« エコたわしチーム、内陸へ | トップページ | 台風接近 »

2011年8月30日 (火)

週末は、大船渡へ。

 今週は再び、仕分け仕分けdaysです。

 先週、「こけめ農園」のヒロミさんが大船渡へ行きました。数百戸の仮設住宅が建ち並ぶ巨大エリアで「いままで見たことのない規模」と、深刻な声で現地から電話をくれました。

 各家を回って、困りごとを聞いているうちに居ても立ってもいられなくなったヒロミさんは、震災後に築いた個人的なお付き合いから、その仮設エリアの最寄の公民館を借り、早くも今週末に配布会が実現することとなりました。

 物資倉庫には、衣類や食器、日用品がまだまだ残っていて、7月末に避難所が閉鎖されて以降、なかなか持っていく先が見つけられずにいました。今回は、倉庫にあるものをすべて積み込んでいくつもりです。2トントラック1台、軽トラック2台、自家用車数台にて。

********

 私たちは、わずか数人の個人的な集まりです。北上の「さん食亭」さんの倉庫をご厚意で貸していただき、そこに集まれる人が日々3~4人集まって、おしゃべりしながら、荷物整理をしています。

 こんな小さなグループにでも、これまでに何度となく「NPOにしたほうがいい」「私たちの活動と合流しないか」「活動を新聞、テレビなどでアピールしないか」などのお声をいただきました。大口支援をご希望の方から「何か団体名がないと支援しづらい」などの事情も伺いました。そのたびに、悩みに悩みますが、結局今も変わらず、ヒロミさんと地元の友人数名と私とで、無名の小さな活動をしています。

 それは、ただただ“被災地だけに”耳を傾けていたいからです。

被災地のみなさんの声を直接聞き、
それをなるべくタイムリーにブログで伝え、
個人的に支援してくださる方のお力をお借りして、
やれる範囲でやる」

活動は日々迷いや葛藤の連続でしたが、これだけはブレなかったことです。

 NPOや大きな団体でやることのメリットもたくさんあると思います。
もう少しうまくやれていたら、もっといただけたものもあったかもしれない。そのほうが被災地の皆さんにとっては良かったかもしれない、、いまだに振り返ると落ち込むこともあります。だけど、それでも「やれる範囲でしか、できない」。そして、ベストは尽くしている、と言い聞かせています。

 金メダルを取った室伏選手が、インタビューで「ゴールは、ないかもしれませんね」と爽やかに答えていました。ゴールを決めないから頑張り続けられるのかもしれない、続けるも退くも自分次第だからこそ、その日その日でベストを尽くせるのかもしれない、と思いました。 

 あとは、感謝の気持ち。こうした活動を続けられるのは、ブログを見て下さっている皆さんのお力が甚大です。見知らぬ私たちを信用して、支援し続けて下さっている方々にも、個々にお礼をすることができていないことが気がかりでなりませんが、感謝の気持ちはいつもいつもいつも、持ち続けています

|

« エコたわしチーム、内陸へ | トップページ | 台風接近 »

岩手」カテゴリの記事

コメント

昨日、ニュースで岩手県では、避難所がすべて閉鎖になったと・・・
集団での生活は、ストレスもたくさんでしたでしょうが、仮設に移られてからも、
まだまだ困りごとが出てくるのでしょうね。

一人でも、、こうして繋いでくださる岡部さんや、ヒロミさん、お友達がいてくださったことで
被災地のみなさまの小さなお手伝いができたこと。本当に感謝しています。

これからも、必要とあらばお手伝いするつもりですので、ブログで発信してくださいね!

投稿: おさんぽ | 2011年9月 1日 (木) 09時33分

被災者支援活動のしかたは実にさまざまなようですが,私は,たまたま行き会った岡部さんのグループの活動のしかたが気に入っています。
こまめに丁寧な活動をなさっていると前から感じておりましたが,
「ただただ“被災地だけに”耳を傾けていたい」
という気持ちがそうさせていたのですね。

これからもお手伝いさせてください。

投稿: k-tak | 2011年9月 1日 (木) 21時05分

to.おさんぽさん
避難所で生活されていたときは、仮設がひとまずのゴールかと思いましたが、それはひとつの厳しい状況から脱しただけで、また別のスタートでした。元のコミュニティーが解体され、不安と寂しさの中で手探りしている方々へ、わずかでもお手伝いができればと右往左往する日々です。引き続きアドバイスとご支援をどうか宜しくお願い致します。

to.k-takさん
たくさんの物資へのご協力や仕分けのためのご足労など、本当に励まされました。あの酷暑の中、汗だくになって来て下さったときは本当に心強く思いました。これからも耳を済ませて、お困りのみなさんと共に歩んでいきたいと思います。またお力をお貸し下さい。

投稿: keiko | 2011年9月 1日 (木) 22時28分

お久しぶりです。7月中は、資金作りのため文部科学省での仕事をしてきました。そこで本当に、被災地の声に耳を向けていない、大きな団体の傲慢さを思い知らされました。慶子さん、本当の意味で被災者の方々に寄り添うボランティア活動をこのまま続けてください。応援しています。被災者の方々は、大きな事を望んでいないと思います。普通に安心して生活できる事を望んでいるのですから。

投稿: ムーミンママ | 2011年9月 2日 (金) 00時56分

to.ムーミンママさん
それは大きなところでのお仕事ですね!大きな団体でしかできないこともあると思い知らされているので、時間はかかってもいずれやってもらえると信じて、私たちはこまごまとしたお手伝いを続けていきますね。いつも応援ありがとうございます。

投稿: keiko | 2011年9月 2日 (金) 09時59分

始めまして。
志とそれを実行。感激しました。並大抵のことではないと思います。
本当におつかれさまです。
とても見習いたい、お手本にさせていただきたいと思いました。
どうかご自愛もお忘れなされませんよう。

投稿: keiri | 2011年9月 3日 (土) 00時45分

いろいろありがとうございます。実家が流失して被災者暮らし(借り上げ仮設住宅)しております。数百の仮設住宅と聞き、あーあそこねと分かりました。 以前から、避難所・仮設住宅にはいろいろ情報や支援物資等あり、実家のように親戚宅・貸家・自宅避難者には、ほとんど情報が入って来ません。時には、避難所・仮設以外はNO!と拒否された事も。 どうか、仮設住宅以外にも困窮している被災者が居るって事を忘れないで下さいませ。配給物資の面においてもかなり冷遇されています。 事前の告知があれば頂きにいけるのですが。

投稿: mrsakiji | 2011年9月 3日 (土) 06時37分

to.keiriさん
始めまして、お越しくださりありがとうございます。keiriさんのすばらしい活動ぶりをリンクから拝見しました。こちらこそ見習わせていただくことばかりです。「行政などの支援の穴埋め」を目指して、穴を探しながら活動していきたいと思います。

to.mrsakijiさん
見つけていただいて嬉しいです!大変な生活をされていらっしゃるのですね。明日の配布会はご自宅避難されている方々もいらっしゃいます。なかなかもともとのご縁がなくてどうお声がけをしていいのかわからないでいますが、こうして見つけていただけて本当にありがたいです。ぜひmrsakijiさんのお知り合いもお誘いあわせの上いらしていただければと思います。衣類と食器が主です。天候の影響で配布場所を変更するかもしれないので(エリアは変わりません)、のちほどメール差し上げます。

投稿: keiko | 2011年9月 3日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/52606462

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は、大船渡へ。:

« エコたわしチーム、内陸へ | トップページ | 台風接近 »