« 風聞園の山野草~前編~ | トップページ | 大船渡のホタテ »

2014年5月11日 (日)

風聞園の山野草~後編~

 さて、後編です。前編から読まれる方はこちらへ。

風聞園さんを山野草園から見たところ。

Fumonen14_8

一見、新緑に包まれているようにしか見えませんね。でも、この中にも小さな花々がたくさん咲いています。後編はこの古民家付近の春の花も併せてご紹介します。

■ エビネ(海老根)

Fumonen14_9

これはまだ開きかけ。ラン科です。高さは20cmくらいありました。色も濃いので比較的目に留まります。すぐ近くにキエビネがあります。これはちょっと分かりづらい。

■ キエビネ(黄海老根)

Fumonen14_10

上のエビネが赤褐色だった部分が、こちらは黄色いのです。写真では分かりづらいですが。開ききると中の赤い部分がよく見えてなんとか見つけられます。前編で書きました「クマガイソウ」の上の方にあります。

■ オサバグサ(筬葉草)

Fumonen14_11

なんとも愛らしい花です。風にそよぐとリリリと音がしそう。「筬」とは、機織のとき使う器具。葉の形が筬に似ているから、とのこと。

■ ラショウモンカズラ(羅生門葛)

Fumonen14_12

20cmくらいの高さがあります。鮮やかな紫の花。数はあまりありませんでしたが、見つけやすいところに咲いていました。

■ ヤマツツジ(山躑躅)

Fumonen14_13

緑一色の雑木林の中では、まぶしいほどに目立ちます。それにしても、ものすごく難しい漢字なんですね、ツツジ。

■ チゴユリ(稚児百合)

Fumonen14_15

一番多く見かけると思います。とても小さくて、葉っぱの下に顔を隠すように咲いているので、しゃがんでのぞきこんであげて下さいね。

■ ヤマシャクヤク(山芍薬) 最注目!!

Fumonen14_16

ご覧の通り、現在ツボミです。でも、ふっくらしはじめています。ヤマシャクヤクは一度開花すると、1~2日ではらはらと花びらを落としてしまうのだそうです。見ごろの予想は毎年とても難しく、開園前に終わってしまった年もありました。今年はこれからですが、今週の中ごろに咲いてしまうかも・・・とのこと。風聞園さんのように群生しているところはなかなかないです。また、白だけでなく、真紅のヤマシャクヤクもあり、こちらは白よりも少し遅く、少しもつのだそうです。週末、紅白で見られるよう、おてんと様に祈ります。

以下は、喫茶スペースである古民家周辺に咲いているものです。お茶を飲みながら窓の外に見えるものもありますよ。

■ツバキ(椿)

Fumonen14_14

山形から持って来られたものだそう。いくつも花がついていました。

■ サクラソウ

Fumonen14_17

たくさん咲いていますが、元々は一株から株分けして株分けして増やしたものだそうです。株分けの仕方など教わりました。天気や土の具合など、いろんな条件を気にしての作業です。

■ スノードロップ

Fumonen14_18

遠くから見て、ずらーっと並んで揺れている姿も可愛いですが、寄って見るとますます愛らしい。こんな模様の何か(なんだろう)が欲しい。

■ ムスカリ

Fumonen14_19

スノードロップの後ろに、ひょこひょこ咲いています。これも楽器みたい。どこに何と一緒に咲いているかで、花々がますます魅力的に見えるものです。全然別ジャンルですが、旭山動物園を思い出しました。

■ ハッカクレン(八角蓮)

Fumonen14_20

他と交わらずに、ぴょっこりと倒木わきに開いている葉。ピーマンのような艶やかさで存在感があります。葉の大きさも手のひらより大きい。葉の形が八角形というのが名前の由来だそうで、この葉の下に花が咲くとか。でも、こちらではまだ一度も咲いたことがないそうです。でも毎年葉は出てくる。いつか花が付く日が楽しみです。

手帖には、エンレイソウとシロヤマブキのメモがあるのですが、写真が見つからない。ということで、今回のご紹介はこれまでです。

足を運べない方も、お散歩気分になっていただけたでしょうか。

春は忙しい、忙しい。楽しい、楽しい。

人気ブログランキングへ クリックありがとうございます!
来週は、山芍薬の素晴らしい姿をお届けしたいです。

|

« 風聞園の山野草~前編~ | トップページ | 大船渡のホタテ »

岩手」カテゴリの記事

コメント

風聞園さんにお邪魔した時の回りの山々の木々が一斉に芽吹いて美しかったこと懐かしいです。
瑞々しい数多くの山野草もこちらも一斉に咲くのですね。

投稿: kayo | 2014年5月12日 (月) 16時20分

慶子先生 kayoさんと同じことを思っていました。もう一回ゆっくり行きたい場所のひとつです。山野草がこんなに種類があるのですか、益々惹かれます。

投稿: メアリー | 2014年5月12日 (月) 18時07分

kayoさん

またぜひゆっくりと歩いていただきたいです。kayoさんでしたら、一日に3枚でも4枚でもお描きになれると思います。

投稿: keiko | 2014年5月17日 (土) 21時55分

メアリーさん

難しい山野草も失敗しながら根付かせていった、ご主人と奥様の愛情の結晶の庭園です。よくみると貝殻のみちしるべがあったり、行くたびに進化していて、発見があります。またご案内したいです。

投稿: keiko | 2014年5月17日 (土) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/59623777

この記事へのトラックバック一覧です: 風聞園の山野草~後編~:

« 風聞園の山野草~前編~ | トップページ | 大船渡のホタテ »