« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

2006年教室締めくくり

 今週は立て続けに3教室が、今年の最後日を迎えます。

 最終日には野外スケッチで描いた作品を見せ合い、カードを交換するのがお約束。しかし、今もまだ明日(正確には今日)お見せすべき絵が仕上がっていない!・・・でも、妥協はできないぞーーー、がんばるぞーーー。

 教室で毎回配布しているお便りを書きながら、早くも今年を振り返っています。私としては、念願の山梨スケッチツアーに続き、スウェーデンスケッチツアーの開催、さらには山梨フルーツスケッチ会には多くの方々にご参加いただき、秋には2年ぶりに個展も開き、終わってからはますますスケッチ欲に燃え、今日に至る、という怒涛のそして収穫&学びの多い一年でありました。絵日記に目覚めたこともあり、毎日描くか塗るかはしていた気がする。・・・いや、まてよ、そうでもないなぁー、ダラダラしてた時期もあったなぁー。そうなのです、ブログというものは『何かあったとき』『何か言いたいとき』書くものですから、それだけ拾い読みすると動きまくってたみたいに見えますが、そうでもないのですよ。ダラダラするときは徹底的にダ~ラダラです。

 あー、こんなことしてる場合じゃなかった。今週は全力疾走!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

カレンダーの作られ方

 企業のカレンダーの仕事をしました。1年365日、どこかで誰かの目にとまるであろうカレンダーは、とても光栄なお仕事のひとつ。今回は日本の風景で、12ヶ月分と表紙、合計13枚の絵が使われます。

 まずは、手持ちの絵を四季別に並べ、自分で何枚かを選びます。この時点で、極端に多い季節(=秋)と、少ない季節(=初夏・冬)が判明。それでも、教室野外のおかげで、四季ぞれぞれ揃いました。

 次にご依頼主にその中から選んでいただきます。同時に、カレンダーのサイズ、部数、納期、ギャラなどを話し合います。デザイン会社、印刷会社もどうするか決めます。今回はご依頼主指定のデザイン会社に、私からデータだけ送ればいいことになりました。

 しばらくすると、デザイン会社から、日付や社名が入ったデザイン案がいくつか送られてきました。その中から選んで下さいということでしたが、良いとこ取りであれこれリクエストしてしまいました。ご依頼主からの要望も加わり、デザインのできあがり。

 そうして決まったものが印刷会社にまわされ、完成です。

 実物を手にできるのが12月6日の予定。残念ながら今年最後の教室に間に合いません。皆さんに見ていただきたかったな~、教室野外やスケッチ会で描いた作品をたくさん使ったので。ブログではご報告しますね~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

初めてのりんごもぎ

 りんごの収穫をしてきました。友人のお母様が山梨に所有しているりんごの木が今日収穫ということで、急遽代理で。葉が落ちて、りんごだけになった木はとても可愛かった~♪ コンテナに3ケース! 我が家でりんご祭りを開催できそうです。

Ringo06_1 


Syosenkyo1126_2_1  昇仙峡の紅葉描き納めにも行ってきました。寒ぶかったー。 22日から4日しか経っていないのに、ずいぶん景色が変わっていました。紅葉も終盤です。ですが、近くの千代田湖から昇仙峡に向かう、もみじロード(だったかな?)は、見事なもみじがまだしばらく楽しめそうです。これから車で行かれる方は、ぜひ足を伸ばしてみて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

家具とデザインの祭典

 『2006 東京国際家具見本市』へ行ってきました。インテリア・家具を見るのは元々好きですが、今回の最大の目的は、友人の仕事ぶりを見に行くこと。学生時代のスキー友達が、社長としてこのイベントに出展しているのです(あー、なんてこと。ジャージ姿でしか会ったことのない同士がこんな商談の場で)。化学薬品、有害物質を原材料・工程から徹底して排除したというオーガニック寝具・家具を取り扱っています。これから需要が増しそ~う!会場での彼女は本当に輝いていて、今回のイベントでの手応えに興奮を隠し切れない様子でした。今後の活躍を応援し続けたいと思います。

Denmark  会場の真ん中には「デンマーク・カフェ」が。カールハンセンの家具にローゼンダールの食器。先日のフィンランド・カフェとは北欧という共通項がありつつも、またカラーがずいぶんと違います。日常から生み出されたシンプルで機能的なフィンランドデザインと、生活に彩りを添える高級感ただようデンマークデザイン。日本に居ながらにして、こんな風に楽しめるのはプチ旅気分で、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月24日 (金)

深大寺で一杯

Manjyuen_web  深大寺スケッチに行った際、立ち寄った喫茶店「曼珠苑(まんじゅえん)」。香りにつられて、つい。深大寺は蕎麦が有名で、24軒がしのぎを削っています。・・・ということはお水が美味しいはず。となれば、コーヒーだって美味しくなるはず!

 コーヒーは一杯一杯丁寧にネルドリップされていました。深みのある味わいで、量もたっぷり。静かな庭を眺めながらのんびりとスケッチできました。とても心地のよいお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

昇仙峡 11/22紅葉情報 

 昇仙峡、前半の渓谷道路(こちらご参照)付近は見事な紅葉でした。土日祝日は車が進入できない区間となりますが、歩きながら写真撮ったり、スケッチしたり、のんびり散歩にはちょうどいい時期です。 上部、仙娥滝(せんがたき)のあたりはすっかり枯れ葉です。

 熱々のコーヒーをいれた魔法瓶と、スケッチブックを携えて、週末また行きたいと思います。

Syosenkyo06_1_1

Syosenkyo06_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

コーヒーの達人

Maruyamacoffee_web  スケッチや絵日記であちこちの美味しいコーヒー屋さんをリレーしていきたいと思いつつ、「ここ!」というところに出会うと、そこにはまって動けなくなってしまいます。軽井沢の丸山珈琲さんでは、とうとう焙煎室にまで侵入。世界各地から仕入れられた生豆と、焙煎機から立ち上るコーヒー豆の香りに包まれながら、至福の時・・・☆ 快くスケッチをOKして下さった丸山珈琲の皆様、本当にありがとうございました。

Maruyamakokuban2  さらに、ずうずうしくも丸山珈琲 小淵沢店の黒板まで描かせていただいちゃいました。光栄です!お店の方々も喜んで下さり、お客様の反応も良いというご報告まで頂きました。嬉しいなぁ~。黒板の手直しに・・・という口実でますます通ってしまいそう(写真提供:友人K)。

 スターバックスでコーヒーの美味しさ&楽しさを知り、丸山珈琲でさらにその奥深さを学んでいる今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月18日 (土)

雲場池の紅葉

Kumobaike_web  軽井沢の紅葉の名所「雲場池」です。10月下旬、この日はまだ池付近の紅葉はうっすらだったので、別荘地に入り込んで、少しだけ色づき出した木々越しに池方面をスケッチ。ほんのりと暖かな一日で、描きながらまどろむほど。

Kumobaike_web_1  11月初旬、結婚式参列のため再び軽井沢へ。パーティーの後、皆で雲場池へ(写真提供:友人N)。ずいぶんと紅葉が進んでいました。スケッチの色塗りはこちらの色づきを参考に。それにしても、身の引き締まる寒さ。冬には白鳥が飛来したこともあるそうです。

 雪景色、白鳥、ゲレンデ・・・早くも心は冬スケッチへ。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

東京でフィンランド☆

 現在東京で開催されている二つのイベントに行ってきました。

 ひとつめは青山のスパイラルで開催中の
「finland collection」新進ファッションデザイナー展
美しい配色を期待していましたが、想像以上。空気がすぅっと澄み切る感じ。11/19(日)までの展示です。

Fincafe  ふたつめは赤坂アークヒルズにて
「フィンランドカフェ2006」
こちらも12/2(土)までの期間限定営業。カフェスペースとショップスペースに分かれており、どちらも思っていたよりずっと広くて、大興奮☆ カフェはすべての食器・カトラリーがイッタラで統一され、ランチプレートも美味しかった!11時開店と同時に入ったときは、私のような“北欧好きお一人さま”がぽつぽつ程度だったけれど、11:30過ぎるとあっという間に席が埋まり、行列になっていました。無料でいただけるFINLANDトラベルノートが最高に可愛いい!!こんな本をいつか作りたいな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

霧の箱根強羅公園

Gorahimaraya_web  現在絵日記コーナーで連載中の『箱根旅』、スケッチ作品も一部出来上がりました。

 天気の危うい強羅公園にて。ずうっと濃いガスが立ち込めており、水彩紙にも湿り気を感じながら描いていましたが、一瞬視界が開けたとき、向こうの山がとても近くにあって驚きました。だけど今回は“視界不良塗り”に挑戦。この上にガッシュで霞をかけてしまおうか、まだ迷い中。

