« 続:ざぶとんのご支援を | トップページ | ざぶとん支援、届いています! »

2011年10月28日 (金)

大船渡で炊き出し

 秋晴れの空の下、大船渡の炊き出しに行ってきました。

野球場いっぱいに建ち並ぶ仮設住宅。すぐ隣は、中学校の校庭にもびっしりと。間隔が狭くて、洗濯物に日が当たるのか心配なほどです。スコアボードの向こうには海がキラキラと輝いていました。

Ofunato1

この日の炊き出しは「さぬきうどん」。北上のさん食亭に、香川県の日の出製麺所さんから、なんと1万食のうどん(めんつゆ付)が届けられたのです。すごい支援です!!

それをさん食亭の大将と、北上工業クラブのみなさんが炊き出しするということで、お手伝いに。炊き出しは、どこへ行っても大人気の支援ですが、私は初体験。

これもまた事前準備が大変なのですね。機材の準備、屋台や机イスの設営、つゆや薬味、トッピングの下ごしらえ、容器や箸の準備、もちろん衛生面にも細心の注意を払わなくてはなりませんし、どのくらいの量を作れば何人にふるまえるかなど試作や試食も重ねたそうです。当日の役割分担も大切です。この日も、現地の方々がたくさん協力して下さいました。

Oofunatoudon1

「こんな機会でもないと、なかなか外に出なくてね~」と、お話しして下さる方も。「みんなで食べるとさらに美味しいね」「作ってもらって何よりだー」と笑い声もあふれ、だた一杯のうどんを提供しただけではない、意義があったように思いました。

**********

Ofunato2 大船渡の町中は久しぶりに通りましたが、海辺のガレキはまだまだ山積みで、骨組みだけになっても解体できないでいる建物もたくさんありました。

地盤沈下も激しく、浸水により通れない道も。かといって通行止めにはなっていないので、潮の満ち干きによって通れるのでしょう。

Ofunato3

一見平穏さを取り戻したかのように見える町並みの中に、突然大きな漁船があったりします。こんな海から離れた場所に・・・。パっと視界に入ってくると、それは津波の映像を思い起こさせます。直接体験された方々にとってはなおさら辛い光景だと思います。

Ofunato4_2

ガレキ運びや側溝清掃のボランティアさんたちを何箇所かで見かけました。地元有志の方もいらっしゃるそうです。すばらしい活動だと思います。いろいろな形の支援が、まだまだ必要とされています。

|

« 続:ざぶとんのご支援を | トップページ | ざぶとん支援、届いています! »

岩手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/53101672

この記事へのトラックバック一覧です: 大船渡で炊き出し:

« 続:ざぶとんのご支援を | トップページ | ざぶとん支援、届いています! »