« ならでは、探しの旅 | トップページ | 師走のつぶやき »

2010年11月27日 (土)

風聞園 野草スケッチの会2010

 5月からはじめた、風聞園での「野草スケッチの会」全6回が終了しました。ご参加いただいたのは5名。毎回、それぞれ好きなものを描いて色塗り。2時間半の時間配分は各自で。私はちょこちょこと皆さんの絵を覗きながら、自分も描いていました。幸福な時間。

ご参加いただいた方々の作品一部をご紹介します。

■ kozueさん

Kozue_1_2

素直な視線と細やかな観察眼が光る作品です。とげとげのある葉は根気よくとげとげを描き、どこを描いているかわからなくなるようなモチーフも描き急ぐことがありません。筆の運びも細部まで本当に丁寧。小さな花たちがそっと咲くように、さりげないけれどじっくり時間をかけて描かれています。

■ hiromiさん

Hiromi_1_2 

おしゃべり好きなhiromiさんが、いったん集中し出すと別人のように無口で没頭。声をかけても聞こえないくらいに。そうして描かれた植木鉢と緑は迫力すら感じられます。周囲の小物はスケッチ会での思い出の品々。『いいな!』と思うものを見つける判断力の早さと無謀さが頼もしく羨ましく、仕上がった作品はどれも楽しいです。

■ norikoさん

Noriko_1

見た目からしてアーチストなnorikoさん、モチーフも独自の視点でおもしろいものを見つけ出し、そのものが持つムードを感覚と技術で再現されます。犬がお好きで、風聞園でも犬のそばに腰をおろしてスケッチしていた姿が印象的でした。スケッチは描く環境も絵に影響します。一枚一枚愛情深く仕上げられています。

■ motokoさん

Motoko_1

スケッチ姿がとても絵になるmotokoさん、つい毎回のように写真を撮ってしまいました。すっと伸びた背筋、スケッチもすっと潔い線で描かれます。モチーフの切り取り方もシンプルで、はがきなどに添えられたら素敵だろうな、と思わされた作品です。余白を生かして額縁に入れたら、さらに映えると思います。

******************

風聞園も今年の開園は明日まで。そして、来年の春まで休園です。その間も山野草はタネを落としたり栄養を蓄えたり、雪の中で芽を出したり、成長し続けていくことでしょう。

野草スケッチの会も、また春の訪れと共に再開する予定です。
また皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

今年覚えた山野草、来春まで覚えていられますように・・・
人気ブログランキング

|

« ならでは、探しの旅 | トップページ | 師走のつぶやき »

スケッチ・スケッチ教室」カテゴリの記事

岩手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/50148688

この記事へのトラックバック一覧です: 風聞園 野草スケッチの会2010:

« ならでは、探しの旅 | トップページ | 師走のつぶやき »