« ご協力に感謝 | トップページ | アーチストの出番 »

2011年5月16日 (月)

心の救援も

<先週末、避難所に届けたもの>

化粧品
 ・・・土曜日までに届いたすべてを持っていきましたが、あっという間にもらわれていきました。欲しいという声が多かったのは、日焼け止めと化粧下地。それらが行き渡れば、次にファンデーションや眉毛ペン、クレンジングなども必要になると思われます。夜に顔を洗うのが難しいとのことで、クレンジングは拭き取りタイプがご希望でした。口紅などはたまに使えればということで、試供品も十分喜ばれます。クシや爪切り、カチューシャやヘアバンド、めんぼうや爪楊枝、歯磨き粉なども人気でした。いろいろ想像して送って下さった皆様、ありがとうございました。

ジャージ、ウィンドブレーカー
 ・・・少しずつ行き渡りつつありますが、やはりその日にいない方や、手が出せずにもらえない方がいらっしゃいます。とりわけウィンドブレーカーは届く数が少ないので、静かに争奪戦です。


・・・若い女性用の靴。これから内陸に引越し、就職活動をする方々へ。

乾麺
 ・・・うどんときしめんを約110人分。ご親戚がその関係という方からご寄付いただきました。日持ちもするので、大変喜ばれました。

テプラ
 ・・・さっそく、名前を打ち込み私物にペタペタ。「テレビ(避難所にひとつだけ)にも貼っちゃおうかしら」「じゃあ、あたしはストーブに」など、盛り上がりました。

Busshi18プランター
 ・・・縦長タイプ10個

土と軽石
 ・・・プランター10個に入れる分

スコップとじょうろ

アスターの苗とグラジオラスの球根
 ・・・お盆にお墓に供えるために育てたいとのことです。それまでに仮設に移れた場合は、それぞれのお宅で育てていただきます。お庭で花を育てることを楽しみにしていたという方が多く、植え替えの作業も楽しんでいただけそうです。

女性下着
 ・・・肌が敏感で震災後じんましんも続いているという方へ、以前から使っていて肌に合うという下着を指定してもらい、届けました。

折りたたみ傘
 ・・・前回届けましたが、まだご希望があるということでしたので。このところ雷雨が多いので助かります、と言っていただけました。

アクリル毛糸とかぎ針
 ・・・避難所生活の空き時間に、アクリルたわしなどを作っていただくことに。このブログをご覧の方が、編み方レシピと材料のすべてを送って下さいました。

バラの花束
 ・・・花巻の文化村さんにいただいたもの。バラを贈る、もらう、という行為はこれまた特別にテンションがあがりますね。

 毎週通っているので、一見すると「もう救援段階は過ぎたのでは」と思われるかもしれませんが、心の面では疲れはつのる一方なので、油断はできません。実際、風邪や体の不調を訴える方が増え続けているそうです。 

 「食べるものもなくて、お風呂にも入れなかった数週間は、むしろ風邪ひく人なんていなかったのに」「避難所生活が長くなってきて、疲れも出てきて、甘えも出て、皆わがままになっている」という、お話もありました。

 義援金の受付がはじまったと聞いたので、少しは安心につながるのではとお尋ねしたところ「受付はしてもらったけど、お金が入るのはまた一ヵ月後だから」とのことでした。

 私達が行くことで気分転換になるといいな、と思って、お届け物資を選び、ブログをご覧の皆さんに多大なるご協力をいただいています。

 炊き出しが来る日は避難所に人が多いということもわかったので、来週は炊き出しグループに便乗します!  

|

« ご協力に感謝 | トップページ | アーチストの出番 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51687251

この記事へのトラックバック一覧です: 心の救援も:

« ご協力に感謝 | トップページ | アーチストの出番 »