« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月27日 (木)

節目の日

Aozora

♪ 新~しい朝が来た 希望の朝~ 

  喜びに胸を開け 大空あおげ~ ♪
 
           「ラジオ体操のうた」より

なんと爽やかな朝でしょう!
こんな日が続いています。
最高に気持ちのよい季節です。

今日は、マイバースデー。

40になります。

年々、歳を重ねることに喜びを感じられなくなってきていますが、30代から40代へというのも、なかなかの重みです。

でも、もう戻れない。

いやいや、むしろ、ここまで生きられたことに感謝しなくては。

この節目の歳に、出産という大仕事もあり、また
新たなスタート地点という感じもします。

近所を散歩していて、発見search

Yotsuba1

足元の幸せに気づけるよう、毎日丁寧に暮らしたいと思います。

foot

foot

foot

ふと見上げると、こんな看板も。

Kuma

eye sign03

前を向いてゆきます。

人気ブログランキングへ ロウソクがわりにワンクリック、お願いします!

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

ガーデナー気分

 ベランダのプランター手入れが楽しい毎日です。

先週、入梅宣言があって、2日ほどそれらしい雨が降ったものの、それ以降は好天続き。昨日の満月も見事でした。

野菜も自分で育て始めてみると、近所の庭が気になります。
どんなものを育てているのかな、
支柱はああやって立てるのだな、
あの飼料はなんなんだろう、
あのジョウロかわいいな。

新たな挑戦は、大好きな「グリーンネックレス」の繁殖。

グリーンネックレスはこれ。

Green3

豆みたいのが連なっていて、ぷくぷく可愛い。

多肉植物の仲間で、水やりも数日に1回でよく、冬も家の中に入れれば越せるし、とにかく強い。初心者&外出の多い生活でもOK。

これを増やそうって魂胆です。

Green4

長めのをちょっと切って、くるくるっと土の上に乗せ、その上に少し土をかぶせる。
( こちら のサイトを参考にさせていただきました)

すると、あちこちから根っこが生えて、根付くのだそう。

明るい日陰で風通しの良いところがいいそうなので、物干し竿にぶら下げています。

この夏は、グリーンネックレスカーテンができるかな~
(できないか)

しそやトマトは毎日みるみる生長していきます。
楽しい。。

小学校のとき、夏休みの宿題である「あさがお観察」で、クラスで唯一枯らしてしまい、観察日記が描けなかったという暗い過去の思い出を、今こそ、払拭したいと思います!

人気ブログランキングへ クリックで応援お願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

ベランダ菜園OPEN

 新しいことに挑戦しています。

ベランダで、植物を育てること。

これまで、虫が寄ってくるのが怖くて、花の寄せ植えひとつで過ごしてきました。ただでさえ川べりで、虫の数は尋常じゃないのです。

でも、3歳の息子が、やけに虫を怖がるのです。
ありんこはなんとかセーフですが、ダンゴ虫も触れないし、ハエやハチなど、顔の近くにきただけで大泣き。

「このままじゃイカン!」と思いました。

とにかく、慣れなくてはなりません。
実益もかねて、ベランダで野菜を作ることにしました。

なんでも、形から入りますが、やはりおしゃれなグッズで始めたい。

春だけ開いているおしゃれなガーデンショップがあり、そこで相談。
(「私の部屋」花巻店GARDEN'Sです、大変お世話になりました)

こんなプランターを紹介しもらいました。
(寄せ植えが入っている様子はこちら ←素敵!)

Green1

ガーデナーさんが、手作りしているもので、縦長で細身な形が狭いベランダにぴったり。色違いで、グレーも購入。

早速、先日七時雨で購入してきた、バジルを。

Green2

さみしい・・・、けど、まずははじめの一歩を踏み出しました。

このあと、トマト、しそ、リーフレタス、枝豆、空芯菜などが加わっています(全部、食べたいもの。)

プランターが浅いため、なんでも作れるわけではないようですが、失敗しつつ学んでいきます。

虫はまだ居ません。

食べるためには、じゃんじゃん駆除していきます。

結局、息子が虫に慣れる機会はなかったりして・・・

人気ブログランキングへ クリックで応援お願い致します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

八幡平「七時雨マウンテントレイルフェス」へ

 岩手県八幡平市にある「七時雨」、この地名すら初耳だった勉強不足の県民ですが、

「ななしぐれ」    という響きにまずトキメキました。

 このイベントのメインは、トレイルランニング(山を走るスポーツ)ですが、同時開催でマルシェが開かれると聞き、行ってきました。

「マルシェ」     という響きにも弱いです。

 10時OPENと同時に到着!家からは1時間半ほど。

Nanashigure1

(↑4枚の写真をつなげました。クリックしてみて下さい。)

七時雨山を臨む、田代平高原、七時雨山荘周辺が会場。

高原の爽やかさ、低めの山々がとても穏やかで、空が広い!

