« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

山形にて、夏満喫

Koshi  山形へ行ってきました。
近県とはいえ、片道3時間。

目当ては、大好きな甘味処の夏期限定かき氷と、
今が旬のさくらんぼ
天童市にある甘味処では、
一枚描いたので、色塗り後にまたご報告します。

Sakuranbo4  さくらんぼは東根市にある産直にて、今月いっぱい「佐藤錦のジェラート」も食べられるということで行ったのですが、なんと完売weep

せめて、採れたてを買って帰るかと、広い店内を見てまわるものの、さくらんぼって本当に高い。

“ご贈答コーナー”と、“自宅で楽しむコーナー(傷ものや、こぶりなもの)”とに分かれており、手の出ないご贈答用は見学のみで目の保養に。

Sakuranbo3_2 そして“自宅で楽しむコーナー”で小さな佐藤錦の袋詰め(350円)を買って帰ったのでした。小ぶりだと、種の存在が大きくて、食べても食べても物足りない感じ・・・贅沢できないのは自業自得ですが。

かき氷は、生涯ナンバーワンの美味しさだったので、よしとします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

みちのくあかね会へ

 今日は、盛岡市にある「みちのくあかね会」を訪ねました。
20名ほどの女性が、手染め、手つむぎ、手織りをする“ホームスパン”を受け継いでいます。

 古い病院を改装したという建物は野の花に包まれていて、味わいがあります。興奮しすぎて写真を撮るのを忘れてしまい、後悔!

Oriza2  事前予約をすると、工房内や作業をされている様子を順を追って案内していただけます。

 糸をつむぐ人、機織りをする人、
それぞれのたたずまいがとても美しく、仕事への誇りを感じました。

 今の時期は毛のものではなくて、綿の布を裂いて織る「裂き織り」がメインだそうです。しっかりとした織り上がり。そして美しい。

Oriza1  工房見学の後は作品を購入することができ、その豊富なラインナップに大興奮。
 いっぱい買ってしまいましたが、これはその一部。裂き織りのコースター、ポーチ、ペンケースです。ひとつひとつ表情が違うのですよ。

 一織り、一織りの姿を思い出しながら、大切に使います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年6月23日 (火)

こぎん、その5

Kogin7_4

 

 勢いに乗って、
 こぎん刺し5作目。

 たんぽぽのような
 ねぎぼうずのような、
可愛らしい花に見えますが、そこをあえて墨色の糸ってところがモダン。

             大きめのがま口、どうでしょう、男性にも。   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

香りと彩りの共演

Lavender  ラベンダーというと、綿棒のような花が群生している様子ばかりが思い浮かびますが、ひとつひとつ花が開くのですね。

嗅いでみると、とても優しい、甘い香り。
アロマやハーブティの、いわゆる「ラベンダー」の香りは、遠くにほのかに香る程度。

Lavender_t_2  Sobe's cafeでは、こうしてタルトにあしらわれて。

「陣痛のときにラベンダーがいいよ」というアドバイスもいただきました。花言葉は『あなたを待っています』・・・まさに。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2009年6月18日 (木)

こぎん、その4

Kogin6_2 こぎん刺し、4作目。
初めての横長タイプ。
松葉柄。
めがねも入ります。

案の定、はじめたら
止まらない~
がま口加工にも慣れ、
1日で完成。

何かひとつ、作りあげた日って充実感あります。
仕事でも、手芸でも、料理でも。

「絵日記教室」の皆さんの作品を更新しました。
あと、ちょこちょこっといただいている仕事についても。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

初夏の宝石

Sakuranbo1_2  山梨の友人がさくらんぼを送ってくれました~fuji

地元だから手に入る、ハネ出し(規格外)のさくらんぼたちで、佐藤錦と高砂の豪華ブレンド。

一度、さくらんぼの選別・箱詰めの様子を見学したことがありますが、ものすごく厳しい!
本体が無傷なのはもちろんのこと、ヘタと実がしっかりくっつていて、かたちがきれいなもの、そして一定以上の大きさのもの。
ハネ出されるもののほうが多いのでは、と思うほど。

Sakuranbo2 でも、こんなオトクなハネっ子たちもいるのです。
双子ちゃんたち。可愛いし、おいしいし、贅沢~

旬が短く、保存のきかない果物からは、作る人の緊張感や安堵も伝わってくるようです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

近況をつらつらと

Suiren 岩手も梅雨入りしました。

まだ気温が低いので、じめじめした感じはなく、雨上がりは新緑が爽やか。今年は、定額給付金でフンパツした雨傘があるので、雨の日もルンルン。

 家のパソコンの調子が悪くて、作業中に何の前触れもなく、プツンと落ちて、勝手に再起動します。今朝も5回繰り返し、ようやく今安定しつつあるところ。でも、いつまた機嫌を損ねるかわからず、ハラハラしながら、優しめにキーボードをたたいています。

 お腹の赤子は2000gを超え、寝るときに仰向けになるのがきついです。心臓が圧迫されるのか息苦しくて。寝返り打つのも一仕事。
青菜ジュースは続けています。おかげでお肌の調子が良い!

 今、興味があるのはルイボスティーですが、どうなんでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

~拝啓 三十五の私に~

 アンジェラ・アキのコンサートへ行ってきました。
コンサートというものに行くのは、多分人生で6回目くらいですが、誰のコンサートでも、毎回、出だしに本人が登場した瞬間、泣いてしまいます。なんというか、これだけの人を集めて熱狂させる、その本人が今、目の前にいる、というだけで、もう感無量なのです。

 今日はさらに、予測不能な涙が何度もこぼれました。歌詞とか演出とか、そういうものにではなくて、あのか細い体の女性のどこから出てくるのか、ものすごいパワーで、何かを表現することに全身全霊をささげている姿に、ただただ感動してしまうのです。

 CDはそうとう聴きこんでいきましたが、本物は別物です。声量も半端ない。当然のこととして、完璧な「上手さ」があるので、安心して身を預けることができます。世界に入り込み、体温を感じ、たくさんの疑似体験をすることができました。

 すばらしいアーチスト。これからまだ30本以上のコンサートで全国をまわるそうです。自分にサボリ心が表れたとき、彼女の100%のがんばりを思い出したら、一緒にがんばれそうな、そんなお土産をもらってきたのでした。

Angela

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

春の散歩道 北上和賀川

Poppy1  友人が連れていってくれた、河川敷の公園に、可憐なポピーが咲きあふれていました。なんともいえない、キュっと濃い朱赤。どう塗ればこの引き立つ赤を出せるだろう・・って考えていたら、久しぶりに花を描きたくなりました。今度はスケッチブックを持って出かけよう。

 お腹は9ヶ月に入りました。重いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »