« 画伯誕生☆ | トップページ | 秋中継開始 »

2007年8月20日 (月)

賢治の世界

Kenji_3  現在、花巻市東和町にある萬鉄五郎記念美術館にて、「絵で読む宮沢賢治-賢治と絵本原画の世界」が開催されています。宮沢賢治の文学に触発された多くの画家・イラストレーターの描いた絵本原画がずらり並んでいます。
その捉え方・表現方法の多様なことといったら!

 たとえば「注文の多い料理店」だけでも、朝倉摂さん安野光雅さん杉浦範茂さん武井武雄さん和田誠さん三浦幸子さん、と、そうそうたる顔ぶれ。全部原画ですよ~!これは興奮っ。同じ文章を読んでどう表現したのかを見比べたり、描かれた年代で人物表現の変化を探ったり、また、画材やサイズにも興味津々。文に描かされているのでもなく、合わせているのでもなく、それぞれが好きなように賢治との共作を楽しんでいるのが伝わってきて、羨ましく思いました。そして、こんなにも絵心をそそる賢治ワールドに益々興味津々です。

 とても静かでほんのり暗く作品に没頭できる空間。9月9日まで。

|

« 画伯誕生☆ | トップページ | 秋中継開始 »

個展・展覧会」カテゴリの記事

岩手」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

岡部さんの文章はホントに素敵。ますます観に行くのが楽しみになってきました。
私もあの記念館の暗さが何気に気に入っています。

投稿: のりさく | 2007年8月21日 (火) 00時03分

to.のりさくさん
 キャ!嬉しい。入り口付近と隣の蔵の2Fで上映されている「銀河鉄道の夜」もおすすめです。ものすごく美しいCGで、なんともいえぬ催眠効果が(これは個人的な問題かも)。図録も立派で毎日ながめています。

投稿: keiko | 2007年8月21日 (火) 09時01分

見たかった~
宮沢賢治記念館でポスターを見て、行きたい!でも時間がない!
この道を行けば萬鉄五郎美術館だけど・・・後ろ髪を引かれながら花巻を後にしました。
神奈川県の平塚でも開催されるようなので、そこに行こうかな♪
でも、賢治の故郷で開催されるというのが、また格別ですよね。

投稿: mitch | 2007年8月21日 (火) 23時08分

to.mitchさん
 mitchさんがいらした日だったら、1週間の期間限定で公開していた賢治の「雨ニモマケズ」を書いた手帳の原本も見られたはず・・・なんて、さらに後ろ髪引いちゃったりしてー!ぜひ平塚でご覧下さい♪

投稿: keiko | 2007年8月22日 (水) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/16175719

この記事へのトラックバック一覧です: 賢治の世界:

« 画伯誕生☆ | トップページ | 秋中継開始 »