« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

個展まで1週間

 いよいよ近づいて参りました。

Gaku  一番の大作業「額装」がほぼ終わり、一息ついているところです。額に入れての展示は合計30点、内訳はスウェーデン15点、ポルトガル6点、シルクロード5点、トルコ4点です。4カ国合計すると80~90作品あったの中からの選抜メンバーですので、自分でもお気に入りのものばかりです。

 よく「売って手元から離れてしまうのは寂しくない?」という質問をされますが、絵が売れるのは、自分の分身を受け入れてもらえた気持ちがして、それはそれは言葉には言い表せない喜びです。絵と買ってくださった方を思い出しては、あの絵に恥じないようますます精進しようと思います。そして“100年後に「お宝鑑定団」出場”を目指します。今回のギャラリーは一般の方がふらりと立ち寄れるギャラリーなので、そういった方々の反応も楽しみです。

 7日の夜以外はずっとギャラリーに居る予定です。こっそり観たい方は7日夜にどうぞ。私とおしゃべりしてくれる方は、来られる日をぜひ教えて下さい。

 個展情報はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

川瀬巴水展

 9月3日までニューオータニ美術館で開催されています。

     大正・昭和の風景版画家 川瀬巴水展

 浮世絵好きの私としては、もういつまでも見ていたいくらい大好き!北斎・広重の浮世絵は楽しいけれど、どこか別世界のような感じ。でも、巴水の絵は、実際に見たこともある風景に近く、じんわりと入り込めるのです。とはいえ、図録やネットでしか見たことがないので、本物が楽しみ!

 mitchさん、情報ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

アフリカ、そしてマルタ島へ

 濃密な週末を過ごしました。土曜は現在アフリカ展を開催されている永沢まことさんのトークショーへ。“刺激”と“エネルギー”のお話で、大変興味深かったです。見るものを突き動かすような作品群の内側を垣間見られた気がします。子育てにおける“弾圧”のお話も妙に納得してしまいました。

 全国各地のスケッチ仲間もこの日一同に会し、興奮しながら急いで近況報告をし合ったり、カード交換したり。はじめましての方からは教室についての質問をいくつかいただきました。永沢まことさんの絵は圧倒的にすごいのに、なぜか見る人に“自分も描きたい欲”を興させる魔力があります。こんな風に描いてみたい、と思わされるのです。もちろんいきなりあんな上手には描けないにしても、こんな風に自由にのびのびと好きなものを生き生きと描けたら・・・!という感じ。私もそう思って描き始めた一人。

Maltakai  日曜日は永沢まことさんのマルタスケッチツアー(6月)に行った方々の作品発表会&パーティーが行われ、見学参加させていただきました。・・・そりゃもうすごいのなんの。作品は近日webにて公開されるそうですのでお楽しみに。画集もスバラシイ!!

 旅スケッチって日常生活をスッコーンと忘れられて、真っ白になれて、絵だけに没頭していると、自分でも知らなかった自分の底力みたいなものを引きずり出されるのですよね。これを一度知ってしまうともうやみつきになっちゃう。そういう絵は見る人にも刺激を与えます。

Maitac  ところでこちらのパーティー、お料理はツアーメンバーの方々が持ち寄ったり、数時間かけてその場で作ったりと本当に豪華なのです。もうこれ目当て?といわれても「うん」と即答してしまうほど。 美味しかった~、そしてアーチストなだけに美しかった~~~!!ごちそうさまでした。お招きいただき、本当にありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

個展まで2週間

 経験のある方はよくご存知と思いますが、今が一番てんやわんやな時期です。やることばかりが押し寄せて、明日も見えない。今を生きるしかない、ひとまず。DMもまだ送付しきれてなくて、毎日腱鞘炎になるくらい宛名書き。注文した額が続々と届き、我が家を占領しつつあります。そんな中、プリンタが絶不調だったり、早実の斉藤くんがカッコ良すぎたり障害や誘惑も多くて。優先順位を正しくつけることが苦手。目についたものがすぐ気になって作業を始めてしまい、ハテ?何かやりかけではなかったのか、とまた戻ったり、やらねばならないことよりやりたいことばかりしてしまう。

 週末から来週にかけてはイベント・教室が目白押し。体力の配分もできないので、このまま突き進みます。無事個展会場にたどりつけますように。

 それにしても、ブログって気持ちに余裕がないとなかなか書けないものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

すもも・ぶどうスケッチ会報告

Sumomo1  1都4県から10名が集まり、山梨県の塩山にある五味さんの農園におじゃましてスケッチをしました。

 10時に集合し、すもも園とぶどう園を下見してから、それぞれお目当ての場所でスケッチ開始。すももは『太陽』という品種が出荷を目前に控え、いい色に染まっています。赤を通り越して赤黒くなっていて、黒味が濃いほど熟していて美味しいとのこと。お言葉に甘えて食べながらのスケッチ。ほどよい歯ごたえと広がる爽やかな甘みはもう絶品であります!!! ぶどうは五味さんが種無し巨峰の袋を傘に掛け替える作業をされていたので、人の入ったスケッチをしたい方はこちらでスケッチを。私はやはり五味さんご夫婦を描きたくて、またもやぶどう。

Budouo_1 お昼は五味さんからすもも『貴陽』と桃、ぶどう、きゅうりなどなどたくさん差し入れをいただき(そういえば自家製のスイカも到着早々いただいた!)、参加者のみなさんはカードや連絡先の交換をしたり、おしゃべりに華が咲きました。

 ヨシ、後半戦と意気込んで農園に戻ると、急に雷雨が・・・、ガーーーン。ひとまず雨宿りをしながら待ってみたもののなかなか止まず。結局やんだのは16時近くになってから。居残り組みはそこからスケッチを再開し、17時半くらいまで続きを描きました。私も念願のすももを描けました。

Sumomo3  スケッチは気候・お天気との戦いですね。今年は特に感じます。けれど、苛酷なほど燃えてしまうのが体育会スケッチャーの性。挑み続けます。

 遠くから来てくださった皆さま、ありがとうございました。次回ぶどうもぜひ。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年8月10日 (木)

MAKO-MAGIC☆

Kouza  8/8・9日に武蔵野市立吉祥寺美術館の主催で、「永沢まことの絵を描く講座 ~吉祥寺の街をスケッチしよう!~」が開かれました。アシスタントとして、佐藤麻衣子さん、武市美香さんと共に参加させていただきました。詳しい模様は佐藤麻衣子さんのブログに書かれていますが、この夏の中だるみの時期に、いろんな意味で「喝ッ!」を入れられ、興奮気味で帰ってきました。

 久しぶりに聞いた永沢まことさんの講義とはじめて描いたという方々の絵は、描き始めた頃の純粋な気持ちや(戸惑いや不安、投げやりな気持ちも含め)、無我夢中で描くしかなかったけどエネルギーを込められたという充実感などを思い出させてくれました。
 ここのところずっと、スケッチ後に『何かが足りない』と思い続けてきたものが何だったのか、はっきりとわかりました。

 それは、エネルギー!!!です。

うまくやろう、びっくりさせよう、まとめよう、など見られることばかりを意識して、いつのまにか絵を描く一番の醍醐味を忘れてたのです。そうか~、これだったんだ~~~そうだそうだ、うんうん。

 現在、同美術館で公開中の永沢まことさんのアフリカ展もエネルギーに満ち満ちていました。エネルギー充電したい方にも、ほんとにおすすめです!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

個展の案内状できました

Dm  9/7~の個展のDMが完成し、宛名書きをはじめています。
実は、ちゃんと印刷屋さんで作ったのは今回がはじめて。ギャラリーの方に相談して、印刷会社やおすすめの用紙を教えていただき、スケッチ仲間のKarinさんがデータ作りと発注までして下さいました。みなさんに助けられて生きてます~~~

 今回は思い切って1500枚。いつも家のパソコンで印刷していたのでどのくらいの枚数だったか覚えていないのだけど、1000枚だと足りないかなあ(500枚はギャラリーに納めるので)と思って、えいっと。いざ手元に届くとものすごいボリューム。

 もし多めに欲しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報を。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

すももスケッチ会のお誘い

 すももスケッチ会の日取りを決定しました。

        8月12日(土)

 です。ご希望の方はメールにてご連絡下さい。
折り返し、詳細のメールをお送りします。県外からいらっしゃる方、お盆ですので特急の指定席はお早めにお取りいただきたいと思います。土日はメールができませんので、ご了承下さい。なお、すもももぶどうと同じく棚になっているので、炎天下ではありません。ご心配なく。では、お待ちしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

すもも革命

Sumomo2_1 アルバイト仲間からすももをいただきました。
「これ、すもも!?」というサイズ(テニスボール位)。貴陽という品種だそうです。
食べてみてびっくり!
とろけるような甘みが口いっぱいに広がり、あたり一面びしゃびしゃになるジューシーさ。すももって、すっぱくて硬いイメージで、ここ数年食べてなかった。でもでも、こんなに美味しかったなんて!何個でもいけそうっ!!フルーツ王国万歳!!!Sさんありがとう☆

 お盆のあたりに、フルーツスケッチ第4弾「すもも」を企画したいと思います。ちょうど出荷作業の時期だそうです。すももが木になっている姿、見たことありますか?可愛いよ~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »