« 2006年教室締めくくり | トップページ | 昇仙峡 紅葉スケッチ② »

2006年12月 1日 (金)

深大寺 秋の三景

 12月に入ると、なぜか合言葉のように「12月ですね~」と挨拶をかわしますね。「ね~」の後に続く言葉をなんとなく感じあって、この一年のやり残しを探したり、気を引き締めたり。

 野外スケッチ会での深大寺、残り3枚を完成させました。

Jindaikeidai_web 10月28日、この日は最高のお天気。深大寺は初めて訪れたので、まずは一通り散歩。結局、境内に戻ってコケと草に包まれた井戸風の手水舎に決定。人が来るたびによけながら。

Jindaikitaro_web

 11月5日、1時間ほど早く着いたので、開店前の「鬼太郎茶屋」を。ここはバス停の目の前にあるため、ギャラリーには事欠きません。背後からの視線を浴びながらのスケッチ。車の“ぬりかべ”に一目惚れし、車から描き出しました。見れば見るほど、あちこちに妖怪が見え隠れ。

Jindaiame_web

 11月11日、この日は雨。朝、何名かから「本当にやるんですか」とお電話をいただきましたが、山梨はそこまでひどい雨ではなかったので、「もちろんです」と。雨の深大寺は別物でした。人通りが少なく、店は静まり返り、建物は黒く沈んで、聞こえるのは雨音だけ・・・。仲間が居たから頑張れた、そんな一枚です。

 今月中に年内のすべてを塗り終えるのが目標。12月ですね~・・・

|

« 2006年教室締めくくり | トップページ | 昇仙峡 紅葉スケッチ② »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
鬼太郎茶屋、ツボにはまりました。
絵を見ながら妖怪さがしに没頭。
壁にいる火の玉のとぼけた表情が大好きです~。

投稿: beni | 2006年12月 1日 (金) 19時05分

深大寺秋の三景、主人とため息をつきながらみました。
迫力と繊細さが素晴らしく、鬼太郎茶屋の車、妖怪の動き面白く絵に物語を感じます。

投稿: kayo | 2006年12月 1日 (金) 21時14分

to.beniさん
 お久しぶりです、順調そうですね!
今からドキドキ緊張します。
 鬼太郎茶屋、気に入っていただけましたか。
では早速新住所にカードお送りします。
描きながら、ずーっと
♪カラ~ン コロ~ン カランカランコロン♪
と歌ってました。見たらきっと口ずさみますよ。

to.kayoさん
 ありがとうございます。楽しく描けたのですが、
塗るのはどれも苦労しました。でも、仕上がりは
とても気に入っています。久しぶりにゲゲゲの鬼
太郎を観たくなりました。最近やっていませんね。
 迫力と繊細・・・!とても嬉しいです。

投稿: keiko | 2006年12月 2日 (土) 00時45分

私も深大寺を描きましたが・・・・
完敗、乾杯、カンパイ :-)
ck

投稿: te@pot | 2006年12月 2日 (土) 08時10分

to.te@potさん
 なにをおっしゃいますか~ 
te@potさんの深大寺はまだupされていませんよね?
楽しみにまってまーす。
銀杏並木も塗るの楽しそう!!

投稿: keiko | 2006年12月 2日 (土) 12時16分

今年中に年内の絵を仕上げる。
私もそれ!目標にしようっと!
がんばるわっ☆

投稿: suzu | 2006年12月 3日 (日) 00時24分

to.suzuさん
 ほじくってみたら、あれこれ出てきました・・・
掃除と一緒で、まずは要・不要のよりわけからだわ。
来年はまた心機一転でいけるよう、がんばろうっ☆

投稿: keiko | 2006年12月 3日 (日) 00時58分

この前はお疲れ様でした☆あなたの可愛いマフラーはまりまして只今色んなところでさがしてます。
何と言っても<雨の深大寺>たまらなく美しい。何度も見たことのある景色のはずなのに、まったく別の場所にさえ見えてしまう。今度行ったら同じ角度をさがしてきます。

投稿: mama | 2006年12月 3日 (日) 15時54分

to.mama
あのマフラーは、西湖のほとりにある「カフェM」で買いました。2年前だけど~
雨の深大寺、気に入ってくれたの!
七五三もいるしね。明日お店に持ってくわん☆

投稿: keiko | 2006年12月 3日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/12888533

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺 秋の三景:

« 2006年教室締めくくり | トップページ | 昇仙峡 紅葉スケッチ② »