気温は20度前後だったと思います。とにかく、ちょうど良い。

10時から16時まで、ずーっと食べ続け、しゃべり続けました。
一緒に行った友人家族、出店している知り合い、現地合流した友人、そのお友達を紹介してもらったりと、めくるめく楽しい時間です。

食欲も止まらない・・・!
(以下、敬称略でご紹介させていただきます)

Nanashigure4

八幡平「WILDGRAPE FARM」の、山ぶどうカレー。
山ぶどうタイザー(サイダー)もいただきました。

Nanashigure6

紫波「LOTA. bagel」のベーグル。
ごま&クリームチーズと、チョコ&ナッツを温めてもらって。
手前は、八幡平「らんぷ」のアイスコーヒー。

Nanashigure7

滝沢「カラコマ工房」のベジ唐バーガー。丼ぶり、アイスクリームも。
盛岡「NAGASAWA COFFEE」では、持参のタンブラーにアイスコーヒーを入れてもらいました。

Nanashigure5_2

岩手山麓「ルーデンス農場」のバニラアイスクリームは真っ白!この日の朝しぼりたてという牛乳もいただきました。

そのほか、「あすぴーて」にて短角牛焼肉、「よこさわミート」では杜仲茶ポークのフランクフルトも、もりもり食べて。もちろん、友人や子供と分けっこしながらね。

帰りには、盛岡「OOD(ウード」のブラウニーと、雫石「コズミックエナジー」の野菜、西根「まるちゃん」の野菜苗などを手土産に購入。

なにもかも美味しくて幸せでした。

*****

そして今回の大収穫は、この高原との出会いです。

こんな気持ちのいい場所があるなんて!

Nanashigure2

大好きな白樺。ああ、フィンランドみたい~

我を忘れて走り回る、アラフォー妊婦。

Nanashigure3_3

試乗させてもらった、「チャリオット」は、カナダのスポーツベビーカー。楽しい、楽しい!

最もお安いモデルで6万円ほど。
頑張れば不可能ではないな・・・など、一瞬想像したけれど、これを置くスペースのある家、これを乗せられる大きな車、その両方がないことに気づき、我に返りました。

でもでもでも、本当に楽しい一日でした。
私はやっぱり山が好きだな~(登るのはだめだけど)!

今回出店した、素晴らしく美味しいお店の多くが、来週末6月16日(日曜)に紫波町で開催されるイベントにも出店されます。

kula caravan(クーラ キャラバン)

フライヤーのイラスト(消しゴムはんこ)が、可愛すぎてたまりません!!

もちろん、行きます♪

人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

金ヶ崎「まんがらい」へ

 金ヶ崎町で今日から開催されているイベントへ。(6/7~9)

その名も「まんがらい」
 昔から変わらないことを昔のままで、というコンセプト
 

Mangarai2

 駐車場からは誘導の看板が。
この風景はつい最近見たな・・・

そう、会場は先日スケッチ会でも使わせていただいた

「旧大沼家侍住宅」なのでした。(スケッチ会の日のブログ

Mangarai1

なんと、こんな風に!(before写真はこちら
戸が全部外されて、気持ちいいこと~~~

Mangarai3

中の様子。靴を脱いであがって、板の間と畳の2間に、7名の作家さんの作品が並んでいます。ディスプレイにまず見とれます。

着物で迎えてくれたのは出店作家さんのお一人、コシカさん。
この風景にはまりすぎlovely

コシカさんの工房で以前、陶芸体験をさせてもらいました。
今もぶかっこうなソレを使っています。

Mangarai5

先生の作品はさすがだなぁ。

今日は小さな器をふたつ購入。
手のひらにすっぽりおさまる丸い器。(下の写真の中ほど)

これからの季節、そうめんを入れて、薬味をいっぱいのっけて、と想像したらもう・・・heart04

Mangarai4

息子の相手もしてもらい、ゆっくり見ることができました。

息子も、手作りの金魚さん(お腹にお宝入りshine)もいただき、ゴキゲン。→帰り道もルンルン。→助かります。

Mangarai6

作家さんの作品や展示の素晴らしさはもちろんのこと、おもてなしの心配りもあちこちにされていて、とっても気持ちがよく、居心地の良い空間が作り上げられていました。空間そのものが大きな作品のようです。

土日は混むと思いますが、ぜひぜひに。

********

イベントの詳細は、コシカさんのブログ

または、金ヶ崎町観光協会さんのブログ

にてご確認いただけます。

人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

大槌「鮨辰」へ!

