« 季節を味わいに | トップページ | 八幡平で、贅沢なひととき »

2008年10月20日 (月)

憧れの、稲刈り体験

Inekari1  稲を刈らせてもらいましたshine
sobe's cafeオーナーさんの無農薬玄米の田んぼです。

 田んぼに下りて、まず驚いたのは稲の背の高さ。てっきり、30センチくらいなのかと思っていたら、腰近くもあるのね!おみそれいたしました。

一株掴んで、根元をカマで手前にザクっと切ります。周囲からは、ザッザッザッ、っと軽快な音がしてくるのに、私は、ザ・・ギシギシ(一気に切れなくてあがく音)ザ・・・(なんとか一株)、という感じ。遅いわ、稲穂はぽろぽろ落とすわで、ひどい足手まとい。

Hanamaki_3 そのくせ、お昼はお宅におじゃまして、ひっつみ(郷土料理で、すいとんのようなもの)を2杯もおかわりheart04

  もう先週末で、ほとんどの農家で稲刈りが終了しています。

 風景が急に静まり返り、いよいよ雪の予感がしてくるのです。

■今日の一絵 ~ 北海道 牧場め~ぐ~り~♪ ~

080915_3_web 毎年北海道へ一緒に行く友人は、三度三度の食事のほかに、日に5個のアイスクリームを食べます。その執着っぷりは尊敬に値しますが、私にできることは、1秒でも早く、溶ける前にそれを描き取ることだけです。ですので、味の評価はほとんど彼女によるものです。

|

« 季節を味わいに | トップページ | 八幡平で、贅沢なひととき »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

岩手」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

むかし、昔のそのむかし秋には農家に稲刈りのお手伝いに行きました。(勤労奉仕!!)
ご褒美に銀の大きいおむすびとさつまいもの蒸かしたもの・・当時は凄く最高に美味しかった思い出です。稲刈り、下手だったと思いますが、人手が欲しい時代だったのですね・・と先生の稲刈りの格好いい写真を拝見して・・さてあの頃の私の格好は??

投稿: kayo | 2008年10月20日 (月) 11時47分

先日は、偶然お目にかかれて、ラッキーでしたhappy01
稲刈り、楽しそう♪なかなか切れなくてあせったでしょ?手足が無事でよかったhappy02
10年以上前、名古屋に住んでいたときに、生協の自然農法の実験用の田んぼを訪ねて、田植え、放鳥(欠席)、虫見会、稲刈り&新米おにぎり、という企画に参加しました♪
稲刈りといっても、すでに刈ってある稲を運んで機械に入れたり、落穂を拾ったり、というお仕事(?)でしたが、子どもたちは藁にまみれながら虫や蛙を追いかけて大騒ぎ。当時6歳と3歳だった息子と娘が、田んぼの泥や藁や土の感触を覚えていてくれるといいな・・・lovely

投稿: mitch | 2008年10月20日 (月) 12時56分

to.kayoさん
 外で働いて、外でいただくごちそうは、本当に美味しいでしょうね。それも、kayoさん大好物のさつまいも!
 農家の方々は理にかなったいでたちをされているのですよね。かっこよかったなーーー


to.mitchさん
 ほんとうに!一瞬でしたが、お会いできて嬉しかったです。
稲刈りは思った以上に難しかったです。
足刈りにならなくてよかった・・・

虫もいるし、チクチクするし、とにかく重労働!
ますますお米のありがたみを感じました。
お子さんたちもいい体験をされましたね。
虫を凝視したり手づかみできる時期に行くのはほんと貴重で、楽しかったことと思いますよ~foot

投稿: keiko | 2008年10月20日 (月) 13時36分

実践するなんて、おぬし、やるのぉ~~~^0^ほんと、ありがたく頂かないとね♪一緒の玄米食ってことで、うれしいな♪
昨日、大阪でとんでもなくオシャレなカフェ見つけました。きっとkEIKOさんも好きだと思う

投稿: 泉 | 2008年10月21日 (火) 16時50分

to.泉ちゃん
 うん!念願かなって!
泉ちゃんも玄米だったんだ~
これ、やみつきになるよね。
噛み締めた感じが、もう!
 大阪のカフェ、ブログで見たよ~
美香さんと同時期に友人が大阪に引っ越したので、いっぱい口実ができました。大阪行きたい!

投稿: keiko | 2008年10月21日 (火) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/42847826

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの、稲刈り体験:

« 季節を味わいに | トップページ | 八幡平で、贅沢なひととき »