« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

秋旅スケッチ⑥精米所~江刺~

Esashiseimaiki_web  再び、奥州市江刺区。3時4時ですでに夕暮れの予感。ここまで何十機とやりすごしてきた精米機、最後の最後で描きたくなりました。住んでいたときは、一度も描こうと思わなかったのに。

 何かをやり続け、そしてのめり込むなり飽きるなり、いずれにせよ、動いてさえいれば、新しい扉は開かれるのだなぁと、精米機相手にちょっと悟り気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫の季節

Halloween1  今日はハロウィンだそうです。今までハロウィンに何かをしたことはないのですが、アルバイト先で盛り上がっていたので、調べてみました。

 ハロウィンとは・・・

 古代ケルト人の収穫感謝祭を起源に、キリスト教に取り入れられた行事。日本のお盆に似ており、死者の霊や精霊、魔女などがこの世にやって来る。かぼちゃをくり抜いてランタンにするのは、日本で言う迎え火や送り火、または魔よけのため(知らずに栗にまで顔描いちゃった↑)。また、悪霊たちがその姿を見て驚いて逃げるよう、仮装をするんだとか・・・、効果はさておき、参加型の祭りは盛り上がるのでしょう。でも、日本ではまだまだなぁ~というのが売り手の感触。

 収穫といえば、山梨ではもうすぐコロ柿の収穫がはじまります。今年は少し遅れているようで、予定しているスケッチ会も11月中旬以降となりそうです。私の希望としては、下旬の土or日曜と、その近辺の平日。柿農家の方と相談してから、またお知らせしま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

秋旅スケッチ⑤稲干し~江刺~

Esashihonyo_web  こちらは奥州市江刺区。そう、江刺も合併されたのです。久しぶりに訪れた岩手は合併の嵐でした。味わいのある地名が消えていくのはなんだか寂しい。でも便利になることもあるのかな。

 うしろでモクモクしている煙、風向きによってはすごい攻撃力。でも、それもまた絵を見るたびによみがえる想い出です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

秋旅スケッチ④稲干し~遠野~

Miyamori_web  ようやく稲干しシリーズが仕上がりました。全5作ありますが、順次水貼り、スキャンをしてupしていきます。

 1枚目は遠野市(旧宮守村)、道路沿いの稲穂の壁。これははぜ掛けという干し方(地方によって呼び方が違うみたい)。太陽の光と熱でじっくりゆっくり乾燥させることで、甘みが生まれるそうです。圧巻です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

秋旅スケッチ③アート@つちざわ<土澤>

Torigoemomiji_web  現在も岩手県花巻市にて開催中、街かど美術館「アート@つちざわ〈土澤〉」にて、竹細工の職人さんをスケッチさせていただきました。

 ものづくりの方の制作姿は本当に美しい。魔法のようにうごく手、集中しきった視線、それでいてリラックスしていて、作業に見合った時間がそこには流れ、見ている側も背筋がシャンと伸びてきます。描く前にひと通りの作業を拝見し、同姿勢が長く続くところをチェックし、描きはじめました。

 こちらで、スケッチブックがばんばん入る大きなカゴを購入しました。リクエストすればどんなサイズでもオリジナルで制作して下さるとのこと。一戸町特産の鈴竹はとても良質で、耐久性も抜群。使い込むとアメ色に光り輝いてくるそうです。大切に使います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

山梨にて川瀬巴水展

 10月21日~11月19日まで、山梨の南アルプス市立春仙美術館にて、作品計約110点を展示する
秋の特別企画展「大正・昭和の風景版画家 川瀬巴水」
が開催されます(参考:毎日新聞)。夏にニューオータニ美術館で開催されたものの巡回展ですが、渡邊木版美術画舗の情報によると、ラインナップは同じではないらしいです。

