« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

マーケット万歳!

Dvc00031  ロンドン最終日。今日は食べ物の市場「ボロウマーケット」に連れていってもらいました。すごく活気があり、つられて大興奮。試食やその場で食べられる軽食なども充実していて、楽しいのなんの~!

Dvc00046 ここは野菜。
雑然とした感じがかっこいい。
このマーケットは、通常業者向け卸売市場で、木・金・土曜のみ一般客が入場できるのだそうです。

Dvc00030_2

卵屋さん。

衣装もいいですね~

Dvc00039

パン屋さん。

できすぎなくらい絵になってます。

Dvc00043
乳製品屋さん。
すぐに食べられるスプーン付きプリンがずらりと並んで、呼んでいます。

Dvc00040
コーヒー屋さん。

カフェを兼ねながら豆売りもしています。

コーヒーは一杯分ずつドリップ。

ここは本当に美味しい。

Dvc00029
 どこも素敵なディスプレイなのだけど、
こ、これは・・・

エイリアン風の演出?


 しかし、市場めぐりは本当に楽しかった!!
次回のロンドン旅は「市場」をテーマにしようと、心に決めました。

明日はもう帰国。離れがたいですが、楽しい空の旅も待っていることだし、最後まで味わい尽くします!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

パリでおおはしゃぎ

Dvc00027  ロンドンからパリへ、一泊旅行をしてきました。
ユーロスターで車窓を楽しみながら、約2時間半で到着。

Dvc00020  パリ一日目はずっと雨。気温もロンドンより少し寒め(たぶん10℃前後)。まずは地図を見ながら、ウィンドーショッピング。有名なブランドってほとんどがフランス生まれなんだなぁ~と改めて感心。普段はご縁がないのだけど、記念に入店してみたり。店員さんがステキ。

Dvc00024

 あまり下調べをせずに乗り込んでしまいましたが、大好きなマカロンだけははずせません。ああ、幸せ、出来立てマカロン。

 二日目は晴れて、気持ちがよく、ひたすら歩きました。名所旧跡は、たまたま出会えば「おお~」と見上げる程度。あちこち見たくて立ち止まれない!歩くことが最高の贅沢に思えます。キレイでかっこいいだけじゃないパリの姿も目の当たりにしました。異様に多い歩きタバコ、ポイ捨て、壁や電車内の落書き、街中にゴミ・・・。それでも、悔しいくらいに確かな魅力がある街。

 スケッチはこれまでのところ全紙どころか、F4も描いていません。
でも、食べ物日記は要所要所しっかりおさえていますので!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

いつになく、観光

Dvc00015

 昨晩降った雨もカラリと上がり、今日もいいお天気です。あちこちで水仙が咲き、桜らしき花も。

 朝は少し早めに目が覚めますが、時差ぼけもほぼ解消しました。

Dvc00014  今日は「テート・モダン」に出かけました。現代アートの美術館です。テムズ川沿いにあり、気持ちの良い立地。

 中に入ってすぐ目に飛び込むのが、美術館の床の端から端までに亀裂を入れた作品。
作品なのか災害なのかわからないくらいリアルで、衝撃的です。

Dvc00013 内部の膨大な展示は無料で見られます。ワンダフル、英国。しかし、正直申し上げて、モダンアートの鑑賞は戸惑います。よくわからない・・・

 ショップは楽しかった!
広~くて、アートブックがとっても充実。絵本や絵の技法書などもたくさんあり、一日中居られそう。ここで、ウィンザー&ニュートンの水彩絵の具色見本bookを入手しました。混色についても詳細が図解されていて、すばらしいんです!詳しくは、また後日。

 明日、明後日はユーロスターでパリに行ってきます!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

ロンドンで、春先取り!

Dvc00010 日曜日だけ開催されるフラワーマーケットに出かけました。すごい人!お正月前のアメ横のようです。そしてお花の香り~~~

 切花専門のお店、鉢植えのお店、グリーンだけのお店、サボテンのお店、、、見たこともないようなお花もたくさんあります。

Dvc00003 水仙、チューリップ、バラ、アネモネ、ガーベラ、ポピー・・・
春だ~!

皆さん買っていく単位が半端ない。枝モノも人気のようです。

Dvc00007

花束抱えてる男性って、ちょっと素敵。

Dvc00009
バラの花を買いました。
うっすらとピンク味がかった白いバラ。
シンプルな友人宅によく似合う。
茎も長く、お花も元気。こぶし大くらいあります。10輪で5ポンド(=1200円くらい)!
これだけ買う人がいるから、お花も安く売れるんだろうなぁ~

 夕方からは雨が降り出しました。それでもずいぶんと暖かいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

ロンドン到着

Dvc00001  23日午後15時、無事ロンドンに到着しました!空はどんよりしてますが、気温は12℃、コート要らず。

 今日は一週間お世話になる友人のお宅に荷物を運び込み、終了です。明日はフラワーマーケットに行く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

いざ、成田へ!

 そうなんです。岩手からですと、当日出発で午前中の便に乗ることはできません。というわけで、新幹線とスカイライナーを乗り継いで、成田で前泊。これもまた旅の楽しみを倍増させますね~。

 荷造りも済んで、余裕のある一夜を 旅本なんかをめくりながら過ごすワケです。   贅沢すぎるっshine
バチが当たらないように注意しながら、出かけることにします。

 では、行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ロンドンへの旅じたく

 いや~、東京の暖かかったこと!!でした~~~

Kami  さて、旅の準備です。
一番の悩みドコロは、スケッチ用の紙のサイズと枚数。
見ること、描くこと、食べることが目的の6泊8日ですが、同行の友人はスケッチをしない、そして冬、ということを考えて、今回はこのように。

・食べ物絵日記は充実しそう(願望)なので・・・SMサイズ20枚
・寒そうだけど描けるかもしれない屋外用に・・・F4とF6各3枚
・運命的なモノに出会った時のために・・・全紙2枚

ロンドンなので現地調達もできるでしょうけれど、やはり使い慣れたものが安心です。小さい紙がなくなったら大きな紙を切ります。

とはいえ、全紙は大きい。持っていくには気も遣うし場所もとる。けれど、持っているとなんとなく『せっかく持ってきたんだし』と、常に気になって、意識してモノを見るようになります。そして、これなら(がんばれる)!と思えるものに出会ったとき、ものすごい集中力でペンを走らせることができるのです。今までの全紙は全部そうだったな~
持って行って、白紙で持って帰ってきたことも多々ありますけど。

何より大事なのは、体調万全で行くこと!ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

ますますの春を感じに

Taroshi_web 今日はこれから東京です。
佐々木まき子さんの個展にも伺います。
一旦戻って、週末からは急遽、ロンドンへ行くことになりました。何かありましたら、木曜日までにご連絡下さい。

←さて、これが、たろし滝です。
2月11日に行われた測定で太さ4.8m=今年は豊作、と占われました。元気が出ます!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

春を感じて

 いちご狩りに行きました。
もちろんビニールハウスです。
Ichigo3_2 外の気温は-5℃だったこの日も、中の気温は25℃、ハウスに入ると甘~い香り。

 相変わらず、雪は自由気ままに降り続いていますが、少しずつ水を含んだものに変わってきている気がします。真っ白な雪景色が名残惜しくて、焦り気味に車でぐるぐるするんですが、描くとなると、なんとも大きすぎて、どーんとした雪景色は着手できないでいます。
情けない、情けない。。

・・・と追い込んで、ラストスパートする作戦 dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

るるぶデビュー!?

Rurubu  本日発売の「るるぶ岩手’08~’09」が届きました。ほんの少しだけお手伝いしたということで、ライターさんが送ってくれたのです。登場してるんですよ、絵じゃなくて私がcoldsweats01

 今年のるるぶ岩手は平泉が主役。
平泉町内の、中尊寺や毛通寺などが世界遺産登録間近(今夏)といわれているからです。実際登録されたら、世界遺産ハンターみたいな旅行者が大挙して、大変なことになるでしょう。そしたら、るるぶも売れるだろうな。
来年は絵で登場したいところです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

芯の芯まで

 「寒いねぇ~、ちょっと一杯、寄ってく?」
ってな感覚で、温泉に立ち寄れるのがこの土地の素晴らしいところ。

 盛岡の温泉で岩温浴、体験してみました。

Ganen_2 ぽかぽかの岩盤や天然鉱石の上に寝っころがって、大量発汗し、毒やら悪やらを体から追い出すのです。これがもう、本当にスゴイ!!! 私が気に入ったのは「岩塩」。ピンクの岩塩は見た目にも可愛らしく、丸みをおびた岩塩たちの上にタオルを敷いて寝ると、ほどよい刺激でもう最高・・・!大浴場は炭酸泉で、気泡に包まれてこれまた心地良い。

 効果としては、コリコリの首肩が軽くなったこと、夜になっても次の日になっても足先までぽかぽかなこと(いつも足先が冷たい)、ぐっっすり眠れて、お肌の調子もよい感じです。なんといっても、利用時間無制限で入浴580円+岩温浴300円というのが、スバラシイです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

寝冷え対策

Bathsalt  最近「バスソルト」なるものを使い始めました。(→イタリアの温泉の塩らしい)

これを入れて半身浴すると、ものすごい汗が出ます!頭から、顔から、ごんごん噴き出してきて、タオルで拭き拭き入浴するという感じ。お風呂上りのぽかぽか具合も長続きする気がしますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

犬っことわんこ

 この3連休は東北地方のあちこちでお祭が開催されていました。

Inukko3  秋田県湯沢市の「犬っこまつり」へ。
会場には、雪で作られた“犬っこ”と“お堂っこ”ペアが24基。
 390年も続く盗難魔除け祈願のお祭だそうですが、ほんものの犬連れの人もたくさんいて(愛犬祈願祭もある)、大いに犬っこを堪能できるお祭です。夜はろうそくの火が灯されて、とても幻想的なんだそうです。

Inukko1_2

 Wanko2_2 そしてこちらは「わんこそば全日本大会」。
毎年2月11日に花巻市(発祥地)で開催されており、今年は50回の記念大会。ルールは、5分間で何杯食べられるか。
過去最高は241杯、ほぼ1秒に1杯 !?

Wanko1_2 会場内は、応援の声と、そばを茹でるゆげ、そしてめんつゆの香りでムンムン。今年の優勝は大分の男性で223杯という記録でした。
いや~、見てるだけでおなかいっぱい。

それにしても、
 犬→犬っこ、お堂→お堂っこ。椀→わんこ。なんとも可愛いcatface

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

たろし、すばらし!

花巻市内にある「たろし滝」を見に行ってきました。

Taroshi1_2  たろし、とは“つらら”のこと。そう、つららの滝です。真冬には大氷柱となります。地元では、その太さでその年の作柄を占うのだそうです。過去最高はなんと8m(昭和53年・大豊作!)。

 小さな駐車場に車を停め、そこから歩いて滝まで行きますが、これがなかなかの険しさ。とにかくすべる!ロープにしがみつき、腕で上る感じ。途中で脱落する人もいるほど。

Taroshi2  しかし!がんばってたどり着ければそこは神秘の世界typhoon
素晴らしさにため息(息切れ含む)~~~
久しぶりに描きたいッという衝動にかられ、ダメ元で持って行ったスケッチブックを取り出しました(写真の右端にご注目)。寒いは寒いけれど、風雪をしのげる上、足元が土ということで案外ねばれます。ただ、写真を撮りに来る人が多いので、その度によけたり隠れたりは忙しかったです。

Taroshi3  


さて、今年は何メートルかな~
測定は2月11日です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月 5日 (火)

東京を描く会

 「TOKYO野外スケッチの会」というものを始めました。
2ヶ月に1度、東京のあちこちをスケッチしましょう~という会で、21名のご参加をいただいております。

 初回は浅草。浅草は記憶がないくらい小さい頃に行ったきり。けれど、どこを歩いても初めてではない感じ。散々テレビでも取りあげられているからかな。すごい人だったけれど、日本人は少数派でした。

Asahi  そんな中、はじめて知ったことが!
個性的なオブジェで有名なこの建造物。
隣のビルはやけに黄色いなぁ~とは思っていましたが、なんと、これってジョッキに入ったビールなんだそうです!!
 し、知らなかった・・・、多くの方はご存知のようでしたが。強烈な隣(「」です!)に気を取られて、全然気づかなかった・・・すごい。

 次回はアキバ。益々勉強して参ります!!

 皆さんの作品は3月上旬、ホームページで発表です☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

改めて惚れる・・・

Snow4_3  朝起きたら、外は一面の雪で・・・ と、一見いつもの「雪ネタ」のようですが、ちょっと違います。
 なぜならそこは東京だから。

 久しぶりに見た東京の雪、そう、そう、これよ~。
大粒で、歩くとシャパシャパして、あっという間に汚れ、消えてしまう。

 再認識しましたが、岩手の雪とは似て非なるもの!例えて言うなら、私はたまに「色白ね」と言われますが、岩手の色白さんはもう比べるのも申し訳ないくらい白い。洗剤のCMではないけれど、“白さが違う”!白を通り越して透明!? 肌理(きめ)が違うのです。

 この別格の雪の輝き、素晴らしさを、スケッチの皆さんに会うたび、白めの顔を真っ赤にして力説するのですが、「でも、寒いでしょ~」で済まされてしまう。。ええ、寒いですとも。体に悪いくらい。
しかし、犠牲なくして、でっかい感動は得られないのです!

 寒いし、雪かきは大変だし、岩手のみなさんも口を揃えて「雪は嫌」といいますが、そこには、わが子を謙遜するようなあったかい愛情と秘かに誇らしく思う気持ちがある気がしてなりません。

 だって~、あまりに美しいから!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »