« 大きな志 | トップページ | 再び、遠野へ »

2008年7月 9日 (水)

日本画教室-4

Shitanuri  2週お休みしてしまった日本画教室。

案の定、みなさんとても進んでいて、焦る!一人別指導していただき、必死で作業をするも、皆さんの"色作りの話"なども気になるし、さらに焦るsweat01sweat01

 そんな中、行った作業は、
① デッサンして構図を作りこんだ絵をトレーシングペーパーに写す
② 半紙に木炭をこすりつけてカーボン紙(念紙)を作る
③ 下塗りをしたパネルに②を使って①を転写する
④ 転写した炭の線を、具墨(墨+胡粉)でなぞる・・・骨描き
⑤ 骨描きの線の中を胡粉で塗る

 ひとつひとつの作業の、なんと手間のかかること!
蕎麦でいえば、粉から打つ感じ。普段、乾麺で美味しくいただいている者としては「なんで、ここまで!?」と。 その無駄に(失礼)手間のかかるところが、たまらなかったりするのですが。

 でも、今回大きな失敗!
④まで終えて、何か他の人と違うなーと思い、帰ってからいろいろ調べたところ、骨(こつ)描きは「筆を立てて細線で、均一に」というようなことが書かれていました。しかし・・・私はいつもの癖で、おもいっきり抑揚を付けて線を描いてしまったのですshock

いつもと違う世界で、新しいものを作りたかったのに。
ここからなんとかならないか、次回要相談!

■ 今日の一絵 ~ 盛岡 一茶寮 ~

080517_web  岩手スケッチ合宿の際に「まずは、一杯」と入ったお店。このあと"じゃじゃ麺"という予定ではありましたが、名物セットも堪能したいということで。ここも蔵を改造したカフェ。蔵の中ってどうして落ち着くのでしょう。農機具をリサイクルした家具小物も、見逃せません。

蔵好きの方にもおすすめ↓
 岡部慶子スケッチ展 江刺で開催中! 

|

« 大きな志 | トップページ | 再び、遠野へ »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

個展・展覧会」カテゴリの記事

岩手」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やってますなぁぁ~、根気のいる世界!あたしには無理かも、油絵もほり投げたもん、しゃらくせぇぇって。けいこさんきっと合ってるんだよ”作業”ってこと自体が!
とにかく来週会えるのを楽しみにしてます、むふふ

投稿: 泉 | 2008年7月 9日 (水) 09時18分

to.泉ちゃん
 作業好きです。作業で爪の中まで真っ黒になってるのに、うっとりしています。

 来週、朝までトークね!!

投稿: keiko | 2008年7月 9日 (水) 09時34分

Keiko先生、るるぶ岩手、改めてチェックしました!ちゃんと載ってる!凄いです!
スケッチする後姿もあって、ニヤリ☆でした。
日本画の、念紙作り、既製のカーボン紙を使用してはダメなんでしょうか。

投稿: わかな | 2008年7月 9日 (水) 23時33分

to.わかなさん
 恐縮です。さりげないエキストラぶりでしょ!

 既製のでも良さそうですが、こういう古典的で原始的な方法を教われるのも嬉しいです。昔の人っていろんな工夫をして絵を描いたんだな~って感心することばかりです。

投稿: keiko | 2008年7月10日 (木) 00時56分

happy01好き好き!古典的手作業大好き人間にとっては、ひとつひとつの工程が堪りませんね~!
頭の中で自分も参加しているみたいに反芻していました。
 今のところ公開講座は来年までなさそうなので、こちらで勉強させていただきま~す。

投稿: kaoru | 2008年7月10日 (木) 21時41分

to.kaoruさん
 kaoruさんもお好きそうですね!
ことばでは伝えきれないこともいっぱいあってもどかしいですが(溶いた胡粉の触感とか~heart01)、妄想を膨らませてお楽しみいただけたら嬉しいです!

 私も今継続するかどうか悩んでいるところです。
とにかくガソリン代は上がる一方だし・・・高速使うので、交通費だけで1回13000円ほどかかるのですwobbly

投稿: keiko | 2008年7月12日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/41783353

この記事へのトラックバック一覧です: 日本画教室-4:

« 大きな志 | トップページ | 再び、遠野へ »