« クレマチスに包まれて | トップページ | SL銀河ドリーム号 乗車気分! »

2012年6月 8日 (金)

フィスカルス村の思い出

 個展スタートより1週間。まだ序盤です。

カフェ、飲食店での個展は、わざわざ来て下さるお客様に加え、常連さんやふらりと立ち寄られた方、江刺だと観光のお客様などの目に留まることもあり、毎回楽しい出会いがあります。

行くと、自分も一人の客として隅っこに座り、入ってきたお客さんの絵を見る目や反応をチラっと確認したり、感想に耳をそばだてたりしています。(こわい?)

絵を見るために来てくださった方は挙動ですぐわかるので、ご挨拶させていただきますが、そのタイミングもなかなか難しい。

早すぎてもご迷惑かもだし、帰り際だとゆっくりお話できないし・・・と、見極めがつかずに名乗れないこともあったり、そんな挙動不審ぶりでバレるのか、逆に「岡部さんですか?」と聞かれることも。そ、そうです、すみません。

Rakuanten12_1この1週間で2枚の絵が売れました。一枚はこちら。

フィンランドのフィスカルス村というアーチストが集う村を訪れた時に描いたもの。ずっと憧れていた場所。

宿で自転車を借りて、まずは村中を走り回りました。むこうの人は大きいので、自転車も足が着かず、ブレーキはべダルを半回転させると止まる仕組みなのですが、下りなど苦労しました。

でも、車輪が大きくてぐんぐん進むので、爽快!オリーブの葉のようはシルバー系の木々が、風でキラキラ輝くのが印象的でした。

売れたもう一枚も、フィスカルス村でのもの。一面じゃがいもの花畑のむこうに、北欧伝統の赤いおうちが転々としているものです。

思い出します、あの空気、あの大自然の中にぽつねんとした時間。

ご購入下さった方にも「描いた時のあの感じ」を伝えたいと思うのですが、うまく言葉にできない。できないから描くのですが。
でも、フィスカルス村の素晴らしさなど、お伝えしたいと思います。


見知らぬ土地でのスケッチは独特の不安、焦燥、でもそれを凌駕する興奮があります。ここを描きたいという場所に立つと、何がなんでもと奮い立たせるもう一人の強い自分が登場します。

そうして描ききった時の幸福感、、これがやみつきになるのです!

色を塗る頃には気持ちも落ち着いてくるので、描きながら肌で感じた空気、風、匂いなどを時間をかけて絵に込めています。

フィンランドもフィスカルス村もたまらなく大好きですが、あの感じは、「岩手にもある」と現地で感じたことを覚えています。特にこの季節、岩手も最高です!

■ 楽庵 ■
岩手県奥州市江刺区中町1-8
電話 0197-35-7535
営業時間 10:00-18:00/ 火曜定休(臨時休業あり)
駐車場はお店の前に3台分あります

「楽庵あんみつ」も最高です!

人気ブログランキングへ 現在、岩手4位。ありがとうございます!

|

« クレマチスに包まれて | トップページ | SL銀河ドリーム号 乗車気分! »

個展・展覧会」カテゴリの記事

コメント

とってもステキな絵でしたから(o^∀^o)
自分が産んだ子が嫁に行くような心境なのでしょうか…

あんなにステキな絵ですから、嫁ぎ先でもきっと可愛がってくれるでしょうね~♪

投稿: shiba | 2012年6月 8日 (金) 16時40分

to.shibaさん
ありがとうございます。
本当にそうです。。
でも、うちで眠らせているより、どなたかのおうちで可愛がっていただけるのなら、こんな幸せなことはありませんよね。嫁に出す際には、どうぞ宜しくお願いしますの気持ちを精一杯伝えたいと思います~

投稿: keiko | 2012年6月 8日 (金) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/54904648

この記事へのトラックバック一覧です: フィスカルス村の思い出:

« クレマチスに包まれて | トップページ | SL銀河ドリーム号 乗車気分! »