« 岩手に戻りました | トップページ | 屋久島で出会った、ものもの »

2008年6月17日 (火)

森と水の王国、屋久島

屋久島は、海の上に浮かぶ、大きな森でした。

今回最も訪れたかったのは「白谷雲水峡」、往復4時間のトレッキングに行ってきました。

Yaku1_4滑りやすくなっている山道に緊張しつつ、ピンクのリボンを目印に、森へ分け入ります。

Yaku7_3 歩きながら、気付くとすぐ近くにヤクシカが。野生の動物がこんなにリラックスしている姿ははじめて。

Yaku2_4

飛び石は、雨で増水すると通れなくなります。

抵抗する余地のない大自然の前では、無力で素直な子供に戻るほか無く、けれど、それは意外に心地の良いものでした。

Yaku3_2 憧れの屋久杉。
七本杉は樹齢2000年を越えているとか。がっしりと大地を掴んでそびえ立つ姿は、まだまだ現役。

若々しく、力強く、そして優しい。
今を生きている生命感に満ち溢れています。

Yaku8 地表を覆う苔は、常に十分な水を湛え、森を守っています。

屋久島の天然水は超軟水。とろとろと舌にからみつくような柔らかさです。

Yaku4_4

そして、ここが目的地「もののけ姫の森」。映画のモデルとなった場所です。

奇跡的に一瞬射した陽の中に、本当に森の神様が居そうな気がして、高揚。

しばし沈黙。

十分に身を浸した後は、強まる雨足に追い立てられるように、山を駆け下りて無事下山。その後、帰る日まで、大雨が降り続き、帰りの船・飛行機があやぶまれるほどでした。

あの日、森を歩けたこと、見たかった景色にたどりつけたこと、
森の神様に感謝。

|

« 岩手に戻りました | トップページ | 屋久島で出会った、ものもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

無事に帰ってこれて何よりです~おかえりなさいsun
keiko先生のブログを見れば良かったですね。。
その考えが浮かばず、携帯で安否確認すみませんでした~。
ああ、屋久島はやっぱり素敵ですね~。
去年、伊勢神宮にいってその森の不思議な感覚に感動したのですが、
屋久島はそんな比じゃないですね。
ヤクシカが近くにいる写真なんて、よく考えるとすごい!
keiko先生だからヤクシカも近づいたのかもしれませんねwink

投稿: フーコ | 2008年6月17日 (火) 19時03分

to.フーコさん
 ただいま~!
安否確認嬉しかったですよ~!
屋久島、想像以上にいいだろうな~と思っていましたが、さらにそれを上回る良さでした。
伊勢神宮もすばらしいですよね。
日本にもまだまだまだまだまだ、ステキで未知の場所がたくさんある、そのことを確信できたのも大きな収穫でした。
この勢いで・・・次は白神山地を狙います!

ヤクシカ、嬉しいこと言ってくれます~happy02
また会いにいくぞー!

投稿: keiko | 2008年6月18日 (水) 00時13分

わぁ~、見ているだけで森林浴できそうな
写真です。そこにいるだけで幸せな気分になれそうな森。
きっと初めて行ったら圧倒されて
描けないだろうな。そんな気がします。
それでもいいから行きたいです。

投稿: Harumi | 2008年6月18日 (水) 06時56分

to.Harumiさん
 こわいくらい凄まじい森なのに、全然怖くないんです。
Harumiさん、そうなんです。
描けませんでした。
正確には、描こうと思えなかった。
描かせてもらうなんて、私には100年(1000年)早い・・・

むしろ、ここは充電するところ、
そんな感じです。
ぜひ。

投稿: keiko | 2008年6月18日 (水) 08時30分

おかえりなさ~い!
写真からも-イオンがいっぱい伝わってきます。
ピンクのリボンの道案内や、
ヤクシカとの遭遇なんて、
まるで童話の世界に飛び込んだようですね。素敵!!

投稿: kaoru | 2008年6月18日 (水) 09時42分

to.kaoruさん
 イオン吸ってください~
ヤクシカのほかにヤクザルとの遭遇もありましたよ。食べ物は豊富にあるようで、ゆったりしていました。
何もかもが、日常とはかけ離れていて今思い出すと夢の中の出来事だったように感じます。

投稿: keiko | 2008年6月18日 (水) 10時11分

お帰りなさいませ!!
期待していた屋久島での写真が見れて嬉しいです♪
やはり屋久島いいなぁぁぁぁ~
絶対行こう!!!!

岩手では地震がありビックリしました。盛岡の方は全然大丈夫だったようです。
もうすぐ私も岩手っ子になりますので宜しくお願い致しますhappy02

投稿: すいか | 2008年6月18日 (水) 14時50分

無事のご帰還おめでとうございます。
森の写真は、もののけ姫そのものですね。

南国の雨は、バケツをひっくり返したように降ると聞いたことがあります。
雨も含めて屋久島なんだと思います。
と考えると、屋久島の神様に大歓迎されたんじゃないですかー。
返す返すも羨ましい~この一語に尽きますね。

投稿: takki | 2008年6月18日 (水) 19時47分

う~む。この圧倒的な緑はタヒチの山々
の神神しい緑を思い起こさせてくれました。
すごいな~ハッとしましたよ。

投稿: シン | 2008年6月19日 (木) 13時45分

地震があったとき、元教室仲間のTさんと
「keiko先生は大丈夫かしら?」と
心配していたのですが、屋久島にいらしたんですね~。

「大自然の前では無力~だけどそれは意外に心地よい」という感じ、
わたしも屋久島で似たような思いを抱きました。
川を泳いでいたときに突如
ものすごい脅威と畏怖を感じたあとに
何故かものすごくあたたかい安心感を感じたことがあって・・・。

うわ~また行きたくなってきた!!!
いつかKeiko先生の屋久島見たいです。
わたしには1万年くらい早そうなので・・・。

投稿: | 2008年6月22日 (日) 20時57分

to.すいかさん
 屋久島、ほんとにいいよ!!!
岩手にもいいとこいっぱいあるけどね♪
早くこーーーいhappy01

地震びっくりしましたが、九州の大雨も大変。
ご実家、何ともないとよいのですが。

to.takkiさん
 もののけ姫はあまりにそのもので、
画力と目のつけどころに心底感服いたしました。

 雨は強弱絶え間なく降っているのですが、
外に出てみると音ほど激しくない、という印象でした。
きっと、たくさんある葉や水たまりが、
雨音を増幅させているのだと思います。
屋久島上げての大歓迎に、大感激!
うらやましいでしょ~wink

投稿: keiko | 2008年6月22日 (日) 23時11分

to.シンさん
 タヒチに行かれたことあるのですか!!
そ、それは羨ましい~
旅に行けば行くほど、行きたい場所が増えます。

to.葉さん
 そうそうそう!
圧倒的にこわいくらい大きくて、
でもぞっとするという感じではなくて(深い海やヨーロッパの懲りすぎた建造物などにはたまにぞっとするのだけど)、あの不思議な開き直り感みたいなのは、なんなんでしょうね。
にしても、"川で泳ぐ"とは、またアクティブな。今度詳しく聞かせて下さい。

屋久島は住まないと描けない気がします。

投稿: keiko | 2008年6月22日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/41560410

この記事へのトラックバック一覧です: 森と水の王国、屋久島:

« 岩手に戻りました | トップページ | 屋久島で出会った、ものもの »