« 物資集まり状況 | トップページ | 仮設住宅訪問 »

2011年5月21日 (土)

炊き出しと聞き取り

 今日は、東京と北海道から支援を続けて下さっているお二人を乗せて、大槌町へ。

一方、ヒロミさんはヘルシーピットのみなさんと一足先に出発し、炊き出しの準備。ヘルシーピットさんは、東京から「おやき」210個を手作りし、真夜中から車を走らせて来て下さいました。野菜不足を心配して、おやきの具も、高菜、切り干し大根、さつまいもの3種類でした。

私がお連れしたお二人は、以前、避難所2箇所に衣装ケースを100個、寄付して下さったのですが、今回それがどのように使われているかを見たり、今後必要になってくるものを避難所の方々と話し合われたりしていました。その後、足つぼマッサージをはじめて喜ばれたりと、ご活躍でした。

Shidoke_2  今日は、こちらの人数も多く、明るく楽しい方ばかりだったので、おやきを囲んでの話しも盛り上がり、冗談も飛び交っていました。避難所の方に連れられて山菜採りに行くなど、色々な交流ができたようです。

また、以下の物資もお届けしてきました。

化粧品 
  ・・・ひとまず数が十分に届いた、日焼け止め、リップクリームを持っていきました。他のものも集まり次第お届けします。この週末着予定の方が多かったので、週明けにまとめて持参したいと思います。

ジャージ、ジャケット、ウィンドブレーカー
 ・・・これらは届くたびにすぐ持って行ってます。ウィンドブレーカーは相変わらず不足しています。少し肌寒い時、小雨の時などにさっと羽織れるものが、今一番必要とされています。

ベスト
 ・・・夏物のメッシュのベストが大人気でした。ポケットがファスナーなどで閉じられるものは、あれこれ入れたまま脱いでも、持ち物がこぼれないのでとってもいいのだそうです。普段無口な男性方が、さっそく羽織って笑顔になって下さり、嬉しかったです。

女性用帽子
 ・・・まずは試着。かぶり心地がいいかどうか、その次にツバの大きさ。ツバが十分あると日焼け防止になります。そして、色やデザイン。小さな鏡を順番に使って、試着大会でした。

目薬、入れ歯洗浄剤
 ・・・持参した数は多くなかったですが、必要とされている方にお渡しすることができたので、持って行ってよかったです。

********

リップクリームを探していた時、その中にシャネルの真っ赤な口紅が混じっているのを見つけた方がいらっしゃいました。最初は「これは、つけられないわー、若い人どうぞーーー」とおっしゃっていたのですが、その後しばらくじっと見つめたあとに、「やっぱりこれ、娘にあげてもいいでしょうか」と、小声で訊ねてこられました。

娘さんは、津波でたくさんのご友人、同僚を亡くされ、あるいはまだ行方不明で、気を落とされていて、たまに見せる笑顔も、お母さんから見るとどこか本当の笑顔ではないのだそうです。「娘のその姿を見てるのが一番辛い」と、お話しして下さいました。震災前は、おしゃれも大好きだった娘さんが少しでも笑顔になればと、赤い口紅をそっと持っていかれました。

皆さんからいただく物資のおかげで、たくさんの方が救われています。運ぶ私達も救われています。いつも、ありがとうございます。

|

« 物資集まり状況 | トップページ | 仮設住宅訪問 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51733638

この記事へのトラックバック一覧です: 炊き出しと聞き取り:

« 物資集まり状況 | トップページ | 仮設住宅訪問 »