« 絵本が(きっと)できるまで 第一回 | トップページ | マルカンデパート、区切りの日 »

2016年6月 2日 (木)

絵本が(きっと)できるまで 第2回

 絵本を作っています。

以前、画集を作ったときのことを思い出しながら・・・
まずは、全ページを仕上がりサイズの白紙で綴じてみて、本っぽいものを作ります。今回は、A4サイズの横開き、ということでだいだい決めたので、それの「横書き」バージョン、「縦書き」バージョンの2冊を作りました。

そこに文章をパソコンで打ったものをプリントアウトして、割りつけ、貼り付けてみます。

文章のどこで改ページするのか、思ったより難しいです。
きりのよいところで区切るのか、ちょっと次の展開を匂わせてページをめくりたくさせるのか。微調整はきっと最後の最後まで続くと思います。

それと、一番の問題は、文章のどの部分を絵にするのか。

・・・・・・・・

絵本を作るにあたり、絵本に関する本を色々と読んでいます。

大変勉強になったのは、この2冊。

Ehon_2

Ehon_3

著者の方のお名前からして、もう間違いないです。

柳田邦男さんはいわずとしれたノンフィクション作家。岩手県民としては、「遠野物語」のイメージも強いです。

河合隼雄さんは、臨床心理学者。多くの読みやすい心理学の本に学生時代から助けられています。

松居直さんは、児童文学家。あの月刊「こどものとも」の創刊、編集長をされていました。

お三方の大変わかりやすい絵本指南のおかげで、「絵本とは?」という今まで考えたこともなかったことを言葉で確認することができ、方向性もほんのわずかですが見えてきました。

特に印象的だった言葉は、松居直さんの

「絵本は子供に読ませる本ではない・・・(中略)・・・大人が子どもに読んでやる本です」という部分。

絵本は、大人であっても自分で読むときと、誰かに読んでもらう時とでは大きく印象が違うのだそうです。大人になると、誰かに本を読み聞かせてもらう機会がなくなるので、目からウロコです。

自分で読むと、読んでいる時は字を追い、そのあとで絵を見る。ここで時差があるので、言葉と挿絵の間に溝ができる、と。

読んでもらう時には、「耳で言葉をききながら」「挿絵を見る」ことができるわけですから、耳で聞く言葉が静止画であるはずの絵を動かすのだそうです。すごい!

子どもたちにはその体験こそ必要なのだと。受け身で情報が入ってくるこの時代だからこそ、自分で想像したり、広げたり、動かしていけるこの体験が貴重なのだと。

絵本を作るにあたり、ある部分を「絵にする」のではなく、流れの中にある一瞬を絵にしなくてはならないのだな、とますますハードルは上がってしまいましたが、大きなヒントを得られたワクワク感はあります。理想は高く。

確かに、いろいろな絵本を読んでいても、言葉と絵が微妙に一致していないとちょっと不快感があったりします。上手とはいえない絵、丁寧とはいいがたい絵でも、文章とぴったりだと、リズムよく読み進められたりします。

ずーっと読み続けられている人気の本には、そんな秘密もありそうです。

全体的にどんな挿絵にするのかの研究も。

Ehon_1

ページ全体を絵にするのか、カットのように、ちょこちょこと絵を入れていくのか、いろいろなパターンを美しい絵本に学びます。

紹介されている本をぜひ手に取って見てみたいですが、さすが「PEN」から出されているだけあって、おしゃれすぎな本、洋書が多いので、どれだけ市の小さな図書館にあるのやら・・・

さて、今日も図書館で宝探しです!

人気ブログランキングへ  子どもの仕事が絵を追うことだとすると、字は縦でも横でもいいのかな?

|

« 絵本が(きっと)できるまで 第一回 | トップページ | マルカンデパート、区切りの日 »

絵本づくり」カテゴリの記事

コメント

着々と進んでるね!
絵本は、子どもが読む本じゃなくて
大人が読んであげる本なのね。
なるほどね。
「子どもがいくつになっても
 絵本を読んであげなさい」
と言う話をむか~し昔に聞いたことを
今思い出しました。
私も絵本探しに行ってこようかな!

投稿: まりっぺ | 2016年6月 2日 (木) 12時03分

まりっぺへ

そう言われると、着々と進もう!と思える。
ありがとう!
「子どもがいくつになっても」って
松居直さんも、その文章の中で書かれていたよ!実際学生への講義の中で、読むのと読み聞かされるとの違いを実感させたり、ってエピソードも。

いい絵本に出会うにはまずは数だわ、と、昨日も上限15冊借りてきました。千本ノックだ。

まりっぺのおすすめもぜひ教えて!

投稿: keiko | 2016年6月 3日 (金) 05時55分

ご無沙汰してます!
絵本を作っていたんですね。
お元気そうでよかった。
また見に来ますね。

投稿: グエン | 2016年6月15日 (水) 14時03分

グエンさん

お久しぶりです!
グエンさんの絵だっただ、本当に美しい絵本ができるだろうなぁ。絵からストーリーが生まれそう。なかなか筆が進まなくって・・・
でも元気に生きてます!

投稿: keiko | 2016年6月23日 (木) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148930/63718985

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本が(きっと)できるまで 第2回:

« 絵本が(きっと)できるまで 第一回 | トップページ | マルカンデパート、区切りの日 »