 ニューオータニでご覧になった方も、観そびれた方も、この機会にぜひ山梨へ~!私のアルバイト先のコーヒー店がその美術館から車でちょちょいのところにありますので、そちらにもお立ち寄りを。絶品のドリンクをおつくりします!(仲間が)!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

秋旅スケッチ②八幡平の銘水

Hachimantai2_web  大沼の紅葉スケッチを終えて、かじかむ手をこすりながら車に戻る途中、ちらり横を見ると惹かれるコーナーが。しかし、ここは風の吹きぬける場所。だがしかし、もうなかなか来られる場所じゃあない。

 「描こ」

 “八幡平の銘水”の看板から描き、上下左右と描きすすめていきました。何度か覗かれたけど、声をかけてくれる人は無し。ちょっと寂しい。強風に煽られる紙との孤独な戦いになってきて、またしても洋服にいっぱいペンがついちゃった。このインクどうにか取る方法はないものか・・・。

 八幡平大沼付近の紅葉はもう終盤、今週末は中腹から麓が見ごろだそうです。ドライブするには最高だろうな!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

松村英男さんの個展

 松村英男さんの個展「オイルパステルによる模写と風景画」へ行ってきました。

 松村さんとは、私がはじめて池袋で開講した講座にいらしていただいてからのお付き合い。今回展示されていたオイルパステルはその3ヵ月後から始められたもので、足掛け4年になるそうです。そして、ここ3年で描いた作品数十点が、かの世田谷美術館の区民ギャラリーにバババーンと展示されていました。美術館だけあって、天井が高い!松村さんの大きな作品を引き立てます。

 その数、質、そして探究心、向上心、どれも本当に素晴らしいです。「スケッチじゃないから・・」と個展前の宣伝もためらわれていましたが、そんなこと全然関係ない!この『描きたい』という熱くて強い想いは、もはや絵を描く人であろうがなかろうが、伝わるに違いありません。

 個展は昨日で終わってしまいましたが、松村さん、スケッチ展も来年あたりに考えられているそうです。これもめちゃめちゃ凄そうだなぁ。なにせ、最初っからケタ違いに上手でしたから。教室に来られたとき、その作品の完成度に内心どれだけビビったことか。松村さんはスキー狂でも知られています(これまたケタ違い)。きっとスキー狂講師だったからオマケして下さったんだろうな。そんなこんなで、これからも刺激をいただきたいと思っています。

 小春日和の日曜日に世田谷美術館・・・、最高のシチュエーションでした。個展は時期や場所(ムード)も大切ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

秋旅スケッチ①八幡平の紅葉

Hachimantai_web  旅でのスケッチ、1枚目が完成しました。

 八幡平の大沼にて。手前の木から描き始めました。雷が落ちたのか、風雪の厳しさか、煤けたような木がぽつりぽつりと立っているのです。皮がはがれた内側はまだ生々しい木肌がのぞき、こんなふうにぺろりと剥ぐのはやっぱり熊の仕業かなぁと、急にあたりをキョロキョロしたりして。

 まだ紅葉ははじまったばかりという印象でした。20日頃にピークを迎えるのではないでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ガソリンおいくら?

Gas  車で岩手を旅して、驚いたこと。

   ガソリンが安い!

←ここは盛岡。レギュラー127円、ハイオク140円。これって安いよね!?さらに驚愕、二戸町まで行ったら「レギュラー117円」を発見!山梨はレギュラーでも140円以上するんだけどなぁ。皆さんのご近所はどうですか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

稲刈り天国岩手へ

 心が震えるような風景を描きたい、そんな想いの乗せて一路岩手へ車を走らせました。

Tanbo_1   今一番描きたいものは稲のある景色。広い空の下で一面に黄金色の穂を実らせている様子、育てた人々の手によって刈り取られ、整然と規律良く干されている様子、忙しく走り回るトラクターや、お昼時あぜ道で新米のおにぎりをほおばる農家の人々・・・。思い描いていたすべてのものがそこにはありました。お天気や時間や集中力の都合上、その一部しか描けなかったものの、次々に『描いて描いて!』と呼ばれる喜びと高ぶりは、この先しばらく栄養となって私を支えてくれるでしょう。

Kouyou_1   欲を出して紅葉求め、八幡平へも行きました。高速道路を降りた付近は全然色づきがなく不安でしたが、秘湯のメッカアスピーテラインに入り、ぐんぐん登っていくと少しずつあたりの空気が変わり始め、その後はまるで季節を早送りしているようでした。例年に比べ、少し赤味が少ない気がしましたが、これからなのかな。この日は岩手山が初冠雪。着実に冬が近づいています。
・・

Sanma そして忘れていません、秋の味覚。まずはお鮨。この時期の魚がどれだけ美味しいかは住んでいた頃に知ったのですが、回転鮨「清次郎」では、感動の涙をこらえながら食べ続けました(写真は宮古の生さんま)。次の日、心のよりどころ「楽庵」さんでは地元でイチオシの団子とがんづきをいただきながらおしゃべりに華を咲かせ、今回のお宿としてお世話になったyokoさんのお宅では、栗ごはんや芋の子汁、地元の食材をふんだんに盛り込んだ手作りピザなど毎日感激の食卓でした。帰り際に「さわはん工房」さんでおしゃべり合戦を繰り広げて、それでもなお後ろ髪引かれる想いで岩手を後にしたのでした。また冬に行きたいな。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年10月 6日 (金)

全講座スタート!

Cards_1  日曜クラスに続き、自由が丘水曜クラス、新宿木曜クラスもはじまりました。合計50名になります。展覧会のDMを送ってくださる方々、50部お願いします!あ、私の分も!

 教室では、毎回全国各地から送っていただいたカードを皆さんにお見せしています。絵を描きながら気分転換に見ていただけるコーナーを作って。ほんの小さなギャラリーですが、ここで絵を知り、名前を知ることで、後々どこかで会う機会があったとき「あ、あのカードの!」となるかもしれません。ぜひぜひご活用下さい。

また、地方ゲストも随時大歓迎募集中です。初回も札幌、長野のお客様をお迎えしました。遠方で熱く描きまくっている方、東京へお越しの際はぜひ作品持参で岡部教室にお立ち寄りを。取り囲んで歓迎いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

佐野直美さんの個展

 現在、佐野直美さんの個展開催中です。
佐野さんは、私の第一回新宿教室にいらして下さって、それ以来のお付き合い。生まれた月日が同じということでやけにウマがあいます(と私は思っています)。教室での佐野さんはとにかく勉強熱心で、鋭い質問がバシバシ飛んできました。その勢いは絵を描くパワーにつながり、永沢まことさんの教室も経て、いよいよ個展を迎えられたというわけです。大量の作品の中からどれが選ばれて展示されているのか、楽しみです!!

Naomi  佐野直美のスケッチ三昧! 
     ~ご近所から海外まで描きまくり展~
10月3日(火)~8日(日)11-18時(最終日17時)
ギャラリ・カタカタ 小田急線「経堂駅」徒歩5分

※写真は、一緒に行った「永沢まこと先生と行くシルクロードスケッチツアー」で撮ったもの。対面スケッチをしている直美さん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

秋講座始動!

Kakashi  10月になりました。
早速本日より秋の講座がはじまります。
よみうり文化センター自由が丘の日曜クラスは太陽がさんさんと降り注ぐ明るい教室。16名のご継続と4名のご新規で合計20名となりました。賑やかにやっていきましょう。今回から2年目に突入。ますます個性が広がっていくことを楽しみにしています。

 軽井沢の絵日記は10枚ありました。
絵日記ブログへ「毎日1枚掲載」を目指します。

 ところで、現在発売中の女性誌「Oggi 11月号」に私のロンドン絵日記が出ています!と、いっても、お仕事ではなく、取材を受けた友人に便乗してちょこっと出していただいちゃったというもの。p413です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »