« 11ぴきのねこ | トップページ | 花巻の秋まつり »

2014年9月11日 (木)

11匹のねこを訪ねて

 行ってきました!

11neko2

いきなり可愛い看板で、ワクワク度アップ。

展示は、まず馬場のぼるさんの軌跡から。

小学校のときの絵や、中学校のときの学校のノートなどありました。花などの絵は本当に美大生か!というくらい上手で、中学のノートの落書きなどは、そのまま一冊にしたいくらいのクオリティ。ノートの表紙までびっしり絵と文字で飾ってあって、芸術ですよ!すでに。線がもうプロの線なのです。ためらいがなくて、安定感があって。

やっぱり「好き」こそ、何よりのパワーなんだなと思いました。

後半は「11ぴきのねこ」シリーズ、すべての原稿が絵本のページの順番に飾られています。子どもも大喜び。「これ知ってる!」「これ読んだ!」と、駆け回り(館内で駆け回ってはいけません)楽しんでくれたので、ゆっくり鑑賞できました。ねこばかり書かれたノートや、何度も何度も二重線で消されたセリフ原稿など、こんな案があったのかと楽しめました。

ロビーでは、「11匹のねこ」のビデオが放映されていました。朗読の男性の声がの-んびりゆっくり読みすすめていくのが、なんとも心地よく眠気すら誘われるのですが、最後のテロップに「朗読 馬場のぼる」と出てきて、納得。ああ、こういう声の方が描かれたのだなーって。

帰ってきて、息子が「今日は11匹のねこ楽しかったね!」と何度も言いました。滅多にないことです。たぶん、また行くと思います。

その息子ですが今朝、「あーーあ・・・」と言いながら、くしゃくしゃのティッシュから、お花のクズのようなもの取り出しました。どうやら、昨日の幼稚園で摘んできてくれたのを忘れていたらしい。

「お水に入れておけば元気になるよ」と言うと(内心もうダメだろうけどと思いつつ)、自分のコップに水を汲んでそっと花を浮かべて幼稚園に登園。

息子を送って戻り、コップをのぞいてみたら、
なんとほんとに元気に!

Hana1

しかも、計算されたかのような配色。
偶然の賜物とはいえ、母は感激したのでありました。

絵が描けたら、絵本にしたいストーリーです(ハッ!)。

人気ブログランキングへ 1日1クリックの応援ありがとうございます。
「11ぴき」シリーズに、水玉の“へんなねこ”っていうのが出てきます。すごくいい。

|

« 11ぴきのねこ | トップページ | 花巻の秋まつり »

個展・展覧会」カテゴリの記事

コメント

晶太君よかったね~コップのお花、奇麗な配色。

お花もいっぱいお水をすって生き生き・・うれしいね~

投稿: kayo | 2014年9月11日 (木) 10時59分

kayoさん

kayoさんの絵のような色彩です。
帰ってきた本人に「見て!見て!元気になったよ、可愛いよ~!」と見せましたが、反応は薄かったです・・・
成長が嬉しいやら、寂しいやら、です。

投稿: keiko | 2014年9月13日 (土) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/60297158

この記事へのトラックバック一覧です: 11匹のねこを訪ねて:

« 11ぴきのねこ | トップページ | 花巻の秋まつり »