海外なんて!というわけです。

 そんなお悩みを一挙解決!(深夜の通販番組風)
今回のツアーは、まず目的はスケッチ。全日程基本的にフリーです。旅慣れた方、描き慣れている方はご自由に行動いただけます。ですが、旅もスケッチも不安という方は、北欧専門の添乗員さんが旅行中のあれこれをカバーし、スケッチ面では私がついてます。任せて。あとは、せっかくデザインの国スウェーデンですから、ショッピングも楽しみたいという方!効率的にまわれるようmapを作りますので。スヴェンスクテンデザイントリエティオグルッペンアスプルンドヨブス、さらに旧市街のアンティーク屋さん、蚤の市などなど、買うのも描くのも素敵な物件ばかり。国立美術館も近くにあります。一日がかりでもよければカールラーションの生家も行けます。行く前に説明会を設けました。ご参加の方々と顔合わせをして、より盛り上がろうというもくろみ。GWにせっせこしおりを作成しようと思います。

 スケッチツアーそしてその先の個展、もう毎日がワクワクですよ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

9月に東京で個展決定☆

 イメージ通りのギャラリーを探し歩いて1年以上、駅から近くて、入りやすくて、窓があって明るくて、大きさがほどよくて、無機質じゃなくて、でもシンプルで、壁が白くて、憩える雰囲気。さらに、オーナーがいい方で、賃料が高くなくて、販売できて、販売手数料が高くなくて。そして一番は来てくれた方が喜んでくれそうなところ!!ゼイタク?わがまま?

いやいや、ところがあったんですね~。場所は東横線の学芸大学駅。
当然人気があって借りるにも作品審査あり。
過去に他のギャラリーで手厳しく追い返された経験があるので、今回は準備万端整えて伺ってきました。ポイントは、きちんと失礼のないように整理した作品ファイルを作っていくこと、そのギャラリーで何がしたいか明確にすること。前にした失敗はかろうじてファイルしたけれど系統もタッチもバラバラでギャラリーの雰囲気も考えず自己主張だけしてしまったというもの。やはりお借りするからにはギャラリーと絵が相乗効果になるように作品を選び、オーナーさんにもこの人の展示をしたい、と思われたい。思われるよう努力すべき。

そうまで思って下さったかはわからないけれども、無事審査を通り、9月半ばの日程を提案して下さいました。半年後、ちょうどいい!即申し込みです。もう嬉しくて嬉しくて!

調子に乗ってたくさん相談させていただきました。ご本人もプロのイラストレーターでらっしゃるオーナーさんは「何を飾るかより、どう飾るか」ときっぱり。一枚一枚はそれぞれベストを尽くしているのだから、あとはどう飾ってあげるのか。生かすも殺すも展示次第というわけですね。作品作りはもちろんだけど、演出の勉強もしなくっちゃと、新たな課題に燃えています。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

八ヶ岳スケッチツアー報告

 行って来ました!22人スケッチin山梨。

060414_134028_m  心配していた雨にやられることもなく(サンキュウ晴れ男女!) 満開の桜の包まれてのスケッチ三昧。桜はスケッチャーの憧れでもあり、強敵でもある。一日で筋肉痛になった方、腱鞘炎スレスレまで格闘した方、案外楽に花びらとお付き合いできてた方、それぞれの桜が面白い。そして大変なのは、実はこれから・・・そう、色塗り。

旅はこんな風でした。

060414_100812_ed_m 1日目:お昼に現地ホテル集合で、神代桜へ。2時間半のスケッチ後、チェックイン。温泉に行く人、ホテル自慢のスパでひと泳ぎする人、描き途中のスケッチにペンを入れる人、カフェでお茶おしゃべりに花を咲かせる人、めいめいに夕食までの時を過ごしました。

060413_205905_ed_m 夕食後8時から交流会。近作1枚と本日のスケッチを持参で、ひとりひとり自己紹介。そのあと麻衣子さんと私で旅スケッチの楽しみを語らせてもらい(止まらない)、あっという間に夜も更けていきました。

060414_203725_ed_m 2日目:朝食後、9時出発でスケッチスポットへ。午前中は、昨日の続き班と、清春芸術村班と、ホテル内でスケッチ班とに分かれる。お昼過ぎに全員清春芸術村に合流してスケッチを2時半まで。3時にホテルに戻り集合写真を撮って解散。

 という濃密な2日間でした。10日後に設定した発表/講評会までに仕上げなければならない。まだまだ旅の余韻にひたれそう・・・!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

気になるお天気

 明日から1泊2日で八ヶ岳スケッチツアー

060409_152346_ed_m   方々からあずさやかいじや車に乗ってみなさんがいらっしゃいます。それだけでもなんだか緊張するような誇らしいような。ぜひともいいとこいっぱい見て欲しい。まずは甲府盆地に突入するあたりにバーンと広がる桃の花で喜んでいただけると思う。眠らないで起きててね~!それから、小淵沢駅に近づくと車窓右側に神田(しんでん)の大糸桜という巨木が見えるはず(多分車掌アナウンスが入る)。樹齢700年以上のしだれ桜で、開花予想がちょうど明日。通過する特急と桜を一緒に収めたいカメラマンがその瞬間を待ち構えているので、ピースしておきましょう。

 気になるお天気・・・今日の甲府地方は晴れてます!フトンも干せるほどに。だいたい天気予報よりいい天気、ということが多いので、明日あさっての曇り/雨予報もくつがえるはず!まぁ、降っちゃったって何とかなるさ。何はともあれ、みなさまの笑顔でのお越しを心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

欲しいものを作る

Boxbag  布小物新作はポストカード用のミニバッグ。
じゃんじゃんたまるポストカードの整理が楽しくなるように。これをいっぱい作って、どこかにアルファベットでも刺繍すれば分類もできる。文庫本やCDも入るよ~

 次に作りたいのは雨の日用のスケッチバッグ。ビニール素材でありながら軽量なもの。まだファスナーを付けたことがないので、それも課題。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

桃の下見

060409_152505_m   桃の花たちを見に八代ふるさと公園へ行ってきました。ここから見下ろす桃源郷はため息もの。とはいえ、ピンクの桃はまだ3分咲き程度、写真のような状態です。あと数日すればここから大きさにしてソメイヨシノの倍、そしてホルベインのオペラが本領発揮のドピンクの花が鈴なりにつきます。もうちょっと育ったら描きに行くぞー。

 東京の桜はもうほぼ終わりのようですが、山梨は今が真っ盛り!そしてようやく開花を迎えた八ヶ岳方面の桜を描くツアーを今週開催します。春を存分に描く1泊2日。めくるめく花々の世界へ~いざっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

佐藤麻衣子さんの個展

 明日から佐藤麻衣子さんの個展が表参道ではじまります。

佐藤麻衣子展 ~パリ・ポルトガルcafeスケッチ~
 2006.4.4(tue)~4.9(sun)
 gagerie doux dimanche
(ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ)

今日は搬入のお手伝いをしてきました。
とにかくびっくりするくらい麻衣子さんの絵にぴったりの可愛くてセンスのいいギャラリー☆☆☆

060403_131506_mとはいえ、最初はがらんどう。
・・・でしたが、麻衣子さんの綿密な計画は完璧でスイスイと飾りつけも進みました。
←これがbefor
そして、afterは会場にて。
お楽しみに!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

4月だ~!

 4月1日のこのすがすがしさは、1月1日に匹敵するくらい心機一転したくなる。3月中旬に教室が一段落してから半月ほど、久しぶりにゆっくりと身の回りのことをし(ほとんど掃除)、睡眠をとり、色塗りしたり手紙書いたり本を読んだりバッグを作ったりのんびり過ごせた。

 そして春、今年度の抱負としては、やらなければならないことの優先順位を考えて、やりたいことに無計画に手を伸ばさない。時間をうまく使って、少しでもしたいことをできるようにする。だって、春もイベント目白押しだから~!

 明日から自由が丘日曜教室がはじまる(めでたく満席)、月曜は佐藤麻衣子さんの個展搬入のお手伝いで(すっごく可愛いGALLERYなの!!)、水曜は自由が丘水曜教室(まだ空き有り)、木曜は新宿教室(こちらも空き有り)、土日は友達が花見にやってくる。その間に行きたい展覧会もいくつか。花森安治と「暮らしの手帖」展・・・世田谷文学館4/9まで、絵本作家ワンダーランド・・・大丸ミュージアム4/11まで、などなど。山梨までお越しの際にはこちらがおすすめ→ペネロペ絵本原画展。スケッチ仲間の個展もたくさんあり。要チェックですぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »