« 冬の第一声 | トップページ | 来てます、来てます、飛んでます~! »

2007年11月10日 (土)

プロフェッショナルとは

Oryo_2  ポスターの仕事をさせていただいた舞台を観てきました。

       驚きました。

 もう、後半は胸がいっぱいでストーリーが頭に入らないほど。舞台中は役者さんの素晴らしさにまず驚愕。そして、だんだんと、この舞台をゼロから作り上げられた企画、脚本、演出、舞台美術、音楽・・・等々関係者の方々の魂のこもった仕事ぶりに思いが及ぶと、もう受け止めきれないほどショックの連続でした。

 激しく落ち込みました。プロフェッショナルな方々の中にあって、私の仕事のこの未熟さは何だっ!と。恥ずかしいやら、申し訳ないやら、情けないやらで、もう深く深く穴を掘って、逃げ去りたい・・・

 舞台の後、楽屋へお誘い頂いたのに、大変失礼ながら逃げ帰ってきてしまいました。それも、今になってとても後悔しています。

 しかし悔いてばかりいてもはじまらない。未熟なのは十分わかってる。だからこそ、まずは目の前のひとつひとつにベストを尽くして、積み重ねていかなくては。本当に貴重な体験をさせていただきました。

|

« 冬の第一声 | トップページ | 来てます、来てます、飛んでます~! »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

いい経験をされましたね。この経験がいずれ役立つ事でしょう。それぞれのプロフェショナルと対等に仕事が出来る環境に自分の身を置いてみると、反省と勇気と仕事への自信が備わってきます。後ろ盾の無い環境ですが、その分自由に自分自身の感性をアッピール出きると思います。 かって北上時代で活躍した地盤を、盛岡でも存分に生かしてください。

投稿: hideki | 2007年11月10日 (土) 07時25分

to.hidekiさん
 ありがとうございます!
 反省と勇気と仕事への自信・・・そうですよね、(無謀に)挑戦して、(こてんぱんに)失敗して、の中にこそ学ぶことが多いです。どこの土地に居てもこうしてメッセージを下さるhidekiさんや、見守ってくれたり叱咤激励してくれる人々が周りにいることの幸せを実感しています。
 突き進みます!

投稿: keiko | 2007年11月10日 (土) 11時47分

絵に対して、仕事に対して、真摯に取り組み、
主観的にも客観的にも厳しい目で見て
常に前に進んでいくkeikoさんは、プロフェッショナル。
(楽屋で、その感動を伝えてくればよかったね♪)

投稿: mitch | 2007年11月11日 (日) 07時19分

to.mitchさん
 胸に沁み入るメッセージををありがとうございます。仕事はまだまだだけど、気合だけでもプロフェッショナルでありたいです。

 mitchさんにはいつも教室帰りにも、いろいろ話を聞いてもらっていますよね~ あたたかく見守って下さって本当に感謝です。

投稿: keiko | 2007年11月11日 (日) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/17028660

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナルとは:

« 冬の第一声 | トップページ | 来てます、来てます、飛んでます~! »