Gorachashitsu_web  同じく強羅公園内で、白雲洞茶苑・不染庵を裏手から。萱葺きの屋根を見ると反射的に手が動き出します。特にこのくらいの小ぶりのものはたまりません。そう、深大寺の山門なんかも・・・。紅葉の色づき具合は想像です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

雨の深大寺

Sanmon  今秋、3度目の深大寺スケッチ会。なんと雨。これまで好天に恵まれ続けていただけに、雨が降るなんて予想もしなかった・・・。まぁ、雨の深大寺も風情ありそうね、と気持ちを切り替えて。ところがさらに、「そろそろ山門でも描くかな~」などとぼんやり考えて着いてみると、その山門もなぜか修繕中。ならばと、組まれた足場の下で雨宿りをしながらスケッチするも、気づいたら隙間から滴り落ちていた水で背中びっしょり。・・・修行だな~

Sizuku_1  七五三で着飾った親子が足元を気にしながら歩く姿が印象的でした。紅葉は一週間前より進んでおり、ところによってはモミジが染まり始めています。参道で偶然、イタリア在住の友人夫婦に会いました。マボロシ?!と目を疑ったけれど、雨降りで人もまばらだったため、お互い見つけられたんだと思います。いいこともありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

昇仙峡 紅葉まで秒読み

Kokuban2_2 世の中が少しずつ『クリスマス、クリスマス・・・』とささやきだしています。真っ盛りになる前の“少しずつ気配がする”雰囲気。好きな季節です。

Syosenkyo1 清里方面の友人の家では昨日霜が降りたそうで、着実に冬は近づいています。山梨は気温差のゆるい秋となり、紅葉はいまひとつといわれていますが、景勝地「昇仙峡」では、紅葉がゆるゆると麓に下りてきています。見ごろは20日の週あたりかなぁ~(あくまで個人的予想)。甲府駅から路線バスで30分、降り立ったところからどこまでも絵になる景色が続きます(写真は11/8天狗岩)。

 ところで、突然ですが、ここでお詫びがあります。
かねてから予告していました「コロ柿スケッチ会」ですが、事情により今年は中止にさせていただきます。楽しみにして下さっていた皆様、本当に申し訳ありません。ですが、柿が無いわけではありません。個人的にスケッチにいらしたいという方はぜひご連絡下さい。昇仙峡でも柿でも、日が合えばご案内させていただきます。本当にすみません。お許し下さい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

川瀬巴水展 報告

Hasui  行ってまいりました。川瀬巴水展 in山梨。

 南アルプス市の春仙美術館で開催中。入ってすぐのロビーで、本人ご出演のビデオが大型テレビにて放映されています。“木版画のできるまで”を巴水のナレーションで紹介しているもので、何度観ても飽きない面白さ。今日はテレビ越しに本物の夕焼け富士がくっきり見えており、またいっそう風情あり。

 美術館の方に伺ったところ、今回の山梨での展示は、やはり富士山を中心とした山梨作品が充実しているとのこと。ライナンナップが違うため、巡回展を渡り歩く熱心なファンもいらっしゃるそう。大好評の図録(なにせ安い:¥1,500)は、ニューオータニの3倍刷ったそうです。紅葉のグラデーションや川の水しぶき、美しい富士のシルエットなど、日本の美しさに改めて胸打たれる作品群でした。19日まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

秋旅スケッチ⑧棚田風景~江刺~

Esashitanada_web  今年の稲スケッチ、最後の一枚は江刺の棚田風景。( 稲はもう飽きたなんて言わないで~)

前日の嵐の余韻で、ものすごい雲がずんずんと流れていました。この旅で一枚は全紙に思い切りペンを走らせたい、という気持ちがあり、この絵で果たすことができました。全紙って、描いただけで満足してしまうのだけど、実はその後-色塗り-が何倍も大変。わかっていながらも、筒をしょってふらふらしている今年の秋。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

秋旅スケッチ⑦稲風景~花巻~

Oohazama_web  こちらは岩手県花巻市大迫町。 

2006年1月より、大迫(おおはさま)町は、旧花巻市、石鳥谷(いしどりや)町、東和町と合併し、新「花巻市」となりました。このあたりは、童謡が聞こえてきそうな風景が続き、スケッチには実に魅力的な地区です。

 さて、稲シリーズ、残すは全紙のみとなりました。完成してはいるものの、水貼り、スキャンの作業に手間取りそう。ひとまずここでひと段落ということで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »