« 心の救援も | トップページ | 物資集まり状況 »

2011年5月17日 (火)

アーチストの出番

 先日、岩手に来て下さり、、被災地にお連れした、ライターの浮田さんと、フォトグラファーの吉田さんが、それぞれにご自身のブログで、その時のことを綴られています。

 これぞ、“プロの仕事”です。
私は、ただ起こった事実を書くことしかできませんが、お二方には、感じたことを文章やカメラを通じて表現し、伝え、見る人の気持ちを動かす力があります。圧倒的にプロフェッショナルです。

 いままで、どうにもうまく言えなかった気持ちや情景を伝えて下さっているので、ぜひご覧になっていただきたいです。

 浮田泰幸さん 「目黒被災」 (前・中・後編あります)

 吉田パンダさん 「吉田パンダBLOG」 

***********

 常々思っているのは、もし被災地が気になる方は、ボランティアとしてでも、ただ見るだけでも、とにかく足を運び、あの言いようのない空間に身を置いていただきたい、ということです。

 ただ、気持ちがあっても、無理な方のほうが多いと思います。そんな時、こういったアーチストの方々の感性と表現力に助けていただけたら、と思っていました。来て下さって、こうして伝えて下さって、本当に感謝しています。  

|

« 心の救援も | トップページ | 物資集まり状況 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

ケイコさん、おつかれさま!
何かしたいけど、現地に行って支援もできないし…ともどかしい思いをされてる方も多いかと思います。実は私もその一人。

今週末から美術館で沿岸地域にワークショップにでかけることになりました。

その準備を美術館で手伝ってくれるボランティアを募集しています。内容はワークショップで使う積み木用の木材に色を塗ること。誰でも簡単に気軽に好きな時間参加できます。沿岸地域に行けない人でも盛岡で、美術館でちょこっとボランティアに参加してはいかがですか?

★詳しくは岩手県立美術館のサイト(http://www.ima.or.jp)で確認してください。(内容が不適切だと思ったら削除してください)


まずは自分にできることを自分の無理のない範囲から始めればいいのかなぁ…。私のほうも身の回りのバタバタが落ち着いたら、ケイコさんと活動したいと思ってます!

投稿: k-words | 2011年5月18日 (水) 10時09分

パンダさんの写真、すばらしいです!
来月おじゃまするときに、私なりのなにかをカメラにおさめられたらと思います。
それぞれに、なにかできることがあるのですね。

投稿: mochi | 2011年5月18日 (水) 10時34分

to.k-wordsさん
 アートの力!ここにもありましたね!ボランティア今日までか~ 参加された方はこういう機会に恵まれて嬉しかったでしょうね。米崎小学校は2度ほど行きましたが、校庭にびっちり仮設住宅が建ち、子供達はわきの遊具や空いたスペースでサッカーなどしていました。でも元気!ワークショップも喜ぶに違いないです!

to.mochi
 写真の威力を感じました。報道写真とはまた違うパンダさんの視点に心打たれました。mochiの写真も大好きなので、よろしくね。どこに居てもできることはあると思う。実際、そんな方々のたくさんの力を感じています。

投稿: keiko | 2011年5月19日 (木) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51698846

この記事へのトラックバック一覧です: アーチストの出番:

« 心の救援も | トップページ | 物資集まり状況 »