« 物資、大槌へ | トップページ | 一歩先の支援 »

2011年3月23日 (水)

内陸、花巻では

テレビ番組も徐々に通常に戻りつつあります。
甲子園も開幕しました。開会式での国歌斉唱があまりに素晴らしくて、心に沁みました。そういえば、音楽を聴くことを忘れていたなぁ。テレビを消して好きな音楽を聴こう、と思った朝です。

昨日は自転車であちこちサイクリングしました。息子は抱っこ紐で前向きにくくりつけて。スーパーには、相変わらず、納豆は無し。豆腐はいっぱいあるのだけど。牛乳は2店舗目で秋田産のが少々。でも、もう焦る気持ちは無くなりました。野菜はとても充実しているから。岩手は食料自給率100%越えの県なんですよ。

ガソリンはまだ無く、でもこの地でガソリンは死活問題なので、いち早く入れたい車がクローズしているガソリンスタンドに並んでいます。運転手もいなくて、車だけ置いて。時々様子を見にくるのでしょうね。でも、昨日はとあるガソリンスタンドで無人行列していた車が一斉に駐車違反の切符を切られたとか・・・。

Golf3 息子は元気です。とにかく外で遊ぶのが嬉しいようです。まだ寒いのに、鼻水たらしてあちこち走り回ります。雪解けあとの水たまりがとりわけお気に入り。ちょこちょこ動き回り、会う人会う人におじぎをしたり、手を振ったり。どんな難しい顔した人も笑顔になります。手袋を取ってイイコイイコしてくれる人もいます。
こどものパワーは本当にすごい。
生きる希望です。

■ 被災地へ送る絵本を募集しています ■

新品・中古、対象年齢問いません。
yqb00713@nifty.com までご連絡下さい。
随時、適所に持っていっていただきます。こども達に笑顔を!

|

« 物資、大槌へ | トップページ | 一歩先の支援 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

「避難所の子供たちは相当なストレスを抱えています。子供たちに手を差しのべて」避難所からの声に私も昨日我が家の家庭文庫の絵本200冊にクレヨン・画用紙おもちゃを避難所に運んでもらいました。絵本は慶子先生と歳が近い娘が0歳の頃から読んでいたものです。親になったら家庭文庫を開くんだと小学生の頃言ってた娘と息子です。1冊も処分せずログハウスに並べてありました。(あと300冊位残っています)慶子先生の取組み被災地の要望にぴったりです!!  
被災地福島から感謝いたします。
今は原発におびえています。

投稿: りぼん | 2011年3月23日 (水) 13時54分

to.りぼんさん
福島のニュースを観るたびにりぼんさんとご家族を心配しております。地図で退避区域に入っていなことを確認しましたが、決して遠くなく、ご不安は計り知れません。避難所で先の見えない日々を過ごす子供や親にとって、りぼんさんの家庭文庫の貴重な200冊や遊び用具は助けになっていることと思います。1冊も処分せずに、というところに涙腺がまたぐっとゆるみました。私はここでやれることしかできませんが、この困難を一緒に乗り越えていきましょうね!そしてまた笑顔でスケッチご一緒しましょう。

投稿: keiko | 2011年3月24日 (木) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51195437

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸、花巻では:

« 物資、大槌へ | トップページ | 一歩先の支援 »