2014年8月16日 (土)

365日のシンプルライフ

 気になる映画があります。

「365日のシンプルライフ」

フィンランド発の、断捨離映画。

ヘルシンキ在住の26歳の男性が、失恋をきっかけに、自分の部屋の荷物をすべて倉庫に預けてしまいます。

そして、『毎日ひとつだけ倉庫から持ってくる』という生活を1年間続けるという実験ストーリー。

365

パンフレットを見ると、

1日目は、コート。(パンツではなく)
2日目は、靴。
4日目に、ジーンズ。
7日目に、マットレス。
8日目に、靴下。(これはもっと遅くてもいいような)
10日目に、毛糸のぼうし。



と、続いていきます。

この映画を見て、同じようなことをする若者が増えているとか。

確かに、自分だったら、と考えずにはいられません。
まずは、身を包むもの一式でしょうね、きっと。

その次に、何だろう?

いきなり行き詰ります。きっとその時にならないとわからない。

この365日のルールには「1年間、何も買わない」という決まりもあります。あるものを見直し、本当に必要なものについて考えることになります。

私も常に家にあふれるモノをどうにかしたいと思い続けています。思い続ける時間がもったいない。どこかのタイミングで思い切って徹底的にやらなければ、ずーーーっと、モノに埋もれてうめきながら、買い続けるという矛盾した生活を続けなければなりません。

モノを極限まで減らすと、買いたくなくなると言います。

買物も楽しいから、そこまでやならくても・・・なんて、中途半端な甘さがやっぱり現状につながっているんですよね。

わかっているのになぁ。(わかってないんだろうな)

ほどよくスッキリ、好きなものに囲まれて、掃除が楽で、探し物もすぐ見つかるような生活にやっぱり憧れる。

そういう生活をしている知り合いがいますが、タダで配られているようなもの(購入した商品の特典でも)は一切もらわないそうです。

まずは、減らすことより、増やさないことから、かな。

あ、このパンフレットは、吉祥寺に新しくできたドーナツ屋さんに置いてありました。

→ フィンランドより日本発上陸! ドーナツ&コーヒー「アーノルド」

Alnords1

大きくて、むっちりしていて、甘すぎず、高すぎず。満足感大!
今まで食べたドーナツで一番好み。

映画は今日から「オーディトリウム渋谷」にて公開!

予告編もうまい! → 365日のシンプルライフ予告編

人気ブログランキングへ 1日1クリックの応援ありがとうございます。
10月あたりに、仙台でも公開されるようです。どうにか観て、年末大掃除につなげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

保育園デビュー?

Baby18_4  家から数分のところに保育園があります。散歩のたびに気になっていた看板の「一時保育」の文字。
思い切って相談しに行ってきました。

 すると、私のような不定期な仕事や、急な病気、冠婚葬祭時、などに利用できることがわかりました。

8:30~17:30、食事込みで2,500円。
この利用料はお安いのではないでしょうか。月に12日まで、と決まっていますが、私としては、週1回でも預かってもらえれば、いろんなことができるな~と、夢が広がります。

情報ばかりたまっている食べ歩き絵日記の描き歩き、スケッチのお仕事や、教室も。病院や美容院、マッサージだって行けちゃうわ。
息子がいるとできない家事もあるし、歩き出す前に撤去しなければならない家の中のあれこれ。そして、たまには気分転換・・・

でも、いざ預けるとなると、なんだかかわいそうな気がしたり、自分の欲望を優先させているような後ろめたさが芽生え、一歩が踏み出せない。一歩踏み出しちゃったら、きっとやみつきになるんだろうけど。そして、息子も保育士さんに遊んでもらえて、きっと、楽しいよね!

■ 今日の一絵 ~ 平泉 吉野屋 ~

100611_web

このところ大変お世話になっている一関「佐惣珈琲」さんに、息子がNHKみんなのうた(岩手版)の「大根コン」が大好きなんです、とお話ししたら、 作詞作曲は平泉「吉野屋」さんの4代目吉野崇さんがされたのだと教えて下さいました。すると、そこへ偶然、吉野屋さんの奥様がいらっしゃり、びっくり。そのまま奥様にくっついて、吉野屋さんにおじゃまし、崇さんに大根コンにまつわるいろんなお話を伺えた、というラッキーな一日でした。ほのぼのとあたたかい「大根コン」の歌と、優しい手のぬくもりを感じるお菓子、とても相通ずるものがありました。また必ず伺います。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

