2016年7月10日 (日)

新鮮+おしゃれ+新発見

 岩手はまだ暑くもなく、梅雨の合間にからりと晴れた日などは、出かけずにはいられません。というわけで、

 一関の「ヒラサワフードマーケット」さんへ。

昨年9月にOPEN。産直+カフェをコンセプトにしたお店で、地域の方々の手も借りて改装されたという古民家の、そのセンスの高さが評判です。

たどり着くまでの道はなかなかですが(見つけづらい&最後の道が少々細い)、スマホのナビの優秀さに助けられてなんとか到着すると、一気にテンションが上がりました!

Hirasawa1_2

屋根などを見ると、たしかに古民家なのですが、外壁もウッドデッキもおしゃれ~ おいてあるグリーンもいいんです。こんな風にしたいと参考にしたくなるんです♪

Hirasawa3

Hirasawa2

ハーブの苗は、販売もしていました。

周囲はこんな景色。

Hirasawa4

中に入ると、これまた「わぁ(ハート&ハート)!!」な内装。

ワクワク♪で席に付き、でも周囲で販売されている野菜やおやつやパンや雑貨も気になってしょうがない、みたいな感じがしばらく続くのですが、写真はありません。←興奮のしるし

しかし、一緒にいった友達のやさしさのおかげで、2枚描けました。(子どもを見てもらって、さらに食事お預けで絵まで描かせてもらうという、鬼っぷり)

160605_

160605__3

絵になるな~、絵になるな~、絵になるスケッチは楽しいな~

野菜がみずみずしくて新鮮。

ふつうのレストランなら企業秘密かなと思って遠慮してしまう、食材についてや調理法など気軽に聞けます。そこで同じ食材を買って「家でやってみます~っ」もできる!
パンも地元のパン屋さんのもので、こちらでも購入できて、いろんなお店を一気に開拓できた気分になれました。

ここ数年で、小さいのから大きいのまで産直がぐんと増えました。採りたてで土付きのものとか、水分でパンパンのものとかが安く買えてありがたい存在。

いやほんと、『新鮮』が何よりのごちそう、と感じたのが、セブ島(フィリピン)に行ったときに食べたバナナ。

それが、もーーーーーーーーー、びっくりのおいしさ!!!もう別物でしたよ。中の黄色がまず濃くて、かじるとむっっっちり。ジューシーは言い過ぎだけども、日本で食べるものにはないトロミ食感。バナナはある程度日持ちがする分、流通にも時間がかかるのでしょうね。

その後、日本で高いバナナに挑戦してみたり、あの味を求めているのですが、いまだ出会えません。

ちなみに、バナナの輸入量は5~6月が一番多いのだそうです。暑くもなく、寒くもない時期。なんだかわかる気がします。

人気ブログランキングへ  今日はバナナ日和ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

マルカン応援グッズ

 6月7日に閉店した花巻のマルカン百貨店、閉店が決定してからというもの、その思い出を残すため、あるいは存続を求めて、たくさんの活動が立ち上がりました。

そのひとつ、「marukan T project」さんは、 閉店前にマルカンソフトをモチーフとしたデザインTシャツを販売され、あっという間に完売。今や着てると「いいなー!」と言われる、自慢できる逸品です。

その団体が、Tシャツの次に私のマルカンイラストに目をつけて下さり、販売を企画、今回のポストカード販売に至りました。

そのプロジェクトのサイトから直接カードが購入できることとなりました。

Marukan T project (facebook のサイトです)

どうぞ、ご利用下さいませ!!!

  また、取扱いご協力店は(敬称略)

【無ら里】(ぶらり) 花巻市一本杉35-19

【baju】(バジュ) 花巻市西大通1丁目218

【I・DEN・TI・TY】(アイデンティティ) 花巻市吹張町10-34

  となります。どうぞよろしくお願い致します。

**********

マルカン寄付金付き商品は、まだまだあります!どれも関わった方々が熱い想いで作られています。

■マルカン応援ワイン
 花巻市大迫のエーデルワイン赤白2本セット

■マルカン大食堂復活応援焼酎
 花巻喜久盛酒造33年熟成の焼酎

■MARUKAN IMAGES ~マルカン思い出の写真集~ 限定3000部

■マルカン食堂ソフトクリームストラップ 

以上は、すべて IWATE STAR BRAND さんのサイトで購入できます(写真集とストラップは予約受付)。

人気ブログランキングへ  クマの話題が止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

[寄付つき]マルカン食堂ポストカード

 マルカンポストカードの続報です。

昨日、岩手日日新聞の花巻版ページにどーんと載せていただきました。

そして、通販もスタートです!

(ポストカードへの直接リンク)

購入してくださる方も、そうでない方も、どうぞ一度ご覧下さい!
こんなカッコよく演出していただけるなんて・・・
馬子にも衣裳です。ほんとに。

また、他に取り扱われている商品も、厳選されたものばかり。誰かにプレゼントしたい~と、いろんな人の顔が浮かびます。
ひとつひとつに作られた経緯や思いなど丁寧につづられていて、読み物としても素晴らしいです。

ポストカードについてですが、今回は初めてヴァンヌーボという紙に印刷してもらいました。

Marukancardall

しっがりとした厚紙で、少し黄味がかっているので絵にあたたかさが出ます。おいしそうさも増します。水彩紙のような、わずかにざらっとした柔らかい触り心地。

Marukancard

インクの乗ったところは少し光って、高級感が。ここが自宅プリンタと一番違うところです。

実際にハガキとして使っていただく際にも、書き心地がとても良いです。

宛名面も、全部違うイラストを載せています。

「マルカンどこでしょう?」なカットです。

Marukanomote

マルカン好きなあの方と、話のネタにしていただけたら嬉しい。

マルカンを知らない方にも、なんとなく懐かしさを感じていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ  今日発売の朝日新聞にもマルカン応援の記事が載るそうです。ポストカードは残念ながら乗りませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

マルカンデパート、区切りの日

 花巻のマルカンデパートが本日、閉店します。

店中に貼られている「43年間のご愛顧 ありがとうございました。」の文句を見るたびに、同じ時代を過ごしてきたのだなぁと、しみじみ感じます。

「老朽化」と言われても、いやいやまだまだいけますよ、と反論したくなります。

しかし、閉店です。

閉店が決まってからも、マルカンを残したいという動きが若い人を中心に花巻内でも盛り上がり、それはそれは本当に頼もしく、自分も何かお手伝いはできないかとあれこれ考えてはみるのですが、思うのと行動するのとは雲泥の差。引き継ぎに名乗りをあげた「花巻家守舎」さんには、心より敬意を表します。そして、ぜひとも実現していただきたい!応援します。

せめてもと最後に何枚か描いてきました。花巻のみなさんにも「そうそう、これね~」と、浸っていただけたら嬉しいです。

160520_

160526_

160525_

160526__2

160603_

160602_

そして、これは2007年に描いたもの↓

071111_ig

変わったのは、マルカンソフトの値段くらい。140円→現在180円。

楽しくあたたかい時間をありがとうございました。

働いている方々にとっても最後の一日、どんな想いで作り、運び、最後の片づけをされるのか。想像するだけで、こみ上げてくるものがあります。

復活を心待ちにしています。

人気ブログランキングへ  裏口の焼き芋屋さんにもお世話になりました。こちらも復活を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

地粉の店やどり木さんでお宝発見

「すっごくリアルですね、このクリップ」

Yadorigi1

奥州市水沢区にある、パン屋「地粉の店 やどり木」さんにて。

「あ、それ、本当のパンです」

えええええ!!! かっ、かわいい。

Yadorigi2

留めても可愛い。

さりげなく使って、「あ、これ?本当のパンなの」と言いたい。

パンもひとつひとつ丁寧にこねられた、優しい味です。

お店もホームページもとっても素敵。こんなハイセンスなお店が、繁華街ではないところにぽつりと。いろんな人から勧められて知っていましたが、偶然見つけたら興奮しそう。

ぜひ。→ やどり木さんサイト

人気ブログランキングへ クリックありがとうございます!
もちろん嗅いでみました、パンクリップ。地粉の香り。水沢、桜咲いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

多肉へのめざめ

 ある時、友人が送ってくれた、2枚の写真。

いきなり恋に落ちました。

Maruyou_1

ミシン。

いや、それももちろん可愛いですが、手前の寄せ植え!!

こ、これは何??南国のフルーツ盛風のコレ!!

 多肉植物のハンギングバスケット だそうです。

Maruyou_11

水沢にあるおしゃれなカフェ「マルヨウ」さんです。

Maruyou_2_2

Maruyou_8

同じく一目惚れしたその友人がお店の方に恋心を打ち明けたところ、「販売はしていませんが、作り方を教えますよ」と、素晴らしいお返事が。もちろん乗っかりました。

待ちに待った講習の日。天気は晴れ!

マルヨウさんは、隣で「マルヨウ園芸資材」店も営まれています。そこで育てられている多肉植物、中に入れる苔や土、ポットや針金、その他工具すべて用意して下さって。講師のお母様はとてもキュートで、教わっていくうちにどんどんファンになりました。

寄せ植え初体験。

行儀良く並んだ多肉植物。背筋が伸びます。

Maruyou_9

まずはポットをこんな風に。

Maruyou_3

苔を敷き、ネルソルという土を絡めながら一株ずつ埋めていきます。

作業しやすいよう、植木鉢をひっくり返したものを、台にして。ちょっとしたアイデアを知ることができるのが講習の醍醐味。

Maruyou_4

この作業、なんともたまらない。何かのセラピーみたい。

Maruyou_5

上までいきました。針金で留めて、上の部分。残った多肉株と相談しながら、配置や配色、バランスを 立ったり座ったり回したりしながら植えていきます。た、楽しすぎる。

そして、いよいよ、完成

Maruyou_6

嬉しい。こんなかわゆいものを自分で作れるなんて。持って帰って、成長を楽しめるなんて!

さらに、お手入れが楽。
10日に一回たっぷりの水に浸してあげるだけ。

花が咲くものもあれば、紅葉するものも。どんどん伸びるもの、増えるもの、これからたくさん表情を変えていってくれるはずです。

Maruyou_7

お問い合わせは、マルヨウさんまで。→「二代目マルヨウ日記」

リクエストがあれば、日程調整の上、講習してくださるそうです。今回はなんと材料費だけでwobbly!ありがとうございます。

また、陶芸教室も開かれていて、とても人気なようでした。

講習のあとは、カフェで美味しいコーヒーと可愛らしいおやつをいただきました。

こちらは先生の作品。器は陶芸教室の先生のもの。

Maruyou_10

多肉植物と、山野草のエリカを合わせて。素敵だ~・・・

人気ブログランキングへ 1日1クリックの応援ありがとうございます。
ぷくぷくした多肉の中身は水分のようです。乾燥した土地でも強いように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

もちホットク、ラブ。

 台風が近づいているなんて想像もできないくらい、穏やかで静かで晴れやかな連休となっております。

 昨日は金ヶ崎の「O-1グランプリ」 に遊びに行きました。

ご当地B級グルメの№1crownを決めるイベントです。会場は食べるスペースを囲んで、コの字型に18店が軒を連ねていて、食欲をかきたてられます。3連覇した「富む富むの焼きチーズカレー」は、行列はできるものの、とても手際も効率もよくて、どんどんお客さんの手元に渡っていました。そういう工夫も勝つには必要だなーと、観察していました。食べながら。お腹一杯もぐもぐ食べながら。

個人的には、「産直いさわ あぐりキッズ」のもちホットクが衝撃的でした。なんとも説明が難しいのですが、“シナモンが香るむっちりおやき”・・・かなぁ、とにかくボリュームもあって、むちむちしていて(むちむち大好き)、甘くて、香ばしくて。鉄板で作る過程も見ていて楽しい。待つ時間もしょうが糖や焼き栗の試食をふるまってくれるなどお母さんたちも元気で明るい。いいお店でした。

お気づきかもしれませんが、写真がありません。
そうです、食という欲のせいで、撮る暇なし。

そして、今日もいただきもの。
これは、帰ってから食べる前にハッと気付いてパシャリcamera

その① 立派なシイタケ(たぶん水沢産)

Shiitake1

あまりに立派なサイズと張り。ほわっとして可愛い。
大きさがわかるように、普通サイズのエリンギを添えてみました。

その② 立派なマイタケ(江刺採)

Maitake_2

採れたてだそうです。
大きさがわかりにくいですが、手のひらよりずっと大きい!

その③ 立派なサトイモ(北上産)

Futago

大きくてびっくりします。
北上市の二子(ふたご)地区で採れる「二子芋」。このへんの人は「二子芋」としか呼びません。サトイモなんだけど、もう別世界のもの。

いわゆる豚汁ってありますが、サトイモ入れると「芋の子汁」ですものね。主役はまさに芋!

秋の幸まつり、まだまだ続く~(希望)

人気ブログランキングへ 1日1クリックの応援ありがとうございます。
ご当地ヒーロー「護宝神ニシワガー」のクオリティーが高かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

菊池牧場の

Kikuchib

いい。

すごくいい。

先日、岩手町「石神の丘」の産直で買いました。

このユルさがたまらない上に、味も超旨い!のです。

岩手県内で食事をする時、美味しいパスタ屋さん、ピザ屋さん、パン屋さんなどなどで、「菊池牧場の手作りソーセージを乗せた~」「菊池牧場の~」「菊池牧場の~」と、見かけるたびに、反射的に注文してしまいます。だって、間違いないから!

家族経営の食規模な牧場さんで、元気な牛と豚を育てながら、無添加のソーセージを丁寧に作られています。

大事に食べたくなります。

バイスブルストはポトフで。大きく切った人参と玉ねぎと共に、このでっかいソーセージをまるごとドボン。弱火でコトコトコトコト。薄い皮が、はちきれそうになりながらもはち切れず、でもじわじわと肉汁がスープに浸み出ていました。

ウィンナーソーセージはシンプルに焼いて。ちょっと燻られた香りがもう、ビールを呼びます。

各500円(税別)です。

プレゼントにも、喜ばれます。

通販で買えるようです。

菊池牧場 岩手県岩手郡岩手町

通販で届くのも、このユルいイラストに包まれているのかな。

いいな。

人気ブログランキングへ クリックありがとうございます!
盛岡「ポルト・ドゥ」の“しろドッグ”最高です。菊牧ウィンナーまるごと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

大船渡のホタテ

 久しぶりに大船渡へ行ってきました。

今年の初めに、大船渡の「門中組虎舞」の保存会長さんから、『虎舞の暖簾(のれん)を染め(藍色の白抜き)で作りたいのだけど、その絵を描いて欲しい』 という、大変光栄なお話をいただきました。

1ヶ月ほどかけて2枚の絵を描き、お渡ししました。

その完成が間近で、今は染めの段階のようです。

そんな話と、大船渡の今の様子も伺いに。

久しぶりの町は、新しい戸建てや小規模の集合住宅があちこちに出来ていて、工事もラッシュとばかりにたくさんのダンプが行き交っていて驚きました。

こちらは、道中の陸前高田。

Takata_1

山を切り崩して整地している場所がたくさん。

こちらは海沿い。

Takata_2

以前は、奇跡の一本松しか視界になかったアングルも、今ではこのような景色に。ベルトコンベアが張り巡らされて、近くの山から町中に、かさ上げのための土を運ぶのだそうです。トラックで10年かかるところが3年に短縮されると聞きました。

資材や重機もたくさん。

Takata_3

確かに、進んでいるようみ見えました。
何をもってして復興が進んでいると言えるのかはわかりませんが、それでもやはりまずは仮設住宅から出るということが最優先ではないかと思います。

とある大船渡の仮設エリアは60近い戸数のうち、現在20ほど空いているそうです(家を建てて引っ越したため)。そして、年末頃にはさらに20戸は空きそうだと。朗報です。しかし、他の市町村との格差を心配せずにはいられません。

*****

そんな中。

海産物は、順調に復活しているようです。

ホタテは最も時間がかかると言われていましたが、今年は見事なホタテと再会することができました。大船渡産の元気なホタテ。採れたてsweat01

Hotate_1

ゆーっくりとあくびをするよう開きますが、ちょっとでも触れるとバグッimpactと閉じます。
専用の殻開けヘラがなかったので、かなりのバトルでした。

Hotate_2

開いてしまえば、こっちのもの。

ウロ(黒い部分)の下に手を入れて、あとはベロ~ンと気持ち良いほど簡単に貝柱を露出させることができます(4歳児でも)。

Hotate_3

剥きたては、動きます。ぬるぬるします。

真水でさっと洗って。

仰々しく並べてみました。ありがたや~、海の幸。

Hotate_4

まずは刺身で。私の予想に反して、柔らかいとかトロケルとかいう感じではなかったです。

むしろしっかりしていて、歯ごたえがある。甘みもしっかりありますが、なんというか“若い”。人間で言うと青臭いような。←わかりにくい、相変わらず。

子供用にと、贅沢にも新鮮ホタテを2個分バター炒めに。ヒモも洗って一口大に切り。最後に醤油をシュシュシュっとやって。

こ~れ~が~

Hotate_5

うまし!!!!!ですよ。奥さん。

当然といえば、当然ですけどね。止まりませんよ。

子どもと本気でケンカになりますよ。

・・・・・・というわけで、

大変美味しくいただきました。

腹幸の復興は順調です。

人気ブログランキングへ クリックありがとうございます!
刺身用に、いい醤油が欲しくなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

そば処、凛庵

蕎麦通の知り合いに教えてもらったのがこちら。

Rinan

そば好きの親が岩手に来た際に行ってみたところ気に入り、来るたびに連れて行っています。

私も蕎麦は大好き!だけど、うまく説明はできないcoldsweats01

しいて言えば、白っぽくてちゅるちゅるっと入る蕎麦が好み。こちらのお蕎麦も、みずみずしくて大変おいしいです。

そして、個人的にイチオシが「ミニ天丼」!

サクサクの天ぷら、充実の天ダネもさることながら、とろりとしたタレがたまらない。もちろんお米の美味しさも。

最初は子どものために注文したのですが、そのほどよいボリュームと味に、最近では家族全員がミニ天丼付きセットに。

あ、ミニ天丼の写真がない!

ので、行ってみてのお楽しみということで。

お店の方のサービスも心がこもっていて、ちょこっとおしゃべりも楽しみに来る地元客も多い感じでした。

駐車場も道路からすっと停めやすく、店内も広々としています。お蕎麦屋さんは子連れNGなところもけっこうあるので(気持ちはわかります)、一緒に食べられるお店はありがたいです。

おすすめです。

人気ブログランキングへ クリックありがとうございます!
岩手は最高の季節を迎えています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