« 永沢まことさんの描く被災地 | トップページ | 在宅被災者の方々の需要 »

2011年6月 8日 (水)

ガンガンお届けしています!

 昨日は大船渡の2箇所に、衣類やバッグ・化粧品類をお届けし、今日は午前中に仕分け作業、午後はヒロミさんが陸前高田へ衣類などを運んでくれました。

 詳しいリポートはヒロミさんがすでに書いてくれています。
 理髪店再開in大船渡
 りんご農家さんの支援in陸前高田

ヒロミさんは岩手弁ネイティブなので、日記も臨場感たっぷりです。現地でも、その土地の言葉で話しかけると、安心して自分の言葉でしゃべってもらえます。ほんとに羨ましい。時々、車中で岩手弁講座をしてもらっています。誰かの真似をするのがコツのようです。色々な意味で心強い相棒です。

Busshi22  ここ数日、皆様からのお荷物が続々と届いています。日に10個という時もあります。封筒に入れられた小物から、ダンボール数個口、スーツケースまるごとで届くことも。どれもぎっしりと、思いも詰まっているようです。(写真は、荷物を広げるヒロミさんと、足元に1歳の愛息子)

荷物が届いたときの流れはこうです。

1. 荷物が届く場所(お店)から、倉庫に運ぶ(10mくらい)
2. 伝票を見ながら、台帳に記す(到着日、お名前等)
3. 伝票を丁寧に剥がし、定位置に保管
4. 荷物を開ける
5. おおまかに内容を把握する
6. 仕分けしやすい場所に運ぶ(衣類コーナー、化粧品コーナーなど)
7. 仕分け(名称を貼った衣装ケースやダンボールに入れる)
8. 中身に応じて、新しく仕分けボックスを作る
9. 入れられていたダンボール等をたたむ
10. なるべく早めにお礼をする

といったことの繰り返しを日々行っています。
1-9はもう手馴れたものですが、10のお礼、、それにメールの返信が滞っています。。メールは漏れなく返信しているつもりなのですが、実際は漏れ漏れですし、メールが無い方へのお礼は全然できていない始末で、大人としてどうなのか・・・。本当に申し訳ありません。

上記仕分けは、被災地に行かない日はほぼ毎日行っており、週に1度は友人知人が手伝いに来てくれ、お茶休憩の時間も惜しんでガンガン仕事をしてくれていますので、送って下さったものはどんどん被災地に運ばれているというところだけはご安心下さい!

現地でお渡ししながら反応を伺っていますが、今以下のものが常に不足しています。ご協力いただけたら助かります。

男女夏物衣類で、サイズの大きいもの(LL、3L、XOなど)
ジャージ(短パンも)

また、私個人の考えですが、サングラスもあったら喜ばれると思います。ガレキ撤去など屋外作業をされている方も多いですし、運転するにも、農作業をするにも、目が楽だと思います。また、普段生活する際にも、このところますますヒドイ粉塵対策にもなります。これは、同じものを人数分というより、いろんな形や色がある方がいいと思うので、ご家庭に眠っているものを送っていただいたり、あとは個々にお伺いしながら支援金で購入したいと考えています。目は大切!

今週末はいつも仕分けを手伝ってくれている友人夫婦と合同で、大槌町と山田町(初)に向けて、大量に物資を運ぶ予定です!ご協力お待ち申し上げております。 ご送付先のお問い合わせはこちらまで→ 岡部メールyqb00713@nifty.com

|

« 永沢まことさんの描く被災地 | トップページ | 在宅被災者の方々の需要 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!大変な作業、お疲れ様です。とても効率の良いシステムですね。大分なれてこられたのですね。ところで明日10日に物資を出荷しますね。内容は、
 1 ジャージ・ジャケット(小さいサイズ   かもしれません)
 2 うちわ・扇子
 3 化粧品 その他
 4 シャンプー・ヘアケア商品 以上です。
 まだ、かばんは、必要ですか?5つ程、知人から送られてきました。サングラス1つ自宅にありますのであわせて送ります。

投稿: ムーミンママ | 2011年6月 9日 (木) 23時41分

to.ムーミンママさん
お荷物届きました!すごい量と、すばらしい内容の数々を本当にありがとうございました。開けてびっくりしましたよ。これだけの量の物資を集められたご苦労とお気持ちに心から感謝申し上げます。かばんもサングラスもますます需要が高まっています。

投稿: keiko | 2011年6月13日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/51893030

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガンお届けしています!:

« 永沢まことさんの描く被災地 | トップページ | 在宅被災者の方々の需要 »