« 地震、4日目 | トップページ | 地震、6日目 »

2011年3月15日 (火)

地震、5日目

電気、水道、ガスが元通りになって一安心ではあります。でも、ここに住んでいる限り、ガソリンも必要不可欠です。周囲の皆さんが同じ状況です。今朝は5時台に起きて並びに行きましたが、お話になりませんでした。何キロも続く長蛇の列。もしかして前日から並んでいるのかもしれません。車内には帽子にマフラー姿の人々がエンジンを止めて、開くかもわからないガソリンスタンドに並んでいます。どんなに並んでも、営業がはじまってみたら「本日緊急車両のみ」とか「残量1/4以下のみ」とか、中には「会員様限定」なんて言われても、黙って列から外れるしかありません。明日のことを聞いても「明日のことは明日にならなければわからない」と言われ、そうですよね、と心から思います。今日もあきらめました。このままでは夫が通勤できませんが、会社も再開していません。

物資の供給がしばらくないかもしれないという不安から、昨日は食料を探しました。ラジオで営業再開と言っていたスーパーに行くと、思っていたような行列はなく、もしかしてもう何も残っていないのかと不安な気持ちで入店しましたが、驚いたことに野菜などまだまだありました。買い物をする人たちの間には、無駄に買い占めるなんて雰囲気は微塵もなく、労わり合って譲り合っているように見えました。牛乳は1家族2本まで、卵は1パックまで、というのが唯一の規制でした。コンビニはどこも店内完売状態です。ただ、雑誌コーナーだけは整然と雑誌が並べられています。確かにまったく手に取る気になりません。もう少し落ち着けば、このコーナーが私たちの生活を元気づけてくれることと思います。新聞だけ毎日、1~2部買います。こんなときでも各社揃っているのはすごい。前線で取材する人、日夜報道し続ける人々の苦労にも感謝しなくては。

余震は続いています。もうテレビの速報にも出ないことが多いです。我が家では一歳の息子がいち早く気づいて「あ」と立ち止まったりします。小さいなりにストレスがあるようで、地震以降ずっと便秘です。親の不安が伝わっているのかもしれません。笑顔を作らなくては、と思います。

|

« 地震、4日目 | トップページ | 地震、6日目 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

慶子さん、今回は大変だった事と思います。まだまだ先の見えない状況だけど、
何か送れるものがあったら何でも注文
してね!頃合を見てまたメールします☆

投稿: maiko | 2011年3月15日 (火) 11時00分

情報は掴んでいるかもしれませんが、
一応下記URLを載せておきます。
ガソリンの備蓄を放出するので、少しは良くなるかもしれません。 http://www.mbs.jp/news/jnn_4673788_zen.shtml

投稿: かねこ | 2011年3月15日 (火) 12時48分

そうよね。子供は大人以上に敏感だよね。きっと全部わかってるんでしょうね。
離れたところにいるうちのちび太さえ金曜から不調になり日曜から高熱がつづいてます。テレビのニュースはイヤって言って消すし。
はやく元にもどってスキーする姿がみられるよに心から祈ってるね!
こちらは今夜から計画停電!そっちに電気まわすぞ〜!

投稿: 草原のいぬ | 2011年3月15日 (火) 14時56分

息子はテレビで覚えたのか「じしん、こわーい!」と。
でもすごい笑顔で言うので
わかってんだかなぁって感じですが、
わたしがふと「どうなっちゃうんだろ」とか口にしてしまうと
「ママ、だいじょうぶ?」と聞くんです。

ほんとに小さいなりに大人の不安を感じとっているんですよね。
わたしも笑顔を忘れないようにしなくちゃ。

まだまだ不安な日々が続きそうですが、
どうぞご家族みなさま体に気をつけて・・・

投稿: 葉 | 2011年3月15日 (火) 17時13分

ライフラインが復旧したようでよかったです。。。
TVのニュースがずっと流れていて、子供心にブルーになるらしく、たった3歳ですが少し元気がありません。
親もつい笑顔が減ってしまうし。。
一日も早い復興を祈って、節電がんばりますっ!

投稿: ねもち | 2011年3月15日 (火) 22時16分

大地震が起きてから、節電のためになるべくPCを見ないようにしていたので、今日久しぶりにブログを見ました。
私にとって、keikoさんの日記は、どんな報道よりも生々しく現地の様子が伝わる気がします。
keikoさんのおかげでその魅力を知った岩手、そのみなさんの一刻も早い復興を祈っています。
祈ることと節電と募金くらいしかできないのですが・・・。
どうかどうかお気をつけて。そして息子さんのためにkeikoさんらしい笑顔でwink
(もしも何か具体的にできることがあったら何なりと言ってくださいね!)

投稿: chinatsu | 2011年3月15日 (火) 23時46分

まずはご無事で何よりです。
岩手=keiko先生のイメージが強いのでドキドキしていました。
文章を読むとリアルな現実が伝わってきます。
とにかく一日も早くいつもの生活に戻るようお祈りしています。
携帯メールはまだ混乱が続きご迷惑と思いますので、こちら(ブログ)からお見舞いを申し上げます。

投稿: Buna | 2011年3月16日 (水) 06時32分

ブログを読んで少し安心しました。
直接のひどい被害はなかったようですが、救援が
遅れているようですし、原発も楽観できる状態で
はありません。
お役に立てることがありましたら、何なりとおっしゃってください。

投稿: 石川進造 | 2011年3月16日 (水) 15時09分

to.maikoさん
いつもありがとう。都内も大変だと思います。物資不足も停電も。本当に、まだ先が見えない。明日のことを考えるのでいっぱいだけど、また明るい話ができる日を信じて。

to.かねこさん
燃料は本当に切実です。家の中にいても寒いこんな日に、暖房のない避難場所がどれだけ寒いか。情報ありがとう。

to.草原のいぬさん
ちび太くん、大丈夫ですか?高熱なんて心配です。教育テレビで子供番組がはじまって、息子はとても嬉しそうです。それを見て、元気をもらっています。計画停電もちび太くん怖がらないといいな。

to.葉さん
もうそんなにおしゃべりするのですね!だいじょうぶ?なんて今聞かれたら泣いちゃいます。無垢な笑顔にもどれだけ慰められているか。避難所でも「癒し係」として立派な仕事ぶりでした。

to.ねもち
子供はきっと大人の悲しみや辛さを敏感にキャッチするのでしょうね。うちもしかめっ面をしていたので、どうしたのかと思ったら私の顔真似でした。笑ったら、笑ってくれました。身近な、できることからやっていこう。

to.chinatsuさん
まだまだ案内したいところがたくさんあって、次こそ沿岸、と思っていた矢先です。でも、私も復興を信じています。また来て下さいね。その時は笑顔で待っています。

to.Bunaさん
お見舞いのメッセージありがとうございます。岩手に住んでるということで、たくさんご心配をいただきましたが、大丈夫ですよということと現状をを伝えたくて毎日綴っています。書いて、こうしてコメントをもらえることで、すごく元気付けられています。

to.石川進造さん
ご心配おかけしました。近くで凍えている人たちがいると思うと、本当に辛いです。原発も働いている人たちは命がけだと思います。死をこんなに近くで感じたのは初めてで動揺しています。

投稿: keiko | 2011年3月16日 (水) 20時30分

keiko先生

仙台在住のえいいちです。
先生のブログは拝見していて、ご無事を知っていたので安心して、自分のことをご連絡することを忘れておりました。

私は、幸運なことに当日、午前中に東京に到着し、地震は東京の自宅で遭遇しました。
この一週間は、仙台の職場のメンバーの安否確認や、仕事関係の対応に追われておりました。幸い、職場のメンバーは無事でしたが、テレビを見て、この2年間の仙台暮らしで訪れた海岸地域の惨状に心を痛めております。
東京も、ガソリンや食料の不足で結構不便しておりますが、被災地のことを考えると
不平は言えません。
今後も余震が続くとおもわれます。keiko先生もどうかお気をつけてください。

投稿: えいいち | 2011年3月17日 (木) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51124630

この記事へのトラックバック一覧です: 地震、5日目:

« 地震、4日目 | トップページ | 地震、6日目 »