« 晴れた日に | トップページ | 絵本が(きっと)できるまで 第2回 »

2016年5月26日 (木)

絵本が(きっと)できるまで 第一回

 絵本を作ろうとしています。

文章は預かっており、私は絵と製本の係です。

さて、まずはじめに何をすればいいでしょう。

何もわからないので、まずネットで絵本の自費出版について調べてみました。わんさか業者がありました。これは、細かく見比べ始めたら膨大な時間がかかると思い、さらっと見るだけにしました。

その中でわかったことは、「素敵な本を作るにはかなり、かかる¥」ということです。でも、それは覚悟の上。出せる範囲で探すしかありません。

事前に知っておいてよかったと思ったことは、縦開きより横開きの方が高いことがある、ということです。すべての業者について調べたわけではないので、わかりませんが、そういうところもありました。変形、凝った作りにしようと思ったら、ますますでしょう。

また、本のサイズが大きくなれば当然高くなります。

そんなこんなで、今のところ、A4サイズの横開きにしようかと考えています。
横開きは高いかもしれないけれど、旅をする物語なので、横のほうが距離を感じられるかなと思ったからです。

そう、物語は「白馬が旅をする」という内容です。
主役が白馬なのですが、いままで馬と触れ合ったことなどまずないですし、白馬は間近で見たこともありません。そこで、図書館に行き、まずは馬の図鑑、そして馬が主役の絵本を片っ端から借りてきました。

イベントで「乗馬体験」「ポニーに乗れる」などを見つけては、実物の馬を見にいきました。馬の世話をしている人に話を聞いたりもしました。

馬の表情は耳に出る、なんていう話は描く上でとても重要だと思いました。

それと、馬にかかわらず、自分が好きだな~と思う雰囲気の絵本をたくさん読み漁りました。こんな風に描けたらというものはたくさんありましたが、まあそれはそれなんですよね。1枚2枚真似したところで、30枚持続できるはずがありません。

自分のいつもの調子でするする描ける画風でいくしかないのです。

それでも、構図や大胆な切り取り方、参考にできることはたくさん。
文章のどの場面を絵にするのかなど、考えだしたらかなり深いのです。

・・・と、そんなことを考えて半年以上経ってしまいました。

まったく、頭でっかちになりすぎているかも。
いい加減、手を動かさなければ。

カメの歩み、いや、できればカメの速足で、馬の絵本を作ります。

Rps20160525_185519_679

人気ブログランキングへ  なお、縦書きor横書きもすごく悩んでいます。

|

« 晴れた日に | トップページ | 絵本が(きっと)できるまで 第2回 »

絵本づくり」カテゴリの記事

コメント

馬の絵本と言えば、スーホの白い馬を連想します(^▽^)
どんな話か楽しみです。
私のスタンプは学校の広報役員で忙しくてなかなかできず。来月あたり、亀のように書いていきますかな。

投稿: 紅 | 2016年5月28日 (土) 22時22分

紅さん

図書館の方に「馬が出てくる絵本を探しているのですが」と伝えたら、真っ先に出てきたのがスーホーでした。名作ですね!
役員のお仕事大変ですか。でも、ちょっと忙しいくらいの時のほうがはかどったりしますよね。
まずは歩きだせば、いつかゴールにたどり着けるかな。甘いか。

投稿: keiko | 2016年6月 2日 (木) 10時28分

絵本を作るんですね!
楽しみにしてます♪
学校はどうですか?
うちは、毎日怒られて帰ってくる。。
やんちゃな、彼に振り回される毎日です。

投稿: ねもち | 2016年7月 1日 (金) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/63685604

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本が(きっと)できるまで 第一回:

« 晴れた日に | トップページ | 絵本が(きっと)できるまで 第2回 »