新しい友達

 家に居ることが多くなって、ぼおっと外を眺めていたら、ベランダにすずめがよくやってくることに気づきました。そこで、空木箱を利用し、餌台を設置。中身はモミガラ米。

Suzu0_2

お。早速、気づきましたね。

Suzu2_3

そう、
パラボラアンテナ裏に
隠れ家レストランが
できました。

 

Suzu1

  めんこい、めんこい。た~んと召し上がれ~~~

 なんて、朝から夢中で写真を撮っていたら、同時刻に携帯のメールがたてつづけに鳴りました。何事かと思ったら、なんとズームイン!!SUPERに一瞬、私が映ったとのこと。
 4月に山形のレストラン「アル・ケッチァーノ」に行った際に、たまたま受けたインタビューの放映でした。現地では、語ったり褒め讃えたりしたのですが、使われたのは、振り返って「岩手からです」、というワンカットだけだったようで。しかも、一緒に行った友人は「大阪からです」だったので、使ってもらえただけでラッキーでした。

 全国から人が訪れる名店「アル・ケッチァーノ」が東京進出
お近くの方はぜひ!山形の季節の食材を堪能できますよ~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

続・本間まさこさん大活躍!

Masakosan  今日、NHKのお昼の番組に、岩手スケッチ仲間の本間まさこさんが登場しました~!(詳しいいきさつは本間さんのHPで)

 アナウンサーの方からの質問形式で、岩手のすばらしさや絵を描いていたときのあたたかいエピソード、景色に感動したこと、スケッチの楽しさなどなど、目をキラキラさせながら話していました。私も岩手に来た頃のことを思いつつ、改めて新鮮な気持ちで「描きたい」と思わされましたよ~

 今後の展開が楽しみです!!!ワタシもがんばろっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

江刺での個展終了

 1ヶ月の展示が終了。今日は搬出です。
期間中はちょくちょく出かけ、蔵の片隅で、お客さんの反応をうかがっていました。わざわざ絵を見に、というより、お茶を飲みに入ってなんとなく気づく、という方が多いです。「へぇ~」って。
そのナチュラルな距離感がとても楽。貴重な場です。

 7月は新しいことにいっぱい挑戦しました。
冊子の取材、ラジオの収録、エコイベント、近視手術、そして日本画教室も3ヶ月のカリキュラムを終了しました。ふぅ~っ

 息つく暇もなく、8月。明日からは東北の夏祭りがバンバン始まります。甲子園も、オリンピックもある!熱い月になりそう!!!

■ 今日の一絵 ~古代米の田植え 岩手・花巻~

Taue_web  手植えはもう珍しい光景。スケッチさせていただいた上に、作業の合間の「小昼(こびる)っこ」(3時のおやつ)にまでおじゃましました。古代米のおにぎりと、自家製のおつけものにおかず、小昼どころか、我が家の夕食より豪華~ 広い空の下、最高の贅沢でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

はじめての、ラジオ体験

 個展会場「楽庵」さんにて、ラジオ収録があり、楽庵のママさんと一緒に、ゲスト出演してきました。

Radio  パーソナリティーのMさんは、楽庵の常連さんで、釣りの名人。先日私が飛び入り参加させていただいた遠野の釣りツアーは、Mさんのイベント。参加できたのは、楽庵ママさんのおかげでした。

 そんなご縁で、突然この展開。

 もちろん初体験。当日まで、何を聞かれるのかわりませんでしたが、どうやら「東京からやってきて、岩手を描いている人」という部分が、興味深かったようです。どうして岩手に来たのか、どういうところがいいか、どんなものを描きたいか、など聞かれました。

 ふだんは冗談まじりに余計なことまでペラペラしゃべれるのに、もう緊張してしまい「ハ、ハイ!ワタクシトイタシマシテハッ、、、」と、
ガチガチ。楽庵ママさんは歌うように流れるようにおしゃべれりされてるのに。自分のあまりのダメダメさに、落ち込みました~

 でも、貴重な体験をできたことは大感謝なのです。
(にしても、もうちょっと何とかならなかったものか・・・悶々々々)

■ 今日の一絵 ~ 遠野にて 釣り人 ~

Fisherman1_web  こちらがM氏。釣りって、じっと魚を待つものなのかと思いきや、ココというポイントを見つけるまでは、とにかく動き続けます。私もゴム長でついていきながらスケッチ。Mさんだけ描き終えると、あとはこの風景の場所に戻り、背景をじっくりと。釣りの皆さんを待つ間、ゆっくりと描けました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ココだ!はドコだ?

 新日曜美術館を観て、画家には「ココだ!」という運命的な聖地があるんだな、と思いました。ゴッホにはアルル、ゴーギャンにはタヒチ。オランダ人ゴッホはアルルの明るさにおおはしゃぎだったけれど、幼少をペルーで過ごしていたゴーギャンはアルルでは物足りず、タヒチへたどり着いたとのこと。それぞれです。画家に限らず誰にでもそういう場所があるのだとしたら、見つけてみたいな。

 いろいろな情報から、あちこちに憧れて、可能な範囲足を運んでみる。それは自分にとっての「ココだ!」を探しているように思います。行ってみて、すぐに帰りたくなる場所もあれば、「ココかもしれない」と思い再訪を重ねる土地もあり、まだまだ模索中ですが、来月は憧れ続けていた土地のひとつ、屋久島に行ってみようと思います。

■今日の一絵 ~青森 弘前城の桜~

Hirosaki_web  始めて訪れた弘前城は、想像以上に素晴らしかった。桜の種類が多いこと、広いこと、案内がわかりやすいこと、あちこち芝生でお弁当を広げられること、岩木山が見事なこと、屋台が充実していること、駐車場が周囲にたくさんあること・・・!興奮して構図も線も暴れてしまいました。でも、あの日を鮮明に思い出せる一枚に。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

トトロの森を描いた人。

Totoro_2    男鹿和雄さんの展覧会へ行ってきました。ものすごく混んでいるというウワサを聞いていたので、平日の開館前に到着したところ、すっと入れました。

 原画はやはり格別です。1枚1枚の完璧さに打ちのめされます。とりわけ好きだな~っと思ったのは「おもひでぽろぽろ」の爽やかな作品群。大声あげちゃった。後半は作品を作る過程などをパネルやDVDで観ることもできて、とても充実した内容です。そして、最後のお楽しみコーナは大人も子供もおはしゃぎ。完璧な構成です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ボブ・ロスさんを知っていますか

Bob_1  まだ絵など全然描いていなかった頃、たまたまテレビでボブさんを知りました。油絵の描き方の30分番組でしたが、その時の衝撃といったら!魔法使いかと思った。その不思議な風貌も。

 不意に恋しくなり、調べてみたらDVDになっているとのこと!即amazonで購入。数日で届いた「THE JOY OF PAINTING」は、1巻につき1枚の絵の描き方が紹介されている6巻のセット。

 平筆によってみるみる枝葉を広げ出す常緑樹、2インチの筆が通り過ぎると命を吹き込まれてたなびき出す雲、大胆にこねまわされたパレットからは想像もつかない美しい絵が仕上がっていきます。
柔らかな語り口で「失敗なんてないんだよ。それは素敵なアクシデントさ。」と筆を躍らせるミスターボブ、またあなたの魔法にかかかってしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

かもめ続報とバナナ

 「かもめ食堂」原作を読みました。群ようこさんが映画のために書き下ろしたもので、劇中ではあまり触れられなかった、3人の日本での生活や葛藤、フィンランド行きの経緯などがさらさらと書かれてて面白い。あんな風に「えいっ」って行っちゃえばなんとかなるかも、って思った部分は戒められつつ、でも思いは通ずるのね~と夢も見せてくれる。そしてラストシーンは本と映画で微妙に描写が違うけど、どちらもすごく好きな終わり方。映画ってもうすぐエンドロール出てくるのかなと思ったときに『もっと観たいよー!』というのと『クドイな~』というのがあるけど、これはちょうどよくスコンと終わる。いや~よかった。映画っていいですね。

Fuji5  さて、今日からゴールデンウィーク!周囲に聞くと、7日まで9連休の人と、月・火は出勤という人と半々。私はコーヒー屋さんのアルバイトがぎっちり。祝日(すごく混む)に入るなんて久しぶりなので、浮ついてドジらぬよう、心を落ち着けて冷静に励みます。先週新登場したバナナシリーズ美味しいの☆
天気がいいとお店から富士山も見えます。幸せです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)