 ジャーン!三陸のお寿司です!!(にぎり「松」の一部)

Sushitatsu1

 「鮨辰が、大槌に帰ってきた!」と聞き、飛んで行きました。

大槌の中心地にあった鮨辰(すしたつ)さんは、震災で跡形もなく流されてしまいました。ご主人は、その後盛岡でお仕事をされていたと噂で聞きましたが、大槌に戻られることは、皆さん待望だったことと思います。

新しいお店は、「福幸きらり商店街(大槌北小学校 校庭)」に入りました。

Sushitatsu2

仮設の店舗とはいえ、きっちりお寿司屋さんの風情。
握るご主人の姿も変わりません。

鮨辰さんを教えてくれたのは、料理人の知り合いでしたが、
曰く「日本一、旨い!!」とのことでした。

私もはじめて行った時、驚きました。(その時のブログはこちら

一言で言えば、もちろん「美味しい!」のですが、それだけではないのです。

食べる人を想い、つくることを楽しんでいるような一体感が独特で、幸福でした。

その時、撮った写真があります。(2010年11月初旬)

Sushitatsu3_2

装飾は違えど、あの時の凛とした雰囲気は今もそのままだと思いました。

その時いただいた、お寿司。
おまかせ握り(3,500円)、3人前の一部。

Sushitatsu6

鮭児(けいじ)とスズキ。

Sushitatsu7


大トロと湯葉。

一貫ずつ、説明して下さいます。ベストの食べ方と共に。

絵も描かせてもらったのに、まだ色を塗れずにいて、これを機に仕上げようと思いました。

その時に素材としていただいてきた箸袋も今や貴重なもの。

Sushitatsu4_2

下が震災前、上が今回いただいたもの。

「前のも版は残ってるんですけど、住所と電話がもう違いますからね。(仮設から出て)新しい店が建ったら、3枚目ができますから、それまで取っておいて下さい」と、笑顔で言われました。

Sushitatsu5

大人数の予約が入っていたために中に入っていたのれんを無理やり出していただき、忙しいご主人を引き止めて、一枚camera!(すみませんsweat01

ぜひ、日本一美味しい寿司を食べに、大槌へ!!

 ■ 鮨辰 ■

  岩手県上閉伊郡大槌町大槌第23地割9
    「福幸きらり商店街内」

  電話 0193-55-6122

  営業時間 11:30-14:00 17:00-21:00

  定休日 毎週火曜日

なお、伺ったこの日はウニが、最っっっ高でしたshinecrownshine

こんなウニ食べたことないっ!!ってくらい。

旬は7月頭までとのこと。お急ぎあれ~~~

人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

金ヶ崎にて野外スケッチ会

 好天に恵まれたスケッチ会となりました。

Kanesk10

金ヶ崎町「伝統的建造物群保存地区」、旧大沼家にて。

江戸時代後期の家屋を修復したものだそうです。

Kanes11_2

見事な茅葺き屋根。そして周囲は美しく手入れされています。

Kanes12

どれほどの時間と技術を駆使されているのでしょうか。
こういう技を見るたびに、日本人であることを誇りに思います。

スケッチも手を抜けない。

そして、こちらは日本の母の伝統芸。「ONIGIRI」

Kanesk13

なんと、美しい、なんと、おいしそう~~~lovely

教室にご参加の方が、全員分作ってきて下さったのです。

この日、休館日だった旧大沼家と交渉して開けていただいたのも、教室の方のおかげでした。こうして中に入って、炉辺でおにぎりと漬物とお茶をいただきながら、小休止できるのも、この教室ならではのほんわかとした雰囲気がなせるもので、皆さんに感謝です。

少人数ですが、意欲的な方が多く、それぞれ聞けば聞くほど興味深い経歴をお持ちです。

お茶の先生もいらっしゃいます。
去年、お茶会に呼んでいただいて、とっても素敵だったのでその話になりました。なんというか、堅苦しくなくて、ふっと参加できるのだけれど、内容がしっかりとしていて、お菓子もオリジナル、お茶もど素人の私からしてみても美味しくて、とてもいい会だったのです。

「お茶会はともすると、茶道具の品評会のようになりがち。でも、私はさりげないお道具の中にひとつだけパっと目を引くものがあればいいと思っているのですよ」といったお話が印象的でした。

スケッチにも通づることです。

以前、日本画の教室に通っていた時、蓮の絵を描いた渾身の下書きを先生に見ていただいたところ、「面白い要素が多すぎますね、何かひとつでいいんですよ」と言われたことを思い出しました。

この日も、そう心がけてアングルを選んだつもりでしたが、久しぶりのスケッチとなるとつい欲張ってしまって、またどっちつかずなことに・・・

でも、とても気持ちよく、楽しく描けました!

それが一番!(ということで)

Kanesk14

足元のお花も気になりました。

最も、心に残ったのは、旧大沼家に向かう途中のこの小路。
いつか描きたいと思っています、という生徒さんと共に、私もいつか再訪&スケッチを心に誓いました。

Kanesk15

人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »