2016年10月 4日 (火)

台風10号の爪痕、岩泉

 岩泉がまだまだ大変な状況だということをボランティアに行った友人が教えてくれました。私は何もできておらず、こんなにもまだひどいということも知りませんでした。

メディアで取り上げられる機会もどんどん減っています。

ボランティアもまだまだ足りないようです。

同じ岩手でも遠い岩泉。行きたくてもいけない方もたくさんいらっしゃると思いますが、ぜひこの現状を知っていただきたいと、友人の許可を得て、全文と写真を掲載させていただくことにしました。

「それでも、ここに住む」という現地の人々、文章から複雑な思いまで伝わってきいました。

8月30日に来た台風10号の爪痕、10月3日の状況です。

************************

2週間以上前、TVニュースで「岩泉 ボランティア不足」と聞いて居ても立ってもいられなくなり、山仕事の先輩方と泊まりがけで泥出しのお手伝いに行きました。
 

その後、稲刈りも終わって1日だけ時間ができたので、昨日日帰りで岩泉に行ってきました。今回は急遽だったので単独でした。

先日のニュースでも、ボランティア要請件数に対して約半分強しか終了していない、とありましたが、どれだけ進んだのでしょうか‥‥。

Iwaizu10_1

 
今回は岩泉の中心地や観光地・龍泉洞よりさらに山奥にある、安家(あっか)の川沿いに居住されてる方の家の、床下に潜っての泥出しでした。

安家といえばアイヌ語で「きれいな水」を意味する、渓流釣りを知る人にとっては聖地と呼べるような、清流沿いの集落が無残な姿になっていました。
 

居住されているので最小限の床板だけ外して、床下に潜って這いつくばって素手か草削りのような道具で泥土を手箕(てみ)にかき集め、人海戦術でのバケツリレーでした。



泥土はほとんど固まってヒビ割れているので集めやすく、元々の床土との境もわかりやすく(むしろ作業性だけ考えたらこれくらい置いておいたほうがよい?)取り出しやすかったのですが、まぁ狭いうえに首をあげたままの姿勢なので後から首筋の筋肉痛が予想されます‥‥(汗)。

平日はボランティアが少ないながらも、特に3.11の時や茨城・宮城での水害、熊本など各地の被災地に赴いて支援活動をしてきた経験豊富な方や、また新潟や南相馬など被災を被った地域から手伝いに来られた方が来たりしていて、頭の下がる思いです。なかにはボランティア自慢ばかりしたり、何かと口出ししたり仕切りたがる面倒な輩もおりますが‥‥。まぁ何はともあれ結果的に作業が少しでも進んで、被災された方の労苦が多少なりとも軽減できていればよいのかと。
 

今回、床下対策に精通した方の話では、床下の泥を取り払っても居着いてしまったカビ等菌類が居住するうえで喉や肺といった健康に悪影響を及ぼすらしく、また壁の中の水分(断熱材入りなら尚更)も取り除く必要があるとのことでした。

まだまだ未着手の家屋も点在しているようで(特に本流に注ぎ込む支流沿いの奥地)、先は読めないもののボランティアセンターも11月末までは(無料バスも運行見込)泥出し作業が続くと見込んでいるようです。

Iwaizu10_2

 

帰りに、前回泥出しのお手伝いした岩泉中心地のお宅を訪ねてみました。

ばあちゃんが一人で住んでいた囲炉裏・釜付きの昔ながらの家は、氾濫した泥水が天井近くまで上がったうえに孫の道具までそのままのような物が沢山溢れていたので、泥出しと物出しはかなり過酷でした。やっとの思いで襖や棚の引戸を開けると、泥水を被った異常に重たい布団、衣類、食器等々…なにもかもが泥まみれ、泥のなかから可燃か不燃ゴミかの仕分けも厳しい状態で、ばあちゃんは「もう全部いらない」と、一見大切なもののようにみえて廃棄するかどうか確認するボランティアに首を振るばかりで、何もかも捨ててしまいたいだろう気持ちに胸が痛みました‥‥。

 
あれから2週間後、ばあちゃんと息子さんが石灰消毒をやっていました。すでに床板はすべて剥がされて泥出しは終わっていましたが、解体するとはいえきちんと消毒しないとご近所迷惑になりかねない、と根太のうえを危なっかしく歩きながら撒いていました。盛岡に暮らす息子さんからの同居の誘いも断って、仮設・災害公営住宅に移り住む覚悟でした。

Iwaizu10_3



初日作業したお宅の漁労長にもお会いでき、休憩スペースの奥にある一階部分の床板剥がしを同級生の大工さんにお願いしていました。 泥出しはこれからで、またボランティアにお願いするそうです。
「孫のいる東京に移り住めば、身銭切らずに楽に生活できるけど、皆さんにここまでやってもらったのに逃げるようじゃ男気に反する」と、一階部分はいずれガレージにして二階で暮らすとのことでした。



また「松茸が異常に取れるときは、冬がひどい」と寒さとの勝負になることを気にしていました。「神様は平等じゃなくて、弱り目に祟り目なんだよ」と嘆いてました…。



日が暮れるなか、初めて下流沿いに車を走らせ、被災の様子を見てきました。報道で再三取り上げられた道の駅・老人ホームらしき辺り(一軒コメリだけ煌々と営業していることに驚き)、収穫前に泥水でなぎ倒された水田地帯…川の流域が広いにもかかわらず、川砂に埋もれたままの車、小屋まで木々に挟まっているおびただしいゴミなど、3.11の時と何ら変わらない山津波そのもののメチャクチャな光景でした。



もう仮設が建ったのか…と思ったらいつの間にか海沿いに着いていて、それは大震災のあとに建てられた仮設住宅でした。

仲間がボランティアに行ったとき、ボランティアのプロの人が『岩手の先達もマスコミも生ぬるいね。もっと大声をあげなきゃ。頼むよ』と言っていたそうです。
ガテン系な泥出し作業だけでなく、洗ったり分別の作業もあるので、年配の方や女性も来ています。

Iwaizu10_4


すでに何かしら支援活動されているかもしれませんが、もしご関心ありましたらとにかく現地を一度みてもらって、どうか半日でも手伝ってほしいと思います。

冬が迫り、道路や水が凍ったり降雪がやってくる前に‥‥。
 
できる支援、声かけよかったらご協力よろしくお願いします。失礼ご容赦くださいm(_ _)m

***************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

台風10号、岩手

 台風10号、花巻にある我が家は何の被害もありませんでした。

 大きな川沿いに建っているので、当日は川面を見張り続けていましたが、一時的に風雨が強まったものの、川の水位が上昇したり、荒れることもなく過ぎました。

 今も大変な岩泉、久慈、その周辺市町村、そして北海道の方々が心配です。

 一日何度も上空をヘリコプターが飛んでいきます。岩泉で孤立している方がまだまだたくさんいらして、いまだ連絡の取れない私の友人もまだおそらくその中にいます。

 岩泉には、その友人を訪ねて何度か遊びに行きました。山あいに、たくさんの川が流れていて、その合間にぽつぽつと大きな民家がある、本当に自然豊かな美しいところです。岩泉という地名の通りです。龍泉洞の息をのむ美しさもいまだ忘れられません。

 釣り名人の取材にくっついて、スケッチさせてもらったこともありました。安家川におりて、希少な貝を見せてもらったり、元気な魚が釣れる様子に、川の豊かさを感じました。(その時の記事はこちらにあります)
 

 泊まった宿は、水道から水が出しっぱなしになっていて、宿の前の蛇口からも水がずっと出続けていて、お隣もそうで。聞くと地下からの湧水だから出しっぱなしでいいのだと。水道代かからないんだよ~と、おっしゃっていたと記憶しています。こちらも川沿いにありました。テレビに映る見覚えのある風景、今は泥と流木の中にあり、胸が痛みます。

 安家(あっか)は、アイヌ語で「清らかな水の流れる場所」という意味だそうです。

 いまだ行方不明の方々、孤立して困窮されている方々、避難所で眠れぬ夜を過ごす方達が一日も早く、落ち着いた暮らしを取り戻せますように。

 また、大槌エコたわしの皆さんも床上浸水などの被害を受けられましたが、お元気とのことです。これまでエコたわしをご購入下さった方々、取材をして下さった方などからたくさんのご心配メールをいただきました。また、落ち着くまではと遠慮して連絡を控えて下さっている方もいらっしゃると思います。このブログが少しでも安心材料となりますように。

 そして この台風でお亡くなりになられた方へ 心よりご冥福申し上げます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

新鮮+おしゃれ+新発見

 岩手はまだ暑くもなく、梅雨の合間にからりと晴れた日などは、出かけずにはいられません。というわけで、

 一関の「ヒラサワフードマーケット」さんへ。

昨年9月にOPEN。産直+カフェをコンセプトにしたお店で、地域の方々の手も借りて改装されたという古民家の、そのセンスの高さが評判です。

たどり着くまでの道はなかなかですが(見つけづらい&最後の道が少々細い)、スマホのナビの優秀さに助けられてなんとか到着すると、一気にテンションが上がりました!

Hirasawa1_2

屋根などを見ると、たしかに古民家なのですが、外壁もウッドデッキもおしゃれ~ おいてあるグリーンもいいんです。こんな風にしたいと参考にしたくなるんです♪

Hirasawa3

Hirasawa2

ハーブの苗は、販売もしていました。

周囲はこんな景色。

Hirasawa4

中に入ると、これまた「わぁ(ハート&ハート)!!」な内装。

ワクワク♪で席に付き、でも周囲で販売されている野菜やおやつやパンや雑貨も気になってしょうがない、みたいな感じがしばらく続くのですが、写真はありません。←興奮のしるし

しかし、一緒にいった友達のやさしさのおかげで、2枚描けました。(子どもを見てもらって、さらに食事お預けで絵まで描かせてもらうという、鬼っぷり)

160605_

160605__3

絵になるな~、絵になるな~、絵になるスケッチは楽しいな~

野菜がみずみずしくて新鮮。

ふつうのレストランなら企業秘密かなと思って遠慮してしまう、食材についてや調理法など気軽に聞けます。そこで同じ食材を買って「家でやってみます~っ」もできる!
パンも地元のパン屋さんのもので、こちらでも購入できて、いろんなお店を一気に開拓できた気分になれました。

ここ数年で、小さいのから大きいのまで産直がぐんと増えました。採りたてで土付きのものとか、水分でパンパンのものとかが安く買えてありがたい存在。

いやほんと、『新鮮』が何よりのごちそう、と感じたのが、セブ島(フィリピン)に行ったときに食べたバナナ。

それが、もーーーーーーーーー、びっくりのおいしさ!!!もう別物でしたよ。中の黄色がまず濃くて、かじるとむっっっちり。ジューシーは言い過ぎだけども、日本で食べるものにはないトロミ食感。バナナはある程度日持ちがする分、流通にも時間がかかるのでしょうね。

その後、日本で高いバナナに挑戦してみたり、あの味を求めているのですが、いまだ出会えません。

ちなみに、バナナの輸入量は5~6月が一番多いのだそうです。暑くもなく、寒くもない時期。なんだかわかる気がします。

人気ブログランキングへ  今日はバナナ日和ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

マルカン応援グッズ

 6月7日に閉店した花巻のマルカン百貨店、閉店が決定してからというもの、その思い出を残すため、あるいは存続を求めて、たくさんの活動が立ち上がりました。

そのひとつ、「marukan T project」さんは、 閉店前にマルカンソフトをモチーフとしたデザインTシャツを販売され、あっという間に完売。今や着てると「いいなー!」と言われる、自慢できる逸品です。

その団体が、Tシャツの次に私のマルカンイラストに目をつけて下さり、販売を企画、今回のポストカード販売に至りました。

そのプロジェクトのサイトから直接カードが購入できることとなりました。

Marukan T project (facebook のサイトです)

どうぞ、ご利用下さいませ!!!

  また、取扱いご協力店は(敬称略)

【無ら里】(ぶらり) 花巻市一本杉35-19

【baju】(バジュ) 花巻市西大通1丁目218

【I・DEN・TI・TY】(アイデンティティ) 花巻市吹張町10-34

  となります。どうぞよろしくお願い致します。

**********

マルカン寄付金付き商品は、まだまだあります!どれも関わった方々が熱い想いで作られています。

■マルカン応援ワイン
 花巻市大迫のエーデルワイン赤白2本セット

■マルカン大食堂復活応援焼酎
 花巻喜久盛酒造33年熟成の焼酎

■MARUKAN IMAGES ~マルカン思い出の写真集~ 限定3000部

■マルカン食堂ソフトクリームストラップ 

以上は、すべて IWATE STAR BRAND さんのサイトで購入できます(写真集とストラップは予約受付)。

人気ブログランキングへ  クマの話題が止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

[寄付つき]マルカン食堂ポストカード

 マルカンポストカードの続報です。

昨日、岩手日日新聞の花巻版ページにどーんと載せていただきました。

そして、通販もスタートです!

(ポストカードへの直接リンク)

購入してくださる方も、そうでない方も、どうぞ一度ご覧下さい!
こんなカッコよく演出していただけるなんて・・・
馬子にも衣裳です。ほんとに。

また、他に取り扱われている商品も、厳選されたものばかり。誰かにプレゼントしたい~と、いろんな人の顔が浮かびます。
ひとつひとつに作られた経緯や思いなど丁寧につづられていて、読み物としても素晴らしいです。

ポストカードについてですが、今回は初めてヴァンヌーボという紙に印刷してもらいました。

Marukancardall

しっがりとした厚紙で、少し黄味がかっているので絵にあたたかさが出ます。おいしそうさも増します。水彩紙のような、わずかにざらっとした柔らかい触り心地。

Marukancard

インクの乗ったところは少し光って、高級感が。ここが自宅プリンタと一番違うところです。

実際にハガキとして使っていただく際にも、書き心地がとても良いです。

宛名面も、全部違うイラストを載せています。

「マルカンどこでしょう?」なカットです。

Marukanomote

マルカン好きなあの方と、話のネタにしていただけたら嬉しい。

マルカンを知らない方にも、なんとなく懐かしさを感じていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ  今日発売の朝日新聞にもマルカン応援の記事が載るそうです。ポストカードは残念ながら乗りませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

花巻マーブルマーケットにて

 6月25日(土)に、花巻駅近くでマーブルマーケットというイベントが開催されます。

そこで、前の記事に掲載したマルカン大食堂のポストカードを販売することになりました。

あっという間に完売してしまったという幻のマルカンTシャツを製作した「Marukan T project」さんからお声がけいただき、マルカン復活を応援する「コラボレーション寄付」付きの商品ということで、カードセットを販売できることとなりました。

Marble16

マルカンの人気メニュー(私見ですが)を描いたポストカード
7枚セット、寄付金付きで 1,100円です。(イベントでは)
寄付金は、上町家守舎さんに託します。
どうぞよろしくお願い致します!!

マーブルマーケットで初お目見えですが、その後は
「IWATE STAR BRAND」さんのサイトで通販される予定です。

詳しくは追って情報を掲載していきたいと思います。

今は必死で準備中・・・大汗

人気ブログランキングへ  去年は気楽に遊びに行ったマーブルマーケット、子どもを楽しませる仕掛けがたくさんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

マルカンデパート、区切りの日

 花巻のマルカンデパートが本日、閉店します。

店中に貼られている「43年間のご愛顧 ありがとうございました。」の文句を見るたびに、同じ時代を過ごしてきたのだなぁと、しみじみ感じます。

「老朽化」と言われても、いやいやまだまだいけますよ、と反論したくなります。

しかし、閉店です。

閉店が決まってからも、マルカンを残したいという動きが若い人を中心に花巻内でも盛り上がり、それはそれは本当に頼もしく、自分も何かお手伝いはできないかとあれこれ考えてはみるのですが、思うのと行動するのとは雲泥の差。引き継ぎに名乗りをあげた「花巻家守舎」さんには、心より敬意を表します。そして、ぜひとも実現していただきたい!応援します。

せめてもと最後に何枚か描いてきました。花巻のみなさんにも「そうそう、これね~」と、浸っていただけたら嬉しいです。

160520_

160526_

160525_

160526__2

160603_

160602_

そして、これは2007年に描いたもの↓

071111_ig

変わったのは、マルカンソフトの値段くらい。140円→現在180円。

楽しくあたたかい時間をありがとうございました。

働いている方々にとっても最後の一日、どんな想いで作り、運び、最後の片づけをされるのか。想像するだけで、こみ上げてくるものがあります。

復活を心待ちにしています。

人気ブログランキングへ  裏口の焼き芋屋さんにもお世話になりました。こちらも復活を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

ひと冬越えて。

 大変ご無沙汰しております。

もはや読んでくださる方もいらっしゃりますまい。
それでも、気になって。もしや、あの方が・・・などと。

この数か月、忙しかったわけではありません。
第三子ができたわけでもありません(念のため)。

なんとなく、心がパソコンに向かなかった、という程度なのですが、あっというまに5月になってしまいました。

長男が幼稚園を卒園し、小学校に入りました。
生活のリズムが変わりました(早起きのために、超早寝)。
すごく寝ているのに、まだ眠い。子供も私も。春ですね。

ここ数年、断捨離し続けていて、ようやく少し減ってきた実感があります。それにしても、まだまだある。本屋に行っては、断捨離やミニマリストの方の本を読み漁り、刺激をもらっては家でゴソゴソする日々。家の中がすっきり片付いて、自分の時間が作れるようになったら、また絵もブログも以前のように楽しみたいと思うのですが、言い訳か。

ともあれ、いまのところは、絵は断捨離しない予定です。そこはやっぱりまだ核なのかなーと、モノを整理しながら感じています。

過去の作品をインスタグラムに載せて、細々と楽しんでおります。いいね!と言われると、やっぱりまた描こう、って思う。こんな風に描きたい、なんて言われると、その日一日ウキウキしてしまう。そんな特技、他にはないからなぁ。しがみついてしまうのです。

修行の日々は続きます。そんな日常に感謝。

1231_13

人気ブログランキングへ ズートピア観ました。ますますナマケモノのとりこに。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

今年もよろしくお願いいたします2016

 2016年の幕が開きました。

おそろしいほどの暖冬です。初スキーはいつになるのやら。

年末は東京に。これまた暖かい。(汗かいた)

お寺の餅つきの手伝いに行き、

15end_1

餅バイキングでたらふくご馳走になってきたり、

15end_2

恩師のお宅での、素晴らしいお料理とお話しの会に呼んでいただけたり、

15end_3

唯一年末に単身でショッピングに行けたものの、目当ての店はことごとく年末休暇に入っていたり、

でも、やけ酒ならぬ、やけチョコでころりと機嫌も直ったり。

15end_4_2

大晦日は、年越しそばを食べて、紅白を最初から最後まで観て、ゆく年くる年で除夜の鐘を聞きながら寝ました。なんて、平和な年末年始。

正月は早々に岩手に帰宅。

いつもなら大雪と戦いながら高速をおそるおそる帰ってくるのですが、今年はまったくもう拍子抜けなくらい暖かくて、天気も雨が降ったりやんだり。

いくつもの虹をくぐりました。

16niji

友達に言ったら「お正月から虹見られるなんて、幸先いいね」と言われ、それもそうかと。

異常気象も味方にして、今年ものろのろとばく進します!

人気ブログランキングへ 年末ジャンボ、70万円が数百番違いでした。あの売り場から出てるなぁ確実に。銀河モールです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

2015年クリスマス、そして年末へ

雪のないクリスマスは岩手に住み出してから初めてかも。

少なくともこんなに暖かかったことはなかったと思います。一日中おひさまが出ているなんてこともなかなかないし、白鳥もすっかり田んぼにいりびたって、水浴びの姿を見せてくれません。

クリスマスイブは、出来合いのチキンやお寿司などを買ってきて、予約していた戦隊モノのケーキを食べ、気楽に過ごしました。

唯一手作りしたのはジンジャークッキー。なぜなら好きだから!

15fuyu_2

ジンジャー&シナモンが効き過ぎなくらいなのが好みです。買うと結構高いですが、作れば、薄力粉と砂糖、バターとスパイスでできます。バターはちょっと高かったな・・・

甘党の2歳。しかし、ジンジャークッキーは大人の味?食べてくれません(食べなくていいけど)。大好きなのは、ミスタードーナツ。ポンデリングの食べ方がすごい。

15fuyu_1

甘さの頂点のみ、いただいています。

*****

久しぶりに沿岸に行ってきました。陸前高田へ。

「りくカフェ」は、震災後にNPOによって立ち上げられたレストラン。建物も、入った瞬間の店員さんのあいさつもとっても明るくて雰囲気がよくて、「いいな!」と思いました。

ふわっとうれしい気分になれたので、ダメ元で持って行ったスケッチ用紙をおそるおそる出してみました。なにせ久しぶりなので、描けないのではないか・・・と怖いのです。

2枚失敗してくじけそうになりましたが、ここで諦めたらトラウマになる・・・と3枚目頑張ってなんとか!見守ってくれて、子供も見ていてくれた同行の友人に感謝です。

15fuyu_3

この後、上の部分に外から見た建物を描いて完成。一枚仕上がるとその日一日機嫌良くなっちゃいます。この勢いに乗って、絵日記を再開できたらな~。来年の目標!

友人がぜひ見てみたかった、という「みんなの家」。

15fuyu_4

震災後に、建築家の伊東豊雄さん指揮のもと建てられたもの。あいにくこの日は中に入れませんでしたが、ここからの景色は、何もなくなった平野と、はるか遠くに海。陸前高田は盛土もかなり進んでいますが、それでもここに再び街ができる姿はまだまだ想像ができません。

15fuyu_5

*****

さて、私もそろそろ帰省します。

いつもは東京の暖かさが身に沁みるのですが、今年はこちらも十分暖かいので、あまりありがたみがないかも。むしろ汗かいちゃったりして、風邪ひかせたりしないよう、気をつけなきゃ。

今年も一年ありがとうございました。

人気ブログランキングへ 年末ジャンボも買いました!10億円、これから当たる人がどこかにいるんだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