« 日本画教室 | トップページ | 日本画教室-2 »

2008年5月30日 (金)

できるやり方で

 週末、親しい友人の結婚式があります。
ウェルカムボードを頼まれました。披露宴会場の受付横などに置く絵ですね。私にとっては5カップル目。ウェルカムボードの役割は果たしていないかもしれませんが、私はお二人の思い出の地や好きな風景を描いて、小さくメッセージを添え、お贈りしています。
 式の後には、お部屋に飾っていただけるように、額縁も相談しながら決めます。おかげでとても楽しい作業です♪

080522_142404_2   さらに、式の日には華々しい場所に飾ってもらえて、誇らしいことこの上なし。
 遠くから受付付近の人々を見張ったりeyediamond 
だいたい素通りされてますけどね。
いいもん、いいもん。新婚さんの新居での再会を楽しみに、送り出すことにします。

|

« 日本画教室 | トップページ | 日本画教室-2 »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ここの所雨続きだった東京も週末は良いお天気みたいだねsun
ワカナちゃんの幸せ笑顔が目に浮かびますwink
同じ頃、同じ日本の空の下より、心からワカナちゃん&ケンちゃんお二人の幸せをお祈りしていますbell
ウェルカムボードも含めてしっかり写真撮って来てねgood

投稿: アキ | 2008年5月31日 (土) 00時56分

to.アキちゃん
 前日だというのに、キメ細かく連絡をくれる相変わらずのワカナちゃん。あしたは存分に主役を満喫してもらいたい!写真いっぱい撮ってくるねheart01 

投稿: keiko | 2008年5月31日 (土) 17時26分

Kさん!!!
改めまして、スケッチ、本当に本当にありがとうございました!!!未来への道を感じさせる、優しくて幸せなスケッチ。一生のタカラモノです!りんごの花も淡いグリーンも空の色も、Kさん作品でダントツmy No 1です!!!
メールでもご報告した通り、今まで色々見てこられただろう目の肥えた介添えさんや司会の方からスケッチの事を散々聞かれて、絶賛されていました!どなたが描かれたのかとか、本当に素敵♪とか、こりゃ披露宴も序盤のうちに、是非皆さんに岡部さんのお名前紹介しましょう!とか!「選ばれた恋」、りんごの花を見る度に初心に戻って、これからもがんばって行きたいと思います。大切にします、本当にありがとうね!新居にも本当に近いうちに遊びに来てください☆

投稿: wakawacafe | 2008年6月 3日 (火) 16時02分

to.wakawacafeちゃん
 ほんとにほんとにほんとにほんとにおめでとう!
こちらこそ、素敵なお式に呼んでいただけて、もう最後に近づくにつれただただ感動。
 絵も気に入っていただけて(いろんな方々にも)よかったです。通りすがりに写真を撮ってくれてる男性がいて、呼び止めて握手を求めたくなりました。晴れ舞台に飾っていただき、こちらこそありがとう!ぜひ、ご夫婦で実物を見に岩手にもいらして下さいapple

投稿: keiko | 2008年6月 4日 (水) 00時09分

それはそれは、こちらで見ることは
できるのでしょうか?未来への道・
優しく幸せ・・・素晴らしいフレーズ
だな~お幸せに^^

投稿: シン | 2008年6月 5日 (木) 07時18分

wakawacafeさん、本当におめでとうございます!!
写真みたいな〜!!!
今度またゆっくり会いたいです♪

そして、ボードの絵も見たいー!

投稿: ねもち | 2008年6月 5日 (木) 20時46分

to.シンさん
友人へのメッセージありがとうございます。
絵はこちらに掲載しましたので、ご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/snowparadise/work08.htm
江刺紅果園さんの王林の花です~
幸せを心から願いつつ。

to.ねもち
とーーーっても可愛かった!!!
写真整理してるとこです~
お楽しみに♪

投稿: keiko | 2008年6月 6日 (金) 09時19分

アキちゃん、シンさん、ねもち、
メッセージをありがとうございます!!!

Kさん、
収穫の季節になったら、りんごシャワーの中、
江刺紅果園さんとこの「未来への道☆バージンロード」を是非歩きたいです~♪

投稿: wakawacafe | 2008年6月 6日 (金) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/41375360

この記事へのトラックバック一覧です: できるやり方で:

« 日本画教室 | トップページ | 日本画教室-